Vol.2スピリチュアルにオープンな国!!
ドイツから♪

パワー溢れるオーストリアの8の字形の庭園は、無限大の力を感じます
Vol.2スピリチュアルにオープンな国!!<br>ドイツから♪

こんにちは。ドイツ•ミュンヘンにてGreen Relaxation&Awarenessを主宰しております、 グリューンこと、Ayakoです。
2015年が幕開けして既に半月が過ぎました。今年は数秘的にみると8の年で豊かさ、繁栄、無限大を意味します。是非いい年にしていきましょう。
ミュンヘンはやっと昨年末から雪が降りだし、とても浄化が進みました。
私がこよなく愛する元旦の英国庭園(Englischer Garten)の様子を ご覧下さい。

aya1

 

さて、前回、朔旦冬至にイボンヌ(Ms. Yvonne Hrdy)さんによって開催されたレトリートについてご報告しました。今回はバード•ライヒェンハル(Bad Reichenhall)のヘルツシュタイン(Herzstein)での火の儀式の次に訪れたパワースポット、オーストリアのグロースグマイナー(Grossgmainer)にあるマリエンハイルガルテン(Marienheilgarten)をご紹介しましょう。この庭園はグロースグマイナー教会の隣にあります。この教会のシュマッツベルガー司祭のアイディアで、ヤンシェク氏のイニシアチブの下、地域からの寄付でマリエンハイルガルテンが2001年に造られました。これは教会の写真。手前の像はイタリアで聖人に列せられた、「パードレ•ピオ」です。シュマッツベルガー司祭ご自身がパードレ•ピオとの結びつきを強く感じられ、あえてこの像を造ったのだそうです。

aya2

 

下の写真がマリエンハイルガルテンです。8の字形の庭園はまさに豊かさと無限大を示しています。写真左背後の山は聖なる山、ウンタースベルグ(Untersberg)です。この庭園は自然と哲学、宗教と神話、占星術と数秘術を全て統括したホリスティックな世界観を表しています。
ガルテン(庭園)の大きさは19m×38m。「19」は重要な宇宙数で黄道と白道の交点が19年かけて全星座を廻ります。 また、19は7+12とも表せ、聖なる数7は3(信仰、希望、愛)+4(叡智、温和、勇気、正義)と表せます。4大元素が現実界に顕現するために3 (次元という意味合いもあるのではないかと私は思います)がかけられ12(月、星座など)が生まれます。

aya3

 

写真手前の中央の石は非常にエネルギーの強いパワースポットである聖なるウンタースベルグを表し、周囲には14個の石が配置されています。これら14個の石はエネルギースポットを示しています。また14はダビデ数ともいいアブラハムから3度14 世代を経てイエスが誕生したと聖書に記述されています。

(ガルテンの構造図)

aya4

 

写真後方には偉大なる処女、そして母であるマリア−ソフィア像があり、その周囲には花とハーブでできた12星座が 示されています。ここには占星術的な意味が込められています。
金星は天秤座アセンダントのルーラーで星の女王であり地球の母です。金星が天の中央に位置すると蟹座の中にあり、それはマリアーソフィアのサインでもあります。そこでキリストの象徴である木星と結びつきます。金星と木星は蟹座にある月にも関係が深いのだそうです。

aya5

 

実に緻密に考えられた構成となっているガルテンの8の字を好きなだけ浄化の祈りをこめながら歩いているうちに、大変心が軽やかになっていくのを感じました。ウンタースベルグというパワフルなパワースポットの麓にあるこのガルテンの静寂な美しさにまた触れに来たいと思います。今度は花の季節に訪れたいです。

Liebe und Dankbarkeit(愛と 感謝)

Ayako

イボンヌさんの HP: http://yvonne-hrdy.com/
マリエンハイルガルテン: http://www.marienheilzentrum.org/heilgarten.php