武藤悦子の月詠~ルナ(新月/満月)&オーラソーマ〜2017年4月11日15時08分は、てんびん座の満月です

私たちの心と体は、月のリズムに影響を受けています。   満月の日はいつもより心が波立ちやすくなったり、無意識の深い部分にある想いが上がってきやすくなるときです。
武藤悦子の月詠~ルナ(新月/満月)&オーラソーマ〜2017年4月11日15時08分は、てんびん座の満月です

2017年4月11日15時08分は、てんびん座の満月です。

今回の満月は拡大、発展、幸福を表すラッキースター木星が滞在中のてんびん座です。
ちょうど桜が満開のこの時期。
「月と桜」というベストマッチな最も美しい満月ですね。

てんびん座は社交性やコミュケーション、美的感覚を表すので、美しい「月と桜」を眺めながら、おいしいものを食べたり、みんなで楽しい時を過ごしましょう。
心地よいスペースで優雅で華やかな夜を過ごすのもおすすめです。

満月と冥王星、天王星、木星の配置からは、緊張や葛藤の可能性があるので、周りとの調和とバランス、パートナーとのコミュケーションに意識を向けていきましょう。
人間関係は一方的なものではなく「受け取り与えるバランス」が大切です。
コミュケーションは「その時その場でその人と」が鉄則です。

時には親しい信頼できる人に吐き出すことも解放になりますが、いつも「いつかどこかで別の誰かと」「あとでどこかでその人と」になってしまうと、愚痴っぽい人になってしまったり、面倒なことを蒸し返す嫌な人や裏表のある人と思われてしまい、結局は信頼されなくなってしまいがちです。

いい人、やさしい人、気の弱い人は言いたいことを言えず、ぐっと飲み込んでいるかもしれません。

時には勇気を出して、嫌われることをいとわずに、自分の言いたいことを軽やかに朗らかにサラリと表現してみませんか。

立場や役割りで生きている人やほしいものを得るためにがまんしていい顔を見せている人は溜まっているものがあるでしょう。
本当にそのあり方ややり方を続けていきたいですか?

溜まったものはいつかどこかで誰かに吐き出す必要がでてきますよ。

てんびん座の満月は、そんな問いかけ、自分とのコミュケーションもしてみてくださいね。

 

てんびん座の守護星は金星☆
金星は愛と美と調和の女神、ヴィーナスです。

金星は古代において、宵の明星が「女性」明けの明星が「男性」とみなされていました。

てんびん座のキーワードには以下のようなものがあります。

バランス、平等、平和、調和、公平、アート、美、愛、ユニティ、パートナーシップ、協力、協調性、相談、カウンセリング、コンサルテーション、お互いのニーズを満たす、合意、共存共栄、サポート、相互協力、共同制作、協力関係、機転、他人と折り合う、親近感、社交性、優雅さ、洗練、美的センス、審美、ファッション、中庸、やさしい、優柔不断、正義、ロマンチスト、如才がない、コミュニケーション、外交的、わかちあい、共感、知的、気品、フェア、他者とのつながりの中で自分を磨き成長する

:*:・’。.:*:・’°☆:*:・’。.:*:・

てんびん座のボトルはB59 レディ・ポルシャです☆

 

レディポルシャは、『ヴェニスの商人』に登場する女性で、正義を持ってものごとを正しく見た女性、「慈悲の演説」をした女性として知られています。

慈悲と明晰性に満ちたこのボトルは「裁くなかれ、自らが裁かれないためにも」というメッセージを持っています。

これは、起こっている出来事を正しく見てジャッジせず、思いやりを持って慈悲深くあれということです。

人や出来事を裁かないことと同時に、自分自身も裁かないことが大切です。

自分に厳しい人は他の人にも厳しく、他の人に厳しい人は自分にも厳しいものです。

対象は誰であれ、何であれ、それを見ているのはその人自身なので、見方は変わらないのです。

自分を受け入れ愛し(下層部:ペールピンク)、批判せずに知性と喜び、ポジティヴさを持って見て(上層部・ペールイエロー)いきましょう。