親の暴力が原因で……
インナーチャイルドに傷を持ってしまうケース

インナーチャイルドに傷ができてしまう過程や原因は、人それぞれです。 様々ある中にも、比較的多く見られるのが、「親の暴力によって」インナーチャイルドに傷を残してしまうケースでしょう。
親の暴力が原因で……<br>インナーチャイルドに傷を持ってしまうケース

親の暴力とひとくちに言っても、その内容も色々あります。

大きく分ければ、「力による暴力」「言葉による暴力(力によらない暴力)」ということになるでしょうか。

前者はもちろん、叩かれる、殴られる、といったような暴力です。

後者は、罵倒されることもあるし、反対に無視されるといったようなこともある。
いずれにしても子どもにとっては辛い状況ですが、ときには言葉によるもの、よらないもの、両方の暴力を親から受ける場合もある……と考えなくてはなりません。

このように、親の暴力によって、傷ついたインナーチャイルドを抱えたまま成長してしまうと、アダルトチルドレンという症状を引き起こすことが非常に多くなってきます。

例えば、人を信じられない。
甘えたいのに、甘えられない。

これは親から暴力を受けて育った人によく見られる傾向です。
特に甘えに関しての、理想と現実との乖離は深刻でしょう。
心の底から、甘えられる相手を求め、甘えることそのものを求めているにも関わらず、相手を信じることができないために、甘えることができない。

するとそれが、不必要な攻撃的な態度になってしまったり、暴言となって口から飛び出すことも。
すると、結果的に甘えたい、信じたい相手が自分から離れていってしまう原因になりますので、余計に人が信じられなくなる……という悪循環をもたらしてしまうのです。

また自分を表面に出せなくなることも特徴的です。
自分の意見や考えは価値のないものと考えたり、あるいは、自分自身の存在価値も見いだせないケースが多いでしょう。

 

親から暴力を受けて育つと、人間関係のトラブルを引き起こしやすくなります。

父親から暴力を受けていたときには、男性とのトラブルが多かったり、男性とうまく付き合えなくなる可能性が高いでしょう。
母親の場合は女性です。

また、母親から暴力を受けたときに父親が、また父親から暴力を受けたときに母親が、守ってくれなかったというケースでは、男女を問わずトラブルの元を作るでしょう。

人生を、全般的にスムーズにいかなくしてしまう可能性のある、親からの暴力。
もし、お心当たりがある場合は、積極的にインナーチャイルドを癒す努力をしてみてください。
人生の中の何かが、変るかもしれません。

 

《相川葵 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/aoiaikawa/?c=92727