生命は何よりも貴重な贈り物! 
〜Life is the most precious Gift!〜

命は何よりも貴重な贈り物、大切に尊重しなければいけません!
生命は何よりも貴重な贈り物! <br>〜Life is the most precious Gift!〜

いくつか例外として、あなたの魂の契約が満たない時期に終えることになってもガーディアン・エンジェルがそれを妨げることを許されない場合があります。

その一つが自殺です。
もしあなたが自らの命を絶つと決めたら、それはあなたの自由意志であり、ガーディアン・エンジェルは干渉しません。
ただし、あなたが天国に行く前には最後のチャンスが与えられます。自殺は決して望ましいものではないからです。

4e2c9469ba3651207eb6c3b9a9627c68

 

魂は、自らの手で命を絶つという行為をいつまでも後悔の念を持って振り返ることになります。

成長のための機会を活かさないまま、残してゆくからです。
そのうえ、そのような選択をすると重いカルマが生じます。
結局のところ、自殺した場合は普通、家族が遺されることになり、そのような出来事は家族に深い影響を与えるものです。
そのカルマは、次の何度かの人生で清算されなければなりません。

いかなる人生であっても、あなたが対処できないほどのことを引き受けることはありません。カルマを浄化できるか心配になる魂は大勢いて、彼らは人生にたくさんの経験を詰め込みます(問題ではなく、経験ですよ!)。そんな人生を、スピリチュアルな学びと成長が得られる素晴らしいチャンスと捉えてください。自殺は解決になりません! 自殺は周囲の人々に莫大な影響を及ぼすので、自殺すると決めた魂たちには自殺直前に考え直すチャンスが与えられます。

元々の人生プランを把握しているガイドと会い、自殺の結果と、それがいかに家族や友人たちに影響を及ぼすかを見せられます。そうやって考え直すチャンスをもらい、自分で選んだプランに沿ってその後も生き続けて感謝している魂は大勢います。
命は何よりも貴重な贈り物、大切に尊重しなければいけません!

life-is-a-gift-from-god

 

ガーディアン・エンジェルが干渉できないもう一つの例外、それは殺人です。

神がこの宇宙に授けたもっとも重要な法の一つに、自由意思の法があります。天使たちは宇宙の法に反することは許されていませんから、もし誰かが人を殺したくなったらそれは本人の自由意思であり、ガーディアン・エンジェルがそれを止めることはできません。
ただし犠牲者の魂に代償が計らわれる可能性はあります。犠牲者の魂の契約がやむを得ず時期尚早に終わってしまったからです。
さらに、殺人を行った犯人には大量のカルマが生じます。
そのカルマは、本人が同じ宿命を身をもって背負うことで初めて清算されるのです。

th

 

ただし、殺される危険が迫った場合、高次存在の干渉が許されるケースもあります。

たとえば、大きなスケールでプロセスを見た時にその人が重要な役割を担っているような時、たとえば地球のアセンションで人々を目覚めさせているような場合、その人が死んでしまうと過大な因果関係が生じる場合です。

そのような人は実際のところ、傷つくことはありません(本人がそれを知ることはありませんが)。これもまた、魂の契約であらかじめ定められています。この場合、実際にガーディアン・エンジェルが守るとは限らず、たとえばギャラクティック・フェデレーション(銀河連合)が行動に出る可能性もあります。ですが魂の宿命については、必ずガーディアン・エンジェルを介して伝えられます。

 

癒しフェアにも出演!! ネリーエンジェル8月来日決定!! 
http://healer.click/2016/04/30/nelly-angel/

 

《ネリー エンジェル さんの記事一覧はコチラ》
ww.el-aura.com/writer/ネリー・エンジェル/?c=30583