イチゴの謎~私たち、わかっているようで何もわかってなかった!~

イチゴの謎~私たち、わかっているようで何もわかってなかった!~

健康・美容にお勧めのイチゴ

春分の日を迎え、もうすっかり春らしくなってきましたね。ちょっぴり肌寒かったり、雨が降ったりしていますが、そんな天気にも負けず頑張ってキレイに咲いているお花を見ていると、とても心が洗われる気がします。 春といえばお花見が一番に思いつくと思いますが、食いしん坊の私にとって春のお楽しみといえばイチゴ狩りです。 イチゴといえば、栃木、福岡、佐賀、静岡辺りが有名ですね。私は千葉県に住んでいるので、残念ながらそれらの土地に直接馴染は無いのですが、それはそれとして実は千葉にもイチゴで有名な場所があるのです。東金市から山武市あたりにかけて、いたる所にイチゴスポットがあるのです。特にJR成東駅近くの国道126号線は「ストロベリーロード」と呼ばれ、沿道にはイチゴの直売店やイチゴ狩りができるハウスなどが建ち並んでいる、関東でも屈指のイチゴ狩りエリアなのだそうです。 以前、ここでイチゴを購入した事があるのですが、これがまた美味しい!東金といえば雄蛇ヶ池も有名です。イチゴ狩りだけでなく、お花見や池のほとりの散策なども楽しめるので、観光やドライブにお勧めですよ。 そんな私の大好きなイチゴ、甘酸っぱくて美味しいだけでなく、私たちの健康を支えてくれるんですよ。イチゴはビタミンCが豊富に含まれているので、風邪予防や美肌効果の高いのです。様々な美容法がありますが、食べ物から得る栄養分は特に重要ですよね。また、高血圧、ガン、歯槽膿漏の予防、便秘にも効果的だそうです。

イチゴは果物? それとも野菜?

それはそうと、たぶんトリビアになると思うのですが、イチゴって実は野菜だってご存知でしたか?果物だと思っている人、多いのではないでしょうか。初めて知った時は私もビックリしてしまいました!しかもイチゴは草本植物(木ではなく草)でバラ科なのです!バラ科のイチゴ属に分類されます。 ちなみに私たちが食べている実の部分ですが、あれ、実ではないのです。これもかなり驚愕の事実でした。イチゴのツブツブの部分こそ果実なのです。「イチゴの実を取って~」と言ってブツブツした種のような部分を手渡してくれる人がいたら、かなりスゴイ人だと思います。私たちが実だと思っているあの部分、咳悪には痩果というそうです。 余談ですがイチゴを生で食べるのが目的で消費される量はなんと!日本がトップなのだそうです。イチゴをそのまま食べるととっても美味しいので海外の方もぜひ、そういう食べ方をチャレンジして欲しいですね。

春はイチゴパワーを体験しよう!

イチゴとバラ。バラといえば『星の王子様』に登場するバラの精のイメージで、ちょっぴり生意気な感じもしますよね。一方、イチゴというと、SUNムシくん(※山武市のイメージキャラクター)…ってあまり知らないですよね。なかなか可愛いキャラクターですよ。とにかく、なんとなく似ても似つかない気がしますが、言われてみれば似ているような気もしますよね。でも、どっちも元気なイメージではありますよね。 そして、この赤いイチゴから、私たちは様々なパワーを受け取ることが出来るのです。イチゴの赤は愛情や情熱、バイタリティなど、私たちに前向きなパワーを与えてくれる強い味方になってくれる色です。神経を刺激してくれるので、だるさを吹き飛ばしてくれます。朝が苦手な方はぜひ朝食にイチゴをプラスしてパワーチャージしてください。心身が活性化して元気に1日をスタートできますよ。 イチゴがバラの仲間なら当然花言葉もあるわけですが、せっかくなので押さえておきましょう。イチゴの花言葉は「尊重と愛情」「先見の明」「幸福な家庭」です。どれも未来志向で、とってもステキですよね。イチゴを見る度にこの言葉を思い出すとアファーメーションにもなるのでぜひ覚えておいて下さいね。 有名だけど、実は多くの謎に包まれたイチゴのお話、いかがでしたでしょうか。春になったらイチゴパワーでどんどん楽しんで下さいね。