向井理×片桐はいりが魅せる“日本一愛しい姉弟”『小野寺の弟・小野寺の姉』

向井理×片桐はいりが魅せる“日本一愛しい姉弟”『小野寺の弟・小野寺の姉』

姉弟役を演じた向井理と片桐はいり

TVドラマをスタートに映画化にもなった『怪物くん』『妖怪人間ベム』、TVアニメ「TIGER & BUNNY」など大ヒット作の脚本を務め、2012年には日経エンタテインメントにて「ヒットメーカー・オブ・ザ・イヤー2012」の準グランプリを受賞、原作小説「小野寺の弟・小野寺の姉」の著者でもある脚本家・西田征史の待望の初監督作品です。

主人公の小野寺進(弟)には、昨年、『きいろいゾウ』(廣木隆一監督)、『劇場版 SPEC〜結〜 漸ノ篇、爻ノ篇』(堤幸彦監督)等の映画に立て続けに出演、現在は主演作となるTVドラマ「S -最後の警官-」(TBS/日曜21時~) に出演中の日本を代表する俳優、向井理。 姉の小野寺より子には、映画『かもめ食堂』(荻上直子監督)、『R100』(松本人志監督)等に出演、昨年一大ブームを巻き起こしたTVドラマ「あまちゃん」(NHK)での愛称“あんべちゃん”役の好演も記憶に新しい名女優、片桐はいり。 映画初共演となるふたりが、“一見似てなさそうだけれど、なんだか似ている”たまらなく魅力的な姉弟を演じます!

一軒家で一緒に暮らす、小野寺進(弟/33歳)と小野寺より子(姉/40歳)。おかれた境遇は、はたからみれば気の毒に感じるが、ふたりにとってはいたって自然。お互いの幸せを願うあまり、不器用な行動ばかりのふたりの日常は、笑いと優しさに溢れている―。今秋、日本一“愛しい姉弟”がやってきます!!

 

不器用に互いを想い合うふたり

早くに両親を亡くしてから、ずっと二人きりで一緒に暮らしている、小野寺進(弟/33歳)と小野寺より子(姉/40歳)。モテないワケではないのに引っ込み思案で恋に奥手な弟と、こだわりが強く生命力の強い姉。弟は失恋の痛手から抜け出せないことを姉にとやかく言われながらも、彼等は一つ屋根の下に、イイ距離感を保ちながら暮らしていた。ある日、小野寺家に1通の誤配達の郵便が届く。その手紙をきっかけに進とより子、それぞれの恋と人生が動き始めるー。お互いを大切に想い合う不器用な姉弟のそれぞれの幸せの行方は…。そして、弟が抱える、ある大きな想いとは……。

 

向井理×片桐はいり インタビュー

■向井理/小野寺進

——西田征史監督は今回初監督になるのですが、いかがですか。
西田監督とは、映画『ガチ☆ボーイ』(西田さんの映画脚本デビュー作であり出演作でもある)で出会い、撮影中には2人で同部屋だったこともあります。今回初監督作に出演させて頂いたのですが、初監督とはとても思えないですね。もともと頭のいい方なのですが、すごく堂々としていらっしゃって、やりやすいですし安心ですね。『小野寺の弟・小野寺の姉』は監督自身が原作と脚本を書かれているので、行間のおもしろさをどう演出して頂だけるんだろうという楽しみもありました。

——片桐はいりさんとは、映画では初共演となりますね。姉弟を演じられていかがですか。
片桐さん演じる“より子”がボケで、僕の演じる“進”がツッコミ役で、アドリブ含めた掛け合いなんかも、本当にすごく楽しいです。より子に対して、口では色々と言いますけど、最終的に進はノーとは言わず全部受け入れているので、二人の信頼関係というのもおもしろいかなと思います。普段から、はいりさんとはしゃべっている時もそうでない時も、とにかく自然にいられますね。ふつうに、姉ちゃんといる感じなんです。いいコンビネーションなのかなって思います。はいりさんのおかげで、監督が原作で描かれていた、進の真面目だけどずぼらなキャラクターを自然に演じられています。

——小野寺姉弟についてはいかがですか。
両親を早くに亡くして以降、家も空気も変わらずに生きてきたふたり。お互いのことを思いすぎて気を遣いすぎてしまう、そんな不器用さが魅力だと思います。

 

■片桐はいり/小野寺より子

——西田征史監督は今回初監督になるのですが、いかがですか。
始めから堂々とされていて、気負いなく軽やかにやられている感じがします。私が演じる“より子”というキャラクターに対しては、とても細かく演出してくださいます。
もうそのまま監督にお任せしますっていう気持ちでいます。基本的にワンシーンワンカット、一回で撮られることが多くて、お芝居に近い感じがしてやりやすいですね。監督が書かれた脚本もおもしろかったので、安心して演じています。

——向井理さんとは、映画では初共演となりますね。姉弟を演じられていかがですか。
より子は“カツオに対するサザエ”のようなお姉さん像なんです(笑)。美味しい料理をちゃんと作れる“一万人の姉”のような感じですね。姉がボケ、弟がツッコミ、でも姉がひっぱっている。そんな雰囲気は、普段の向井さんとの距離感とも近い感じがします。なんだか本当の弟みたいな気持ちになっていて、お会いしないときは、ちゃんとゴハン食べてるかなって気持ちになります(笑)。一緒にいて安心できる存在です。

——小野寺姉弟についてはいかがですか。
お互いが、コンビの片割れのような印象です。より子は、きっちりしていて一生懸命なのですが、弟のことを思いすぎていて、せつない感じもありますね。より子にとって弟は生きがいであるほどの大切な存在ですが、それは親子や夫婦、恋人の間にもある感情なので、たくさんの人に共感して頂けると思います。

 

『小野寺の弟・小野寺の姉』
2014年秋、新宿ピカデリーほか全国ロードショー!

<スタッフ・キャスト>
原作: 西田征史「小野寺の弟・小野寺の姉」(リンダパブリッシャーズ刊)
監督・脚本: 西田征史
出演:向井理、片桐はいり 他
製作:(C)2014 『小野寺の弟・小野寺の姉』製作委員会
制作プロダクション:ROBOT
配給:ショウゲート