TRINITY本誌連動『魂ドクター越智啓子の そのまんまでOK ありのまま生きるのが気持ちいい!』第5回 PART.3

TRINITY本誌連動『魂ドクター越智啓子の そのまんまでOK ありのまま生きるのが気持ちいい!』第5回 PART.3

TRINITY本誌で大人気連載中の越智啓子先生の「魂ドクター越智啓子の そのまんまでOK ありのまま生きるのが気持ちいい!」。
これまで40回以上連載し、越智先生からポジティブなエネルギーをいただいている読者の方がたくさんいらっしゃいます。本誌で読み逃した方にもぜひ読んで頂きたいと考え、これまでの連連載をTrinity WEBで改めてご紹介することに決定しました。

今回のテーマは「天命」。
「自分にピッタリの職業は? パートナーは?」
「どうしたら“自分の天命”を見つけられるのでしょうか?」
その答えを探し求め、迷子になってしまった方も、誰かに訪ね歩く旅はもう終わりです。
なぜなら、その答えは自分のなかにあるからです!

選んだ仕事も必然で統合の目的!

では最近のクリニックでの参考になるケースを、ご紹介しましょう!
ある中小企業の建築会社の社長さんがやってきました。
「先生、今回の人生の目的を知りたいのです! いつもお金に苦労して、お客さんのために奉仕のようにやって、いざとなるとお金を請求できないし、つい頼まれもしないのに、補強工事をやってしまうし、ボランティアをやっているわけではないのに……」。
と、とても良心的で完璧主義タイプです。

ヒーリングをしてみると、江戸時代に大工を、ヨーロッパでも建築を手がけていて、東洋と西洋の両方の良さを知っている魂でした。木と土と紙の家、そして石造りの家、両方できる統合の建築家を今回目指しているのです。ヨーロッパ時代に今の奥さんがやはり妻として支えていました。
本人に聞いてみたら、「妻は石造りのヨーロッパ風の家が好きなんですよ。いや~その通りです。どんなタイプでもお客さんの希望に沿えるんですよ。建築における東洋と西洋の統合ですか……」。
それからつい仕事でも奉仕をしてしまうのは、タイの時代にお坊さんで、奉仕活動として学校や病院などを創っていたからでした。
「その時に、一緒に活動していたのが、長男さんですよ!」
とお話ししたら、びっくりして、
「えっ、長男はこの間タイに行ってきたばかりです。それから別人のように、協力的になって、私に反発していたのに、毎年やっている行事に自分から手伝ってくれたのです。やっぱり長男とも縁があったんですね」
「きっとタイに行くことで、その時代の引き出しが開いて、良いエネルギーが流れ出したのでしょうね。今はお仕事で建築をやっているのですから、不必要な罪悪感を開放して、喜んでお金を受け取ってください!」
「はい、理由が分かってすっきりしました。今やっている仕事には、とても深い意味があるのですね。嬉しいです。楽しくやっていけそうです!」と晴れやかな笑顔に、私も幸せを感じました。

彼にとって、今回の人生で建築家を選んだのは、必然で、とても大切な統合の目的がありました。しかも、人間関係の問題やお金との問題まで絡んで、よく考えられた人生プログラムだと思います。
海に向かって「江戸時代、ヨーロッパ時代、タイ時代の解放おめでとう!」の万歳三唱を、一緒に気持ち良くできました。

私らしく自然体で楽々人生を!

私たちは、今とても便利で多様的な時代に、盛りだくさんの人生プログラムを創って地上に生まれてきました。
それぞれに、チャレンジのハードルを幾つか用意して、ある意識レベルにまで到達するようにと、素晴らしいプログラムをちゃんと用意してきたのです。私らしく自然体で生きるようになると楽々人生に変わってきます。意識がやわらかく、明るく、おめでたくなってくると、どんどん直観で、日々の生活のなかでの意味合いが自然に分かってきます。ますます楽しく、安心感にあふれてきますよ!
それには、自分の好きなこと、好きなものを小さいことから選んで、どんどんやってみてください。

私も最近は講演会で大好きなインディアンに変身して大満足! 大いに楽しんでいます。ちゃんとインディアンのワンド(ヒーリングなどに使われる杖)も手に入って大フィーバです。

自分の人生の目的、天命がわからない人は「必ずわかる!」と今から思ってみてください。そして「自分らしく生きる!」「自分で決める!」と声に出して、宣言してみましょう。
私たちの天命、万歳!

~おわり~

→バックナンバー

 

越智啓子先生
精神科医。東京女子医大卒。東京大学病院で研修後、ロンドン大学付属モズレー病院に留学。帰国後、東京都児童相談センターなどに勤務。1995年「啓子メンタルクリニック」を開業。クリニックでは、過去世療法、アロマテラピー、クリスタルヒーリングなど自身の経験を活かした新しい療法を取り入れている。