「自分の想念がこの現実を生み出している」~ライバルの出現でお悩みのあなたへ【ビジネス編】

「自分の想念がこの現実を生み出している」~ライバルの出現でお悩みのあなたへ【ビジネス編】

ライバルと思うか、仲間と思うかで人生はガラリと変わる

運気とパワーがみるみるアップする開運言魂文字のアーティスト☆紫水です。
ご相談を受ける中でたまにあるのが”ライバル”に関することです。

「自分と似た様なサービスをする人がどんどん出てきて不安になる」
「自分のサービスをライバルに真似られてしまった……」
などなどです。

そこでいつもお答えしているのが、「ライバルは実は仲間である」ということです。どういうことかと申しますと、あなたのサービスや商品がとっても素晴らしく、人の幸せに貢献するものだとしても、現在、日本だけでも何億の人がいるでしょうか。
その人たち全部の幸せにお役に立つことは、一生かかっても難しいです。

ここで思い出して頂きたいのは、「自分の想念がこの現実を生み出している」ということです。
ライバルが2人いて、自分を含めて3人で、ある一定の人数のお客様を奪い合っていると考えると、同じコミュニティーのなかで同じサービスの宣伝し合い、お客様の奪い合いになってしまうかもしれません。
しかし、ライバルと一緒に、「幸せな人たちを増やしている」と考えてみると、世界は変わります。ライバルが2人居たら、自分1人だけの時の3倍の早さで、世の幸せに役立っていけるのです。

ライバルと言っても、私たちはそれぞれで人間のタイプが違うので、それぞれにあったエネルギータイプのお客様が集まるでしょう。
「奪い合っている」というのは実は幻想で、自分の所に来るべき方は実はもともと決まっているのではないかと感じます。その覚悟の度量によって、一度に現われるお客様の人数が異なってきているだけではないかと思うのです。
ライバルの方に行ってしまった方は、もともとあなたの方にいらっしゃる方ではないのです。
「そう考えるだけではまだライバルに対する不安が消えない」という方は、それぞれが自分に合ったタイプのお客様に対応させて頂いているので、自分の苦手なタイプの人々を、ライバルが対応してくれているのだと考えると良いかもしれません。
そうすれば、ライバルの存在に、「ありがとう」と感謝の想いさえ抱くようになるでしょう。

実際に私がセッションさせて頂いた方もこのようにアドバイスさせて頂いたところ、心が晴れて、毎日を穏やかに過ごせるようになった、と仰っていました。

でも、もしもあなたが、ライバルに自分のサービスを真似されたり、パクられたりしたなら本当にお気の毒です。人が生み出したものを、真似たりパクったりは、決してやってはいけないし、決して許されない行為だと思います。
ですが、ここは敢えて、放置プレイに致しましょう^^
なぜなら、「因果応報」で、自分のしたことは、必ずその人に返って来るからです。

ここであなたが何かの報復に出た場合は、今度はあなたのカルマになってしまいます。
私も、ワークショップなどでお話ししたり、ブログなどで書いた内容を盗用されたりすることがよくあります。
ですが私は特に忠告もせず、敢えて放置プレイにし、天の采配にお任せしています。いつかは自分のしたことを受け取らねばならないでしょう。

人の真似などをする人は、人の幸せに貢献するというより、自分が何者かを証明したい人なのでしょうね。誰よりも自分自身に対して証明したいのかもしれません。人真似ではなく、自分にしかできないことで人の幸せに貢献することが、一番の成幸への早道だと、一日も早く気付くことを願っております。

実際は、ライバルという概念自体があなたの生み出している幻想なので、あなたの心の奥にある「恐れ」に向き合うと、ライバルという概念自体がなくなるかもしれませんね。あなたを脅かすものごとは、本当はこの世には存在しないのですから。

もしも、あなたがライバルのことで気が晴れない日が続いているとしたら、以上のことを是非ご参考になさって下さい。でも、これは自分のサービスで本当に人の幸せに役立ちたいと考える人には該当しますが、自分だけ一人勝ちしたいという方には当てはまらないかもしれませんのでご注意下さいね。

今日もあなたにとって幸せな事がたくさん訪れますよう……
あなたの魂が輝く1日と成りますよう……
あなたの愛ある魂の願望が全て優雅に叶いますよう……
常に素晴らしい地球であり続けますよう……

開運言魂アーティスト☆紫水

=============================
以上、開運言魂アーティスト 紫水ブログからの転載
(全ての内容について紫水が著作権を保持しています)
『あなたの本当のパワーと才能を引き出す開運アート!願いが叶う幸せの言霊文字』
http://ameblo.jp/miraclekototamart/
=============================