穴口恵子さんインタビュー アセンションの時代の次元軸~PART.2

穴口恵子さんインタビュー アセンションの時代の次元軸~PART.2

強盗に遭った!?
不運の本当の姿

穴口さん:
『実は私、マルセイユで強盗に遭ってしまったんです。参加者の方と、マルセイユのホテルに置いてきてしまった忘れ物を取りに車で移動中、ホテルの近くまで来たところで、車の外で“パンクしてる”ってタイヤを指して言う男性がいたんですね。

パンクしてたら大変!と思ってドアを開けた途端に、その男性が助手席に置いてあったバッグをパッと掴んで逃げていったんです。

とっさのことだったから、私、犯人を捕まえようと追いかけて走ったんです。もう少しのところで、転んでしまい逃してしまったのですが、その時に気づいたんです。バッグのなかにお財布は入れおらず、入っていたのはパスポートだけ。大きなお金の入ったお財布は車のシートの下に隠していたの。

幸いにもマルセイユには日本領事館があったから、翌日すぐにパスポートを再発行してもらえたから、旅は何の支障もなく続けられましたが、実は、この旅には続きがあったのです……』

災難の後に
マグダラのマリアが告げたこと

穴口さん:
『強盗に遭ってから翌朝一番に警察に行ったのですが、その警察官が凄く親切でした。「フランス語が分からなくてごめんなさい」と言ったら、英語を話せる警官が盗難届の書類をつくってくれました。さらに、犯人を追いかけて転んだ時に擦り傷になっていた手が腫れてきていたところを、警官が「救急車を呼んだほうがいい。僕たちが呼べば救急車も無料だから心配しないで」って。

おかげで、病院で治療を受けることができ、手の怪我も筋肉のねじれだけでしたので大事には至りませんでした。そして注射を終えて治療室でリラックスしていたら、マグダラのマリアの意識とつながったんですね。
「すべての出来事に対して、祝福されていることに気がついてください。すべての出来事は祝福だとあなたは受け取れますか?」。

もしホテルに忘れ物を取りに行かなければ強盗に遭わなかったかもしれない。けれども、マリアに告げられたんです。「起きている現実のなかで一人ひとりが深い気づきを得るために起こったんですよ」って』

~続く~

★PART.1はコチラ

<Profile>

穴口恵子さん 公式HP http://www.keikoanaguchi.com/
スピリアルライフ提唱者。
スピリチュアルと現実を統合したスピリアルライフを実践することを通し、誰もが無限の可能性を開き、人生のバランスを取りながら幸せで豊かに生きることを提唱する。
世界中にスピリアルライフを広めることで世界平和を実現することを最終目標に掲げ、年間の3分の1を海外の聖地で過ごし、スピリアルライフを楽しみながら、執筆活動、セミナー活動を行っている。
お問合せ:ダイナビジョン http://www.dynavision.co.jp/

<information>
■11月開催!! 穴口恵子が導くとっておきのハワイの聖地へ
「プレミアムハワイリトリート2013」お申込受付中☆
詳細はコチラまで>>
http://www.keikoanaguchi.com/2013hawaiiRTpre.html
★バックナンバーを見る→連載記事:穴口恵子