自分を大切にしていますか?PART.5~「偽閉経治療が始まります。スプレキュアと副作用」

自分を大切にしていますか?PART.5~「偽閉経治療が始まります。スプレキュアと副作用」

偽閉経治療とは?

医師から「偽閉経治療をしましょう」と言われました。
偽閉経治療とは一体どんな治療なのでしょうか?
スプレキュア点鼻薬を用いて脳下垂体ホルモンの分泌を抑制させ生理を止めて閉経した状態にして、子宮筋腫の成長を止めます。しっかりと薬を効かせる為に鼻をかんでからシュッシュと鼻の中へ薬を噴射させます。毎日定められた回数(日に2~3回)行います。忘れるとすぐに生理が起こりますので忘れないように注意が必要です。
カルシウム不足になりやすいことから1回の治療につき最大6ヶ月までの使用とされています。そしてその後6ヶ月間は生理が来る生活に戻り、必要とあらば再度偽閉経治療を行います。
人によって、治療を始めてすぐに副作用が出てくる人もいます。
あまり辛いようでしたら、すぐにやめられるのがこの点鼻薬の良いところ。やめたらすぐに生理が起こります。

私の場合は点鼻薬を処方していても生理が来てしまったので、皮下注射の治療に変わりました。毎月1回、お腹に注射します。こちらは1ヶ月間効果があるので、辛くてもすぐにやめることが出来ません。
偽閉経を行う場合はまずいつでもやめられる点鼻薬のスプレキュアで行うのが通常でしょう。

皮下注射での治療になると点鼻薬よりも副作用は出やすくなりますので、意識的に気分転換を行ったりすることがとても大切になります。

副作用にはどんな症状があるでしょうか?
●ホットフラッシュという顔や体が急に火照ったり、汗が出たりする症状。
●気分が落ち込んだり、感情的になったりする。
●近くの物が見えにくくなる症状、別の名を老眼、が始まる。
●偏頭痛が表れる。
●肌荒れ、はりの衰え。
などが代表的な症状です。てきめんに出る人も、全く出ない人もいます。

実際に偽閉経治療を始めて子宮筋腫は小さくなったのでしょうか?
2ヶ月目、2つの大きな筋腫はひとまわり程小さくなっていました。が、その後それ程大きさは変わらず、むしろ大きくなっていました。
人によってですが、小さくなってそのまま閉経された方もいらっしゃいますが、根本的な治療というわけではなく筋腫を小さくするものですので、生理が始まれば又出血過多になってしまったり、生理痛が酷くなってしまう人も多く手術をする人が多いのが現状です。

私も結局はあまり効果がなく、生理が始まったら今まで以上に酷い出血が続いた為、手術することになりました。そして手術をする為の偽閉経治療が再度行われることになりました。
おかげで偏頭痛にホットフラッシュ、気分の落ち込み、さらに老眼が進むという、更年期障害のオンパレードを経験することとなりました。手術前には更年期に効く漢方薬に安定剤まで服用しました。

私の女性ホルモンはかなり活発に働いていました。それを無理に薬でホルモンの働きを抑えたわけですから、副作用が出ないはずはありません。自然に反しているのですからね。リスクがあって当たり前なのです。そのリスクを覚悟して治療に当ることも大切なことです。

そうそう、スプレキュアの価格の事もお教えしましょう。
点媚薬ですと保険が効いて7000円程度。ジェネリック薬品もあります。
注射ですともう少し高くなって9000円近かったと思います。どちらも2011年の価格です。

子宮筋腫を治療するにあたってはどんな治療があるか?その治療はどんな治療なのか?効果とリスクを把握した上でしっかりと見極めてください。

次回は「手術と準備です。」

 

【コラム】
1880年頃のパリ エラール社のピアノ
フランツ・リストはエラール社のピアノでデビュー。超絶技工を披露したくさんの女性たちを魅了していったのでした。
このピアノはそんな華やかなリストの音色が聴こえてきそうな、華やかな天使のモチーフが見られます。