地球は悲しんでいる~私たちがこの星に生まれてきた意味を知り、自分の力で未来を変えること PART.2

地球は悲しんでいる~私たちがこの星に生まれてきた意味を知り、自分の力で未来を変えること PART.2

感謝の想念が地球の未来を変える

私たちの想い、言葉、行動はすべて地球のカルマ、国のカルマ、地域のカルマ、土地のカルマ、家系のカルマ、個人のカルマとなって返ってきます。そして、私たちの想いや言動には「波動・波長」が関係しています。自然災害・大地震が21世紀になってから、頻繁に起こることにも意味があります。

私たちは大きな自然災害があるごとに、「天罰」では無いかと思う人もいるでしょうが、天は地上に住む人間に天罰など与えません。自分たちで招いてしまった怒りの波動が自然へも影響しているのです。地熱が上がることで、火山が噴火する、そして、地震が起きる。すべてリンクしています。

私たちひとり、一人が、「いまを大事に生きる」「いま、ここで生きていることに感謝をする」ことで、地上に住む動物達、大海に住む魚達、人にも自然にも、譲り合う気持ちを持って生活することで、この地球は住みやすくなって行くことでしょう。

日本人として生まれて来たことに感謝して下さい。私たち日本人は、霊界から期待されています。度重なる地震災害を経験し続けています。被災に遭われた土地の方々を心配し、誰かのために何か出来ないかと活動する人は増えています。災害以外でも、エコカー、エコバック、節電、勿体無い精神は定着している日本は、魂の大人の使命国と言えるでしょう。

その行動を神さまはしっかりと見て下さっています。私たち日本人はメシア予備軍が大勢います。一人のメシア(救世主)では、大きな傷を負ってしまっている地球を救うことはできないでしょうから、このゴールデンタイム(地球自身も霊的向上中)を選び、自分の使命を果たすために、日本という国に生まれ変わっています。

自然を大切にする。日本人は世界のお手本

ひとつの宗教に拘らず、「八百萬の神」を尊重する心を持ち、自然に感謝の気持ちを持つ日本人は、これから先も環境問題に取り組みながら、自然に対して良い想念を持つ生き方をお手本として見せて、世界を導く使命があるのです。

この地球で共同生活を伴にする人間には、自由意思がありますが、あまりにも負のエネルギーを出し続けてしまうと、地球レベルが衰退します。人間も同じように、マイナスのエネルギーに便乗、負のエネルギーを出し続けてしまうと、綺麗な波動である場所も、汚れ行くことになることでしょう。そうならないためにも、ひとり、一人の心のクセを克服して、想い、言葉、行動を明るく、光輝く方向に変化して必要があります。

私たちが怒りにまかせて自分勝手に行動したり、負の言動を発することで、地球はマイナスのエネルギーで覆われてしまいます。日本人として生まれ変わったことで、私たちには、「助け合い」「譲り合い」「思いやり」の心を持って生まれて来ています。何かしてあげたいと願う気持ちが大切なのです。

その想いは地球の未来をより良い方向へ変えることも可能なのです。怒りや憎しみを持つことのほうが楽な流れでしょう。しかし、その憎しみや怒りはそのまま来世にも持ち越しとなることになります。

多くの神さまが楽園として生活していた地球に生まれたことに感謝する人が一人でも増えることで、また、これ以上、この地球に怒りのエネルギーをばら撒かないようにすることで、幸せな環境に住めることにすることも日本人として生まれて来たひとつの課題でしょう。

その怒りをコントロールすることは大変難しいことです。もしも、あなたが自身が怒りを感じるときに、自分を内観することで、もしかして、自分の常識というモノ指しで自分勝手な理想や誰かをコントロールしたいが出来ないことに怒っている自分に気づくことができれば、あなたも怒りをコントロールできるようになることで、幸運体質になれるのです。

「なぜ、怒っているの?」「なぜ、相手に嫉妬しているの?」と、自分自身に訊ねてみてください。自分自身が怒っていることに対して、必ず応えが見つけることが出来るでしょう。日々の生活で起こる出来事で、何か悪いことが起きたとしても、それは、自分自身が選んで結果であって、誰かの責任ではありません。

最近では加工食品が増えていますが、どこのスーパーに行って、何を買うのか強制されて物を買う人は多くないでしょう。購入した加工食品でお腹を壊したときに、製造会社にクレームをする際、「お前の責任だ!」と怒ったところで、怒りのエネルギーがマイナスのカルマとして返って来るだけなのです。

責任で言えば、タバコを吸ってガンになってお医者さまに「手遅れです」と宣告を受けることになったときに、同じように「お前の責任だ!」と言えるでしょうか。自分中心に生きようとするよりも、もうすこし、「人のために尽くす」生き方をする想念を持つことです。私たちは本当は困っている人を見たら助けてあげたいと願う気持ちが潜在意識の中に持っています。「人のために尽くす」という行為は、必ず、あなたを幸運体質に変えてくれます。

そして、「他者よし、我よし」という気持ちを持つことで、あなたの想念は浄化され、来世貯金、宇宙貯金として、蓄積されていきます。具体的にどんなことをすれば良いの?と思う方もいらっしゃるでしょう。

「一日一善」

人が見ていないところで、ゴミを拾ったり、バスや電車で席を譲ったり、誰かに優しい言葉をかけてあげたり、誰かの幸せのためにお祈りしたり、困っている人のために募金したり。すべての行動、想い、言葉には、必ず、カルマが発生します。誰かを助ける生き方は、自分自身も助けれられる究極の魂磨きになります。幸せになりたいと願うなら、他者の誰かを幸せにしながら生きることで、必ず、幸せになれるはずです。

そして、その言動には「愛」を感じながら、相手に伝えて下さい。押し売りでない相手が困っているときに、手を貸してあげたり、どうしてあげれば相手が喜ぶか、自分がして貰って嬉しいことを想像しながら、相手に「愛想」を送って差し上げて下さい。多くの人が地球のため、他者のために生きたいと願うことで、この地球は楽園へと変化して行くことになります。

ありがとうございます。

★PART.1はコチラ