アーユルヴェーダ・インタビュー第6回~アブドゥル・ハサン・モハメド・マウジュード先生PART.4~

アーユルヴェーダ・インタビュー第6回~アブドゥル・ハサン・モハメド・マウジュード先生PART.4~

アーユルヴェーダの情報サイトであるアーユルヴェーダライフさんが、アーユルヴェーダの権威の方々に行ったインタビューをTrinity WEBでもご紹介させて頂けることになりました。5000年の歴史があるインドの叡智、アーユルヴェーダ。その深い叡智をご紹介します!今回は、アブドゥル・ハサン・モハメド・マウジュード先生のインタビュー第四弾です。

日本の皆さんへメッセージ

-最後にインタビューをご覧の日本の皆さんへメッセージをお願いします。

日本はとても豊かで便利な国です。私は薬理学の勉強のために日本で暮らしていたことがありますが、和食は体に良く、栄養のバランスもとても考えられたものばかりでした。しかし最近では、インスタント食品や冷凍食品、加工食品など健康を損ねる可能性があるものが溢れています。
日本人の優れた知識やセンスが生み出す便利さの追及は、場合によっては人体の本来の機能を鈍くさせ、徐々に病気になりやすい体を作ってしまう可能性があります。アーユルヴェーダでは体に良いものを摂取することと同時に、体内の悪いものを排出することが健康を維持にするため必要だと考えています。

体に溜まった毒素を排出し浄化する方法はパンチャカルマです。オイルマッサージで体の中の毒素を排出経路に集めた後に、薬の力を借りて浣腸や嘔吐などで体外に排出します。できれば、1~2年に一度、このような体内浄化をして、メンテナンスを心がけていただくといいですね。
パンチャカルマが無理なら、自分で簡単にできる方法として夜寝る前のオイルセルフマッサージと足湯(入浴)があります。マッサージの後に発汗をして毒素を排出することを継続することで、健康維持と若返りも期待できます。また食事だけでなく、生き方そのものに対しても考える必要があります。家族や友達、会社の仲間など人間関係もとても大切です。どのような人とどのように関わっていくかはその人の人生に大きく影響します。
相手を思いやり、嘘をつかず正直に生きること。アーユルヴェーダの目的は人を幸せへと導くことです。正しい知識と情報をもって正しい行動をとることは、現代社会ではとても難しいことかもしれませんが、日本の皆さんには、太古の賢者が築いたアーユルヴェーダの智慧を毎日の生活の中に少しでも取り入れて、心も体も健康で若々しく長生きしてほしいと思います。

-今日は貴重なお時間を頂いてありがとうございました。

こちらこそありがとうございました。

~おわり~

★バックナンバーはコチラ

◆取材協力:シャンティランカ
http://www.shanthilanka.jp/
シャンティランカ|スクールのホームページはこちらから
http://ayurvedacollege.jimdo.com/

◆インターナショナル・シャンティランカ・アーユルヴェーダセンターについて
「インターナショナル・シャンティランカ・アーユルヴェーダセンター」はスリランカ・ガンパハに設立された、日本人専用のアーユルヴェーダ・カレッジとクリニックを併設したアーユルヴェーダ・ヘルスリゾート施設です。
施設は、スリランカ南部・コロンボから約100km、50エーカー(約6万坪)の紅茶畑とシナモン畑に囲まれた自然溢れる立地環境にあります。
日本語対応のスリランカ人スタッフが常駐し、地元の人々との交流など、スリランカを肌で感じることができます。
併設の日本人専用アーユルヴェーダ・クリニックでは、アーユルヴェーダ医師による綿密な診断と、トータルケアやボディメンテナンスを受けることも可能です。
インターナショナル・シャンティランカ・アーユルヴェーダセンター
http://shanthilanka.jimdo.com/

◆シャンティランカについて
シャンティランカ・アーユルヴェーダカレッジは、スリランカに伝わる伝統的アーユルヴェーダの知識を学び、実践していただくためのカレッジです(本校:スリランカ・ガンパハ、分校:東京・大阪)。スリランカに政府公認のヘルスリゾートとパンチャカルマクリニック、教育センターをもち、日本では専門サロン(大阪)を運営しております。

◆シャンティランカ・アーユルヴェーダ・ジャパン
http://www.shanthilanka.jp/
大阪府大阪市北区南森町2-3-29 ハイマート南森町207
TEL 06-6314-3346
◆シャンティランカ|スクールのホームページはこちらから
http://ayurvedacollege.jimdo.com/