松田有真のミラクルHappy☆Life宮古島~しあわせ島時間~温泉パワーで元気生活!PART.4

松田有真のミラクルHappy☆Life宮古島~しあわせ島時間~温泉パワーで元気生活!PART.4

温泉はパワースポット

4日間に渡りお届けしてまいりました今月の「温泉特集」はいかがでしたでしょうか?

今回ご紹介した宮古島の2つの温泉、「宮古島温泉」と「シギラ黄金温泉」は共に普段から頻繁に訪れている私のお気に入りパワースポットです! 用途や気分に応じて使い分け日常の中のプチリフレッシュやパワーチャージの場として活用しています。温泉に入る事で、どれだけ日頃の疲れが癒え、気分転換が図れることでしょう!

こうした日常の小さなプチリフレッシュのひと時が、翌日からの更なる良い仕事に繋がりますよね! 今回ご紹介した、宮古島の2つの温泉「宮古島温泉」と「シギラ黄金温泉」は共に、泉質は「ナトリウム-塩化物強塩泉」と「ナトリウム塩化物温泉」という泉質でした。

日本には無数の温泉があり、それぞれ異なる豊富な泉質がありますが、その中で、今回の宮古島の温泉に代表される「ナトリウム塩化物泉」とはいったいどんな性質を持つお湯なのでしょうか?

今回の連載の最後に、温泉の泉質についてのミニコラムをご紹介して今月の連載を終わりにしたいと思います☆

宮古島の温泉の泉質「ナトリウム塩化物泉」とは?

ナトリウム塩化物泉は日本には多く見られる泉質で、元々は、「食塩泉」と呼ばれていました。体を温める効果が大きく血液の循環を良くし筋肉を和らげる効果があるようです。温泉水1kg中の溶存成分が1,000mgを超えそのうち陰イオンの主成分が塩化物イオンのものを「ナトリウム塩化物泉」と言います。

このように「ナトリウム-塩化物○○○泉」と表記されるものは塩分が主成分となっているので、舐めると塩辛い味がし、塩分濃度が濃い場合は苦く感じられます。浴用すれば塩分が肌に付着し、保温効果があるので一般に「熱の湯」とも呼ばれています。

また、入浴後の保温効果が高く湯ざめがしにくい為、冷え性などにも効果があり、「温まりの湯」などとも呼ばれているそうです。場所によっては、「子宝の湯」と呼ばれている温泉もあるそうですね!

ナトリウムー塩化物泉の「ナトリウムイオン」は、脳のホルモンを刺激し、女性ホルモンのエストロゲンを上昇させる働きがあるので、女性の更年期障害にも有効と言われている所以だそうです。

また、塩分の殺菌効果 から「傷の湯」という呼び名もあるそうですよ!
ナトリウムー塩化物泉の入浴の効能としては、リュウマチ、冷え性、打ち身、ねんざ、婦人病、肩こり、腰痛、神経痛、胃腸病など。

血液の循環を促進させ殺菌力が強く、痛みをやわらげる鎮静効果があり、切り傷・火傷・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病などにも効果があるそうです。
※但し、強食塩泉の場合、湯あたりの恐れがあるそうなので注意が必要。

飲用すると、胃液の分泌を促し、胃腸の運動が盛んになるので、胃酸欠乏症・慢性消化器病・慢性便秘・慢性胃カタルなどに良いそうです。
※「宮古島温泉」「シギラ黄金温泉」共に飲用は不可。

温泉パワーを楽しく活用する為にも、入浴の際に浴場に記されている幾つかの注意点「浴用上の一般的注意事項」なども予め確認しておいた方が良さそうですね!

温泉天国の日本!自然界の5大エレメントを存分に取り込むことが出来る温泉パワーを日常の中で大いに活用したいものです☆

その他、私自身のスッキリ元気生活のコツや開運・強運生活のヒントは松田有真ブログでもご紹介していますので、是非そちらも合わせて皆さまのより良いハッピーライフにお役立て下さいましたら幸いです。

今月も、最後までお付き合い下さいましてありがとうございました!

松田有真の「TRINITY Web」連載記事「ミラクルHappy☆Life宮古島」~しあわせ島時間~は毎月1回1日更新。次回の更新は、6月1日です。どうぞお楽しみに!