野崎友璃香のハワイアン・オーガニックライフ PART.8

野崎友璃香のハワイアン・オーガニックライフ PART.8

2013年が明けてハワイ島にはいい風がふき、青空が広がっています。先週は、ハワイ島コナ側に大波がたち、サーファーたちは大喜びですが、ビーチがクローズになり、海に入れない状況がつづきました。いつもは鏡のように穏やかな海の荒々しい姿に、地球のエネルギー、海のパワーを目の当たりにしました。

イルカとオーガニックと
海を楽しむ大人のレトリート

そんな折りに、ドルフィンレトリートを行いました。今回は20代から80代まで、多岐にわたりイルカの群れにいるような、個人でいながら、つながりを感じる、すてきなレトリート(大人の合宿)となりました。イルカと思い切り泳げるようビーチでのシュノーケリングの練習から始まり、ボートでのドルフィンスイム、おいしい野菜中心のオーガニックフードを楽しみながら、イルカの神秘とイルカのようにオープンハートな自分で生きるコツを学びます。

大人になって知らない人とのグループ行動なんて……と思う人もいるかもしれませんがイルカの教えのおかげでとても快適な空間と一生の出会いになり得るのです。日々いるだけで元気パワーがみなぎり、アトピーが改善された人、自分への信頼を取り戻した人、あらたな生きる指針を見つけた人、お腹がスッキリへっこんだ人など、生きる喜びと栄養に溢れたドルフィンレトリートとなりました。

 

美しいブラックサンドビーチ
溶岩の被害から復活するカラパナ

  

先日島の反対側のカラパナへドライブしてきました。車で片道3時間はかかりますが原始的な色の濃いカラパナ、パホア地区は私のお気に入りのエリアです。美しいブラックサンドビーチのあるビレッジは1990年にキラウエア火山が活発化、ペレの溶岩に押しつぶされ182軒の家が炎につつまれ道路は遮断されました。町が消滅しましたが今また数十年たち溶岩大地にはココナッツが生えてビレッジが活気づき、人々が戻って来て新たなカラパナが生まれています。


カラパナの溶岩大地

プナ地区にあり、ここはヒッピー文化でも有名です。私の日本人のお友達も数人このエリアを愛して移り住んでいます。木々がうっそうと茂り雄大な溶岩大地とと空と海と……。ここにいるだけで誰もが野生の自分を取り戻し本能的に生きることが可能になる、そんな場所です。


鬱蒼とした緑の森 

年に4回行っているドルフィンレトリートではいくつになっても子供の無邪気さを忘れない、プレイフルに過ごすことを教えてくれるイルカちゃんとの時間に加え、緑のうっそうと茂るカラパナの原始の地球へと皆さんをご案内したい!と計画中。地球の豊かな栄養をたっぷり味わえる場所……ハワイ島の醍醐味があちこちににあります。

 

▼野崎友璃香の総合サイト
http://www.dolphin.or.jp
▼ハワイアンデトックス
http://www.hawaiiandetox.com
▼ハワイ島ドルフィンスイムサービス
http://www.rainbowdolphin-hawaii.com
▼ハワイ島ドルフィンヨガレトリート
http://www.retreat-in-paradise.com
▼野崎友璃香のFB
http://www.facebook.com/yurika.nozaki.5?ref=tn_tnmn

★バックナンバーを見る→連載記事:野崎友璃香