光のシステムを学ぶ PART.1 ~光を与え喜びを伝える~

光のシステムを学ぶ PART.1 ~光を与え喜びを伝える~

ヒプノセラピーを受講された純子さんは、障害を持つ子供たちを対象とした音楽療法士の方でした。純子さんが地球に来た目的は、光を与え、喜びを伝えるためだといいます。障害者の人たちは高い魂を持ち、見てもらうため、感じてもらうために使命をもって来ていると伝えられたのです。

-魂はどんなイメージで、どんな感じなのか?
ホワイトゴールドの光。七色にもなる球体のよう。揺らいで炎のようにもなる。温かい感じ。
-とても怖く近寄りがたくて、口をきいてくれない父親の下で育ったという、あなたの幼少期の環境の意味は何か?
日常、感じていた感情や嫌なエネルギーの経験。父親は内にこもっていて、疎ましく思っていた。ピリピリしていた。自分はビクビクしていた。自分は弟といつも喧嘩していた。

-あなたにとっての父親はどういう存在だったのか?
怒りの処し方を学ぶため。どのようなときに怒るのかを教えてくれた。

-父親とはどのような魂的なつながりがあるのか?
過去世で父親を痛めつけていた。友人関係のとき裏切った。自分 が男で父は女性。今世は償いをするために子供としてきた。カルマの解消のため。

-母親の存在の意味は?
きれいに分かれない感情がある。自分をなくすことを学んだ。

-母親とはどのような魂的なつながりなのか?
深い関係。シリウスから同じ船で来た。前世では、姉妹のような友人関係。地球で54回一緒に転生した。

-あなたが地球に来た目的は何か?
光を与えるため。喜びを伝える。ワクワクした気持ちで来た。

-地球での転生回数はいくらか?
648回。

-今世、解消すべきカルマはあるのか?
ある。鉄砲の弾が胸に当たって亡くなった。

-どんな前世の状況だったのか?
人を助けようとして自分に当たった。父を助けた。村で争いごとがあった。自分は 男で父は女性。女性の父は自分を好きだった。

-そのカルマを解消するためにはどうすれば良いのか?
はっきり言うこと。「気持ちは分かるが自分はそうではない」とはっきり言う。

-あなたは障害者の人たちに対する音楽療法士として音楽セラピーを行っているが、その意味は何か?
光のシステムを学ぶ。今は実験。怒鳴られていたり、怒っていたりした。応用していくことができる。障害者の気持ちが良く分かる。

-音楽療法士は計画してきたことなのか?
魔法使いだった。男の子の魔法使いだった。殺されて両親に捨てられた。自分を封印していた。

-あなたは自分の中に怖れがあると感じているが、その怖れとは何か?
自分の力を認めるのが恐い。何度か殺されている。 怒りで真っ赤になっているのがこわい。炎のようなエネルギーがこわい。

-自分の力とは何か?
人の心が読める。色々な言葉が聞こえたり、光が見える。その人に必要な光が見える。

-解放するにはどうすれば良いのか?
その人の問題です。自分に降りかからない。大丈夫です。自分は十分な経験しているので大丈夫です。

-あなたは、これからどうしていけばいいのか?
まずはゆっくりすること。人に見せてもらえる。何をしようかと思うことはありません。安らかでいること。不安になったら元に戻ればいい。

-やることが沢山あると思っているというが、なぜなのか?
勝手に思っているだけです。自信を持つことです。大丈夫です!

-あなたが関わっている人たちが 障害を持っている人たちである意味は何か?
カルマの解消。さらに軽くなるために手伝っている。親子に伝える。この子たちは障害はない。私たちが弱者だと勝手に思っているだけ。私たちの方がむしろ弱者。わたしたちは、この人たちといると嬉しくて楽しいです。

純粋です。心のバランスがとれます。わたしにとっても喜びです。この人たちが心を乱したときほぐすことができます。それが喜びです。みんな天使です。

-障害者の人たちはカルマの解消のために、障害を持って生まれてきているのか?
アセンションは最終段階です。次に天使です。羽が生えてきます。魂がすごく高いです。自分たちで望んできている。みんな見てもらう、感じてもらう、使命を持っている。それを感じない のは私たちなのです。

-あなたが今、やるべきことは何か?
この子たちに光を与えること。崇高な魂でも今は苦しんでいる。ひも解いていくこと。みんな喜びで平安にする。魂と魂の付き合いは大事。純粋な魂でいつも笑顔。

-話し手の方は誰なのか?
ラファエル。

-大天使ラファエルからあなたへの必要なメッセージは?
「あなたには信じられないかもしれないが、沢山の天使たちが応援しています。光の道を進みなさい。まだ訳が分からないかもしれないけど、それでいいんです。分からないのが楽しいでしょ。楽しみなさい!」

~つづく~

★岩本義明さんの記事はコチラ