宮崎ますみさん連載 第3回 ヒプノ未妊セラピー

宮崎ますみさん連載 第3回 ヒプノ未妊セラピー

私は4年前アメリカ・デンヴァーにある「米国ファーティリティー財団/ HypnoFertility Foundation」で、代表を務め敬愛するLynsi Wastburnさんから、不妊症の女性に施すヒプノセラピー「ヒプノファーティリティー」を学びました。そして今日本で、不妊症と診断された、もしくは自分で不妊症だと思い込んでいる人のためのサポート、「ヒプノ未妊セラピー」を行っています。

「不妊」と言ってしまうと、それだけで“妊娠できない”という暗示を与えてしまうので、私は「未妊」と言うことにしています。
未妊の要因は実に様々ですが、主にストレスや自信のなさが大きく影響しています。
様々なストレスは自律神経にダイレクトに影響を与え、妊娠に必要なホルモンの分泌を妨げ、生殖機能は滞り、妊娠しにくい状態を作り上げてしまうのです。

ヒプノセラピーのリラクセーションをするだけでも、「体が温かくなってきました」「よく眠れるようになりました」という方は少なくありません。ただリラックスするだけでも、自律神経を整え、ホルモンの分泌を正常に整えていく作用があるのです。

そして実際セッションを行うと、実に多くのクライアントさんが、妊娠したいと思っていても、“自分は妊娠できない”と思い込んでいます。それは無理もないことだと思います。毎月生理が来る度に失望する、という経験を繰り返してしまっているのですから。繰り返し同じ感情を味わうことにより、それが潜在意識に植え込まれていきます。植え込まれた暗示は、身体の生理学的なプロセスと相互に関連し、暗示通りに身体反応を作り出します。このように“自分は妊娠できない”という思い込みが、実際に妊娠できない身体の状態へと自らを送り込み、悪循環を起こしているのです。


自信を失ったマインドを、前向きなものへと変換していくことが大切です。自信を回復させる必要があるのです。そこで用いるのが「暗示療法/イメージ療法」です。
この暗示とイメージ療法では、妊娠までのプロセスイメージと達成イメージを繰り返し行うことで、深く潜在意識へとプラスのイメージを植え込んでいきます。私たちの脳は、実際に起きたことと、イメージのなかで体験することと区別がつきません。イメージの中で成功体験を積み重ねることで、“私は妊娠できる”と信じることができ、信じたマインドがその通りに身体反応を作り出し、妊娠力を高め、妊娠可能な状態へと誘っていきます。

(つづく)

★宮崎ますみさん連載バックナンバーはこちら



■information

CD 不妊症の方のための『未妊セラピー』~リラクセーションとイメージ療法~
3,150円(税込)
購入は直接ヒプノウーマンまでお問い合わせください。info@hypnowoman.jp

★バックナンバーを見る→連載記事:宮崎ますみ