この秋、「中秋の名月」などのお月さまを拝んで 運気を一気にアップ!

秋になると、はっきりとしたきれいな満月を楽しむことができます。そしてなんといっても「十五夜」にはお供え物をして拝む人も多いでしょう。しかし実は「十五夜」だけではなく、「十三夜」や、またこの秋には「ブルームーン」と呼ばれる幸運のお月さまも拝むことができそうなのです!
ムーン

毎年秋になると、まず「中秋の名月」と呼ばれる満月を楽しむことができます。
その日には、お月見団子やススキを飾ってお月見を楽しむ人も多いことでしょう。

しかし実はこの「中秋の名月」と言われる十五夜には、もうひとつ十三夜というお月見とがセットになっており、両方を見ることで幸せを授かるとされているのです。

また今年の秋には、「ブルームーン」「マイクロムーン」という珍しい満月も登場します。

 

中秋の名月とは

「中秋の名月」は、旧暦の8月15日の十五夜のお月見のことを指しており、別名「芋名月」とも呼ばれています。

これはかつてこの時期がお芋の収穫時期でもあり、無事収穫が終わったことに感謝を込めて、満月に里芋をお供えしていたこともあるからなのです。

「中秋の名月」とは、もともとは中国の風習で、平安時代に日本に伝わったものとされています。

昔は貴族たちが、この「中秋の名月」に宴を催し、歌を詠んだり風情を楽しんでいたようです。

江戸時代になると、「中秋の名月」の時期が収穫の時期とも重なるため、一般の人にも広く収穫祭のようにして広まってゆきました。

また旧暦によると7月、8月、9月は秋を意味し、そのちょうど真ん中に位置する8月15日を中秋と呼び、その日の月のことを「中秋の名月」と呼ぶようになりました。

旧暦では毎月1日が新月、15日が満月になるようにされていました。

現在の新暦とは日にちのズレが生じてくるので、8月ではなく9月、10月が「中秋の名月」となります。

ちなみに2020年の「中秋の名月」は、10月1日になります。

ムーン

 

「中秋の名月」の祝い方

みなさんは、「中秋の名月」をどのようにして楽しんでこられたでしょうか?

「適当にお団子とススキなどを飾っていただけ」、という方も多いのではないでしょうか?

実は「中秋の名月」には、正しい作法というのが存在しています。

「中秋の名月」には、まずお月さまのような真ん丸の月見団子を、十五個お供えします。これは十五夜に備えるということから定着した数字です。

三方と呼ばれる神仏に食べ物をお供えするときに使う台の上に白い紙を敷き、ピラミッドのように月見団子を並べて、お月さまの見える場所にお供えします。

また月見団子は、関西と関東では見かけが違っています。関東の月見団子はまんまるい白いお団子で、中に餡がはいっています。

しかし関西の月見団子は、団子の回りにこし餡を巻きつけた形となっています。これは里芋の形に似せた結果、この形になったということです。

「中秋の名月」にススキを飾るのは、稲科のススキを稲の変わりに飾ったという説もありますが、ススキが秋の七草のひとつであり、またススキを飾ると月の神様が、ススキに乗り移って休息を取るので、魔除けになるとされているのです。

一方、十五夜とセットになっている十三夜というのは、日本だけの風習で、栗や枝豆をお供えすることから「栗名月」「豆名月」とも呼ばれています。

実は十五夜と十三夜は必ずセットでお祝いし、どちらか片方だけお祝いすると「片月見」と呼ばれ、縁起が悪いとされています。

2020年の十三夜は、10月29日です。

そしてもうひとつ、最後に旧暦の10月10日に当たるに日行われる十日夜というのもあり、無事に収穫を終えた田の神様が山に帰る日とされ、神様に感謝を込めてお月さまにお祈りするのです。

今年の十日夜は11月24日です。できることなら「中秋の名月」から、この十日夜までの三つの月を拝み、感謝することができたなら、大変縁起がよいとされています。

ムーン

 

ブルームーンとマイクロムーンも楽しもう

この秋には、実は「中秋の名月」以外にも「ブルームーン」「マイクロムーン」という満月を楽しめます。

「ブルームーン」は一カ月に二度ある満月の二度目の月のことを呼びます。

なぜ「ブルームーン」なのかというと、大気中の塵の影響で、比較的青く見えるからなのだそうで、まったく青色というわけではありません。

もともとはアメリカの農業暦で使われていた名称ですが、「ブルーム―ン」を見ることができると、幸せになる、あるいは幸せを引き寄せると言われています。
また通常の満月にお願い事をするよりも、願いが叶うパワーが高まるお月さまであると言われているのです。

2020年の「ブルームーン」は、10月31日に拝めます。

実はこの「ブルームーン」は、「マイクロムーン」、別名ミニマム―ンでもあります。

「マイクロムーン」とは極小のお月さまで、地球から一番遠くて小さく見える月のことです。

せっかくの「ブルームーン」なのに、それは残念! と思ってしまいますが、実は「マイクロムーン」のときには不必要なものを捨て去ることに適しています。

物だけではなく、不必要な思考、人間関係などを「ブルームーン」でもあり「マイクロムーン」でもあるこの日に清算してしまえば、大きな幸運が舞い込んでくるかもですよ!

 

ホームページ:https://tarotreiko.amebaownd.com

 

《伊庭野れい子(いばのれいこ) さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/tarotreiko/?c=153236