精霊を呼び込み、浄化力抜群 幸せの香木「パロサント」で開運!

「パロサント」という名前の香木について聞いたことがあるでしょうか? それはインカ帝国時代のシャーマンたちが儀式で悪霊払いや浄化に使っていたという、南米産の自然で希少な香木なのです。
パロサント

南米のペルーに不思議な香木がある話を以前、ハワイのヒーラーの友人から聞いたことがありました。

どんなものなのかピンときていなかったのですが、浄化作用の強いセージよりもさらにパワフルだということでした。

今回、たまたま知り合いからこの「パロサント」をいただき、その香りや効能にすっかりと魅せられてしまったので、ぜひご紹介したいと思います。

 

「パロサント」とは

「パロサント」は、南米ペルーに自生する天然の香木です。

「パロサント」はスペイン語で「聖なる樹」という意味で、古くからインカ帝国のシャーマンたちが浄化、除霊、そしてよい精霊を呼ぶための儀式や治療、精神安定など広く使用していたものなのです。

「パロサント」は自然に枯れたものを収穫し、しばらく乾燥させます。
それによって木の中に含まれる樹脂が固まり、香りが熟成されてくるのです。

その香りは、ウッディーでスパイシー、かつ柑橘系を思わせるようなさわやかさと甘さも含んでいます。

似たような香木には乳香(フランキンセンス)がありますが、乳香よりもさらに香りが高いことで、最近注目をされているのがこの「パロサント」なのです。

しかし「パロサント」は、希少な木であり、近年ワシントン条約で国際間の取引が禁止されてしまい、ごく一部がペルー政府認定の企業により流通しているのです。

パロサント

 

「パロサント」の効能

「パロサント」は、かつては悪魔祓いの儀式として南米で用いられていたものです。

現代でも「パロサント」は南米では毒出しや儀式で用いられたり、災いを避けるアイテムとしても使われているのです。

「パロサント」は、身近に置くだけでも浄化作用や良い精霊を引き寄せ、幸運をもたらす効果を持っています。

「パロサント」は、木そのままでも高い香りを発するため、お部屋や玄関に飾っておいてもアロマセラピー効果はもちろん、浄化や開運効果が期待できます。

瞑想時はもちろん、お部屋やパワーストーンを浄化したい人、運気をアップしたい人、素敵な人に出会いたい人にも「パロサント」は効果を発揮します。

また「パロサント」の香りは頭をすっきりさせる効果もあるので、ストレスの緩和、頭痛、テストの前や大事な仕事の前の精神統一などにも、「パロサント」の香りはおすすめです。

このほか、「パロサント」は防虫効果もあるので、タンスの中に入れておいても効能を発揮します

パロサント

 

「パロサント」の使い方

「パロサント」の香木の使い方は、そのままお部屋で飾っているだけで、除霊効果や開運効果があります。

時間がたって香りが弱くなってきたならば、少し削るとまたよい香りが立ち込めるようになります。

南米では、この「パロサント」の木を使ったアクセサリーもあり、身に着けて香りを楽しむことができるのです。

また「パロサント」の煙で浄化をするときは、鉛筆を削るように、木片を少しだけ薄くカッターナイフなどで削りだします。

それをお皿や灰皿などにおいて、できればチャーコールがあればそれに火をつけ、その上に削った「パロサント」をくべてください。

チャーコールがなければ、直接「パロサント」に火をつけてもかまいませんが、火がついたらすぐに消して煙が立つようにしてください。

「パロサント」は油分が多く、非常に燃えやすいので、ほかのものに火が燃え移らないように気をつけましょう。

また煙探知機が作動することもありますので、気をつけてください。
そして使用後の消化の確認も怠らずに必ずやっておきましょう。

お部屋を浄化させるときは、窓を開けて「パロサント」を持ち歩いて煙がお部屋の中によく流れるようにしてください。

高価ではありますが、「パロサント」の精油も販売されているので、アロマセラピーを楽しむことも可能です。

また「パロサント」の香木をそのままお風呂に浮かべたり、あるいは精油をお風呂に数滴入れて、リラックスタイムを楽しむことができます。

あるいは無香料のハンドクリームに「パロサント」の精油を一滴まぜて使えば、香りで癒され、同時にその場を浄化し、幸運を招きいれることも可能です。

またほんの少しの「パロサント」の香木を袋などに入れて持ち歩いて、お守りがわりにすることもおすすめです。

 

ホームページ:https://tarotreiko.amebaownd.com

 

《伊庭野れい子(いばのれいこ) さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/tarotreiko/?c=153236