世界中で幸運のシンボル! 「カエル」がもたらす幸せの数々とは?

日本でも梅雨の季節が始まる頃になると、そこここで聞こえ始める「カエル」の声。「カエル」にも色々な種類がありますが、緑色のアマガエルは愛嬌がありますね。世界中でも「カエル」は、実は人間にいろいろな幸運をもたらしてくれるようなのです。
カエル

梅雨の時期に日本各地で見かける、緑の「カエル」は、「ニホンアマガエル」というのが正式名です。

通常「カエル」は水辺に棲むものですが、「ニホンアマガエル」は、水辺の植物や、森林の樹木の上で生息し、春から秋にかけて活動しています。

そんな「カエル」は、日本だけではなく、世界各国でも神様のお使いや、幸運をもたらしてくれるありがたい生き物として好まれているのです。

 

世界の幸運の象徴、「カエル」

「カエル」は、世界中の多くの国で神聖なもの、神様のお使いと考えられています。

日本ではよく、「カエル」は「返る」「甦る」「帰る」などのゴロ合わせで「福カエル」「無事カエル」などという使い方をされ、お守りのような存在でもあります。

「カエル」が家に棲みつけば、縁起がよく金運がアップして開運するとも言われています。

「カエル」は、常に前に飛ぶので、立身出世を意味し、ビジネスの発展を象徴してもいるのです。

また、「カエル」は子供をたくさん産むので、子宝をもたらすとも考えられています。

ヨーロッパでは、カエルが泡の中から生まれてくる様子がヴィーナスのようなので恋愛成就のお守りとされています。

このほか、「カエル」は、ドイツやイタリアでは幸運の守り神、エジプトでは子宝の守り神、そしてフランス、ドイツ、インドでは雨の守り神と考えられています。

またエジプトでは豊穣のシンボルとされているのだそうです。

カエル

 

「カエル」の夢を見たら?

では、「カエル」の夢は何を象徴しているのでしょうか?

「カエル」には色々な種類があるので、どのような「カエル」の夢を見たかによって違ってきます。

しかし基本的には「カエル」の夢は、何等かの変化や転換期を暗示したり、金運、健康運を意味しています。

たとえば、美しい色や明るいカラフルな「カエル」の夢を見たら、あなたに幸運が訪れる予兆です。

大きな「カエル」が、ガバッと口を開けている夢なら、金運がアップしそうです。

また、「カエル」の置物やぬいぐるみの夢を見たら、金運アップの兆候です。

「カエル」を捕まえる夢を見たら、仕事で成功したり、利益を得ることがえきることを意味しています。

「カエル」が2匹、仲良さそうにしている夢であれば恋愛運アップの兆しです。

見た目が気持ち悪い感じだったり、汚い色の「カエル」の夢であれば、残念ながら運気は降下中です。

「カエル」がたくさん夢に出てきた場合、きれいな「カエル」であれば、転機が訪れそうですが、気持ち悪い「カエル」であれば、健康に気をつけましょう。

カエル

 

「カエル」グッズの利用方法

「カエル」から幸運を授かりたい場合、生きた「カエル」が家に入って来るのを待っていたり、「カエル」を飼うのも大変なので、グッズを使ってみましょう。

たとえば、神社などても売っている、小さいガラス製や陶器製の「カエル」を財布に入れておくと、金運アップにつながります。

また、どこか遠方に仕事や旅行で出かける人にも「カエル」のぬいぐるみや、「カエル」のキーホルダーなどを差し上げると「無事カエル」となります。

また少し大きめの「カエル」の置物は、招き猫のように開運や福を呼ぶ力があるとされていますので、玄関やリビングに置きましょう。

このとき「カエル」の顔が部屋の中を向いているようにします。外に向けると金運を吐き出してしまうので注意しましょう。

ビジネスをされている方であれば、開店と同時にドアから外を見るようにして「カエル」の置物を置きます。

もしその置物の口が開いているのであれば、お金(コイン)を加えさせておけば、金運アップに効果があります。

ただし閉店したらかならず「カエル」は部屋の中を見るように置く事で、金運が逃げていきません。

また風水では、3本足の「カエル」の置物は、金運アップに絶大な効果があると考えられています。

3という数字が「新しいものを生む」という意味もあり、風水ショップで売られている「カエル」の置物には、3本足のものが多いようです。

「カエル」の置物を置く場合、トイレやバスルームは運気を流してしまうと考えられているので、絶対に避けるようにしましょう。

ホームページ:https://tarotreiko.amebaownd.com

 

《伊庭野れい子(いばのれいこ) さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/tarotreiko/?c=153236