〜最強のパワースポット「心の整え方」〜感情美人への道Vol.120

スピリチュアルジプシーになっている方、一番大事なパワースポットを見落としていませんか?

パワスポ巡りをする前に、まずは心を整えましょう

一月は新年ということもあり、パワースポット(特に神社系)の特集が多い時期でもありますね。
でも、「開運」を期待してあちこち出かける方達の多くが見落としている、最強のパワースポットがあります。

それは、あなたの「心」です。

 

「心」とは何か?

「心」とは何でしょうか。
それは、突き詰めて考えると「脳内の単なる電気信号のやり取り」です。
私達の脳には、「ニューロン」という神経細胞が1000億個も存在します。
これら1000億個のニューロンが、互いに信号をやり取りする回路を形成していて、それが意識を生み出すもととなっています。

ニューロンの活動は、「電気的・化学的」な物理現象に過ぎません。
ところがこの一見無機質な電気信号が、自分と周りに「良い念」や「悪い念」を届けているのです。

怒りが収まらなければコルチゾールやアドレナリンが分泌され、自分と他人の心身を傷付けます。
愛や感謝を持ち続ければ、オキシトシンやセロトニンが分泌され、自分の免疫を上げ他人もハッピーにするのです。

この2つの状態のうち、「幸運」はどちらに寄り付くと思いますか?

 

心を整える3つのコツ

本当に運をつかみたいなら、「自分自身の心を整える」ことを絶対忘れてはいけません。
そこで今回は、幸運を呼び寄せる「心を整えるコツ」を3つご紹介させて頂きます。

1つ目:「余白を作る」

どんなに激しい感情や惨めな気持ちも、まずは「受け入れる」事が大切です。そのためには、心に「余白」がなければいけません。この余白を作るため、私はほぼ毎日瞑想しています。

2つ目:「反射しない」

感情全般のマネジメントに共通するのは、「理性」を使って状況に対応するという点です。何か出来事が起きたり、何かひどい事を言われたりした時には、「反射」せずにひと呼吸置く訓練をします。文字通り、一度深呼吸するだけでも良いのです。こうする事で、脳の理性を司る部分を働かせる事ができるようになります。

3つ目:「人の心を読もうとしない」

私たちの悩みの多くは、対人関係です。落ち込みやすい人ほど、必死に「他人の本心」を探ろうとします。
でもそれは、結局自分が作り出したストーリーに過ぎません。
「人がどう振る舞おうと、私は自分の軸で考える」こう思っていると、あまり周りに振り回されずに済みます。

いかがでしたか?

御朱印集めやパワースポット巡りをするのも大いに結構ですが、まずは「自分自身の心」を整える事を意識してみて下さいね。

参考資料:『Newton』2012年5月号

 

《柊 りおんさんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/2012102201/?c=17188