新年度の4月は肩が緊張しやすい! 生理前の肩こりがつらい! 肩が痛いときは鎖骨マッサージでスーッとラクに!

肩こり

「生理前は肩こりがひどいし、肩も上がらないです」
「生理前になると肩が痛いのがつらくて寝付けません……」
というお悩みがある女性からの相談がたくさんあります。

中には、肩の痛みがひどくて腕が上がらなくなってしまうことも。

あなたは肩こり、肩が痛いというお悩みがありますか?

以前の私は、パソコン作業で同じ姿勢が多いことと、猫背で前かがみ肩に負担をかけやすい姿勢だったということもあって、ガッチガチの肩こりに悩まされていて毎週のようにマッサージに通うほどでした。

とくに、新年度になる4月は、仕事だと異動で環境や仕事内容が変わったり、プライベートでも環境が変わったりすることも多い時期なので、慣れないことで体が緊張しやすく、肩もガッチガチになりやすいです。

また、生理前は、体の不調が出る月経前症候群(PMS)の症状の1つとして肩こりがひどい、肩が痛いという症状が出やすくなります。

いつも肩こりがある場合でも、生理前にひどくなるようなら、月経前症候群の影響もあるかもしれません。

生理前に肩こりがひどいだけではなく、頭痛や腰痛、めまい、吐き気、イライラ、気分が落ち込みやすいといったいろんな月経前症候群の症状がひどいときには、一度産婦人科や婦人科で相談したほうがいいですが、肩こり、肩が痛いときにはリンパのケアにもなる鎖骨マッサージをすると気持ちよくて肩がスーッとラクになります。

 

肩こりがひどくなるのは鎖骨のロックのせい!?

肩こり

肩こりと鎖骨って関係があるのを知っていましたか?

私は整体の先生の講座に参加するまで知りませんでした。

実際に鎖骨と肩の骨が連動しているのを感じてみましょう。

左手の指3本くらいを右の鎖骨にあててみて、そのまま「右肩を真上に上げて下げる」というふうに、右肩を上下に動かしてみてください。

右肩を動かしているときは、右の鎖骨もいっしょに動いているのがわかりますよね?

肩にある骨は鎖骨とつながっていて連動していますので、同じような姿勢ばかりしていたり、前かがみの姿勢が多かったり、肩こりがひどくて肩が緊張した状態が続いたりすると、鎖骨の動きがロックされて、ますます肩の骨の動きが悪くなり、肩こりがひどくなってしまうのです。

ですから、肩こりや肩の痛みのケアのために肩ばかりマッサージなどをしても、鎖骨がロックされて動きが悪い状態のままだと、肩こり・肩の痛みが楽にならないことがよくあります。

私も以前は肩こりがひどくてガッチガチでしたので、肩のケアをするものだと思っていたので、毎週のようにマッサージで肩まわりをほぐしてもらいに行っていた時期もありましたが、マッサージしてもらっている最中は楽になっても家に帰ればもう肩がガッチガチに戻っている状態でがっかりしていました……

そこで、肩こりや肩の痛みがスーッと楽になるためのケアで効果的なのが、
肩とつながっている鎖骨の動きをよくするためのマッサージをすることなのです。

 

リンパケアにもなる鎖骨マッサージで肩がスーッと軽くラクに!

肩こり

鎖骨のマッサージといえば、リンパの流れをよくするということで重要なポイントだといわれていますよね。
鎖骨をマッサージすることは、リンパの流れをよくするだけではなく、鎖骨の動きをよくする効果もあり、不思議とガッチガチだった肩こり、肩の痛みがスーッとラクになるんです。

整体の先生にこの鎖骨マッサージを教わったときには半信半疑でしたが、
パソコン作業で肩がガッチガチにこっていたときにやってみたら、
鎖骨まわりがほんわり気持ちよくなったばかりか、
「おおおお! 鎖骨のマッサージでこんなに肩もラクになるなんて!」と、
肩こりがウソのようにスーッとラクになり、フワっと軽くなってしまったので、とても驚きました。

私の場合、パソコン作業で前かがみになりやすいこともあり、かなり肩が内側に巻いていて、鎖骨も固まってしまいやすかったので、鎖骨のマッサージで鎖骨がほぐすのがとても効果的だったようです。

もちろん、パソコン作業や、前かがみでのスマホなどの操作、同じ姿勢で長時間いることがあれば、肩はまたこってしまいますが、
鎖骨のマッサージで肩がラクになれば仕事もはかどりますし、家事もやりやすいですから、いつも見ている光景も、いつもとガラリと変わって明るい気持ちで過ごせるのがとってもうれしいです。

 

肩こり・肩の痛みも楽になる鎖骨のマッサージのやり方

(1) 座っても、立ったままでもできますが、一度ギューッと両肩に力を入れて、ポっと脱力して肩の力を抜いた状態にします。

(2) 左の手のひらを広げて、人差し指、中指、薬指の3本の指で、右の鎖骨の内側をやさしくさわります。

(3) 右の鎖骨をさわっている3本の指を鎖骨の内側から外側へとゆっくりやさしくさする感じでマッサージします。

あまり力を強くしながらゴシゴシとマッサージすると、皮ふが弱い方はかえって爪で傷つけてしまうこともあるので、やさしく、ゆっくりさするぐらいで十分です。

10往復ぐらいはマッサージしたほうがいいですが、けっこう気持ちいいので好きなだけマッサージしましょう。

おわったら反対側の鎖骨もマッサージしてほぐしたら、最後に、肩もほぐします。

(4) 鎖骨マッサージの手は両手とも下げてだら~んとします。

(5)両方の肩を真上の耳につけるイメージで上がるところまで上げて10秒くらいキープします。

この動きで肩の骨である肩甲骨が動くので肩のストレッチになりほぐれるんです。

(6)10秒くらい上げたままの両方の肩から一気に力を抜いてストンと肩を落とします。

これだけです。

とても簡単で、座ったままでも立ったままでもできるので、仕事の合間にもできますし、家事の合間でもできるのがいいです。

鎖骨マッサージをすると、肩こりで緊張していた首から鎖骨にかけてのつっぱり感がスーッと楽になるのがまたとっても気持ちいいです!
鎖骨の動きがよくなると、肩こりのおもい感じもスーっと楽になってくるのがなんともいえない心地よさですよ。

鎖骨マッサージで肩こり・肩の痛みがスーッと楽に軽くなって、心地いい日々を過ごせたらうれしくありませんか?

 

《保健師 めぐみさんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/nurse%EF%BD%B0megumi/?c=113328