体のゆがみは秋から冬の冷えにアリ! ゆがみ改善ストレッチでバランスがいい見た目に!

あなたは、鏡を見た時に、
「肩の高さがちがってる……」

「口元が右と左で高さが微妙にちがう……」

「足がO脚でヒザの位置がズレてる………」

といった、体のゆがみに気づいたことがありますか?

私は写真を撮ったときに、口元の高さが微妙に違うことがあって、
「高さがズレていないきれいな口元にしたい!」と思っていました。

肩の高さも以前は右と左でかなりちがっていて、
「こんなに肩の高さがちがうって体のゆがみ、大丈夫かな……」
と不安になったものです、

とはいえ、「なんとなく体のゆがみがある気がするけど、どう改善したらいいのかわからない……」と思ってしまうことも。

ヨガとかよさそうですけど、私は体がやわらかくないので尻込みしていました。

でも、大丈夫!
整体では簡単に体のゆがみを調整できるストレッチがあるのです!

簡単なストレッチで体のゆがみがとれて、左右の高さがきれいな見た目になったらうれしくありませんか?

 

体のゆがみの犯人は秋から冬にかけての冷えで片側だけギューッ

整体では、秋から冬にかけての冷えで体のゆがみが起こりやすいとされています。

以前の「秋は冷え症から体の不調がでやすい!? 冷え症の改善は足湯と背骨リセット」の記事でもお伝えしたとおり、

秋になると朝夕は冷え込んできて気温が下がるものの、昼間はまだあたたかい気温になるため、朝夕と昼間の気温差が大きすぎて体が冷えやすいです。

秋の朝夕の気温が下がったとき、体は寒さで冷えてしまい、たいていは体の左側か右側のどちらか片側がキューっとちぢこまりやすくなります。

「うー、寒い!!」というときは、体がちぢこまってしまいますよね?

体は寒さでちぢこまりやすいのですが、体の左右同時にちぢこまらずに、片側だけ強めにちぢこまってしまうのです。

体の片側だけちぢこまってしまうと、どうなるのかは、自分で片側だけちぢこまるようにしてみるとよ~くわかります。

座りながらでも立ちながらでもいいので、
左側だけちぢこまる感じになってみましょう。

左肩は下がり、右の肩との高さが合わず体がゆがんだ感じになるのがわかりますよね?

このように、秋から冬にかけての冷えで体が片側だけちぢこまることで、体のゆがみが起きやすく、人によってはゆがみがドンドンひどくなってしまい、見た目もアンバランスになってしまうのです。

片側だけちぢこまって体のゆがみがでてしまうと、生理と関係する骨盤もゆがみやすくなり、生理前の不調や生理中、排卵の時期の体の不調もでやすくなってしまいます。

そこで、冷えで起きてしまう体のゆがみをスキマ時間で簡単に改善できるのが、
整体では定番の、体をねじるように動かすストレッチです。

 

ねじる動きで体のゆがみを簡単リセット!!

ラジオ体操でもねじる動きがありますよね?

やり方はとても簡単でスキマ時間の3-5分でできます。

今、やってみましょう!

(1)立ちます

(2)足を腰幅に開き、両手は体のわきにおきます

腰幅に足を開くといっても、開きやすい幅でいいです。
開きすぎるとバランスがとりづらいので、体をねじりやすい足の幅にしましょう。

(3)両手を振り子のように回転させて体を右、左とゆっくりねじっていくのを10回以上やる

目がまわらないように、やりやすい速さでゆっくりやりましょう。

(4)体をねじってみてねじりやすい方向には、さらに3-5回くらい多めにねじっておく

これは操体法でよくやるのですが、左右の動きがある場合、やりやすい側を多めにやっておくと、やりづらい側のほうも動きがよくなり、左右のバランスが調整されてゆがみもとれやすいのです。

これだけです。

とても簡単ですよね?

10回以上とお伝えしていますが、気が付いたときに左右1回ずつでもチョコチョコ体をねじるのもいいです。

立ったままねじる動きなので、家で電子レンジを待っている合間でもできますから、スキマ時間の1分でもできます。

生理のケアのためにも、体のゆがみケアをしていくと、生理もスムーズに経過してラクに過ごしやすくなります。

体のゆがみがよくなって、バランスがいい見た目になれたらうれしくありませんか?

参考:奥谷まゆみ著 おきらく整体生活

 

《保健師 めぐみさんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/nurse%EF%BD%B0megumi/?c=113328