野菜料理研究家 カノウユミコの宇宙のレシピ~自然に寄り添って暮らす~ 鳥取の砂丘畑からメッセージ☆ヘルシー&おいしい野菜レシピもご紹介♪

私の小さな畑では、命が調和的に輝いていて、私はただそこにいるだけで幸せになれるのです。

数々の雑誌やTVで野菜レシピを披露する、料理研究家のカノウユミコさん。
カノウさんは現在、東京と鳥取を行き来するデュアルライフを送っています。

東京で料理教室を開いたかと思うと、故郷の鳥取で独自の自然農法にも挑戦!
野菜やハーブ、スパイス作りも楽しみながら自然の中で豊かな暮らしを送っています。
鳥取には現在、キッチンスタジオを兼ねた自宅を建設中とか。
料理作りに加え、野菜作りもしちゃう素敵なライフスタイルに注目♪
11月のWSでは、「食だけでなく直感やひらめき力を鍛える日常の過ごし方についてもお伝えしたいので、料理に興味のない方にもぜひご参加いただけるといいなぁと思っています(^^)」と、カノウさん。

鳥取の砂丘畑から新しいメッセージとレシピが届きました!

Ⅰ.野菜にやって来る虫との交信

去年から鳥取の海に近い砂丘地で、自然農法で畑を始めました。
30種類以上の在来種や無農薬栽培で自家採取された野菜やハーブの種で種団子を作って、畑に投げ、不耕起、無肥料で育てています。
もともと砂丘は乾燥しやすく養分が少ない上、海からの強い風が吹いていて、植物にとっては過酷な環境です。
そこで、自然農法をやるのは無謀なのですが、誰もが「無理!」と決めつけているような前例がないことに挑むと燃えるというやっかいな性分なので、手探りで試行錯誤しながらやっています。

自然農法を始めるときに、自分なりにいくつかルールを決めました。
そのひとつは、虫などの畑の生き物を大切にすることです。

畑にやってくる虫はほとんどが農家にとっては害虫で、益虫はめったにいないという状況なのですが、私は、どんな害虫も殺さないようにしています。
けれど、放っておくと植物が全滅することになってしまいます。
無農薬栽培をする人は、農薬を使う代わりに、手で虫をとって殺している人が多いのですが(両親は「テトール」と名付けています)、私は、虫とのコミュニケーションで被害を最小限にすることを試みています。

「虫さん、こんにちは。数ある畑の中から私の畑を選んで来てくださってありがとう! 私の畑の野菜を食べてもいいですが、野菜の命を奪うほどは食べないでくださいね。」とお願いするんです。
虫たちは、インターネットを使っていないし、人間のような眼を持っているわけではないのに、どこにどんな植物が植えられているのか察知しています。
自然に寄り添って住処を持ち、人間が存在するはるか昔から、さまざまな自然環境適応し、種をつないできた存在です。
人間には想像できないような能力を持っていると、私は信じています。

すると、ある程度葉っぱが食べられていますが、野菜はまだまだ元気で、しばらくすると食べられたところがわからないくらいに葉が茂り復活しました。
私のお願いが通じたのか、確かめるすべはありませんが、片っ端から虫を見れば殺していた母の畑は、一晩で1匹の虫で全て食い尽くされていたので、多少効果があったのかもしれません。

どんな生き物でも、自分を殺そうという殺気に満ちた環境では、自分の命を守ろうとして必死になり、通常よりもたくさん食べものが必要になるのではと、私なりに解釈したりしています。
愛や思いやりや感謝のエネルギーがあふれていると、何かが犠牲になったり、過不足が生じたりすることなく、どんな存在も調和的に生きられるのだと思います。

 

そうこうするうちに、私の畑にはたくさんの生き物がやってくるようになりました。
私の小さな畑では、命が調和的に輝いていて、私はただそこにいるだけで幸せになれるのです。

 

カノウさん直伝!
◆◆◆カラダと心を満たすおいしい野菜レシピ①◆◆◆

パセリは野菜の中でもトップレベルの栄養価がありますが、クセが強いためたっぷり食べるにはちょっとと思っている人が多いはず。
けれど、塩もみしたり、加熱するなど工夫次第で、おいしく食べられます。
ちなみに、アゲハ蝶の幼虫は、セリ科の野菜……パセリが大好物なんですょ♪

「健康、幸運、夢が叶う!」宇宙のレシピ“幸せごはん”♪
11月12日開催☆簡単!!波動を高める宇宙と繋がる食事法-カノウユミコ
https://www.trinitynavi.com/products/detail.php?product_id=1988

 

《カノウユミコ さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/yumikokanou/?c=149888