引き寄せの呪い? ~ 欲望と私~ 場合によっては逆効果にもなる?

引き寄せの呪い?

あなたは『引き寄せの呪い』というものをご存知ですか。
これは決して『引き寄せの法則』を非難しているわけではありません。

私は『引き寄せの法則』が大好きですし、当分の間、引き寄せブームは続くと思います。
ブームが終わっても一定層に定着して残り続けると思っています。

『引き寄せの法則』の使い方に慣れてくれば、いろいろなものを引き寄せてより豊かな生活を送れるようになると思います。

では、なぜ『引き寄せの呪い』という話をしているのかご説明します。

モノゴトというのは表裏一体です。
良い面もあれば、悪い面もあるということです。

つまり何も考えず『引き寄せの法則』を使っていると、場合によっては逆効果にもなるから気をつけてねということです。

 

表裏一体ってどういうコト?

例として自分自身のことを考えてみましょう。
長所と短所。

「のんびり屋さん」は長所でしょうか、短所でしょうか。

これも実は表裏一体なのです。
長所として解釈するなら「簡単に動じない」ということです。
短所として解釈すれば「のろま」です。

では「せっかち」はどうでしょう。
「テキパキ」と解釈すれば長所になるのです。

『引き寄せの法則』の話と少し脱線しますが、履歴書ってありますよね。
あれ、私は改良の余地があると思っています。

特に長所と短所の欄。

自分を客観的に見ることは良いことだと思います。
でも長所と短所が表裏一体だとわかっていれば、短所も視点を変えれば長所になるわけです。

虎児分析の参考にするなら良いですが、先方にわざわざ短所を書いて見せてどうするのだろうと思うのです。

短所を見つけ次第、長所に変える。
こっちの方が重要だと思うのです。

『引き寄せの法則』に話を戻しますね。
『引き寄せの法則』って率直にどんなイメージを持っていますか。

わざわざドラゴンボールを集めなくても願いが叶う便利な術。
こんなところでしょうか。

それでほぼ正解だと思います。

ただ、気をつけて欲しいことがあるのです。
ドラゴンボールは、集めるのがかなり難しいです。
しかも願いの数が決まっていますので慎重になります。

『引き寄せの法則』は、逆でコツさえつかめばほぼ何でも簡単に引き寄せることができてしまいます。
ここが一歩間違えれば『呪い』になってしまう重要なポイントなのです。

 

貪欲星人は幸せなのか?

いつでもどこでも(ほぼ)なんでも引き寄せてしまう、『引き寄せの法則』。
とても便利なのですが、この誘惑に負けてしまう人が残念ながら非常に多い気がします。

『引き寄せの呪い』(『引き寄せの法則』の別の側面)に引っ張られてしまうとどうなると思いますか。

欲望だけが増幅されてしまうのです。

本来ならば本当に必要なモノを引き寄せれば良いのですが、人間というのはどうも貪欲にできているみたいです。

人間ってお腹一杯でも「スィーツは別腹―……」とか言って、おやつを食べますよね。

だから太るわけですが……。

「お金がない」が口癖な人も、そうです。
最低限必要なお金があれば厳密には「お金がない」とはいわなくても良いと思うのですが、なんとなく、それが口癖の人っていくら持っていたとしても「お金がない」って言いますよね。
際限なくお金を望んでいるので、いくらあったとしても理由をつけて満たされないのです。

欲を持つのは決して悪いことではありません。
ただ、欲望に支配されると、ちょっと生き辛くなってしまうのではないかと思うのです。

結局、何を引き寄せて手に入れたところで満足できない体質になってしまったら、それって悲しいことだと思いませんか。

『引き寄せの呪い』によって貪欲星人になってしまうと大変です。
今、持っているモノに感謝できなくなってしまう。
これは致命的です。

だって今、目の前にあるモノにだって存在価値はあるわけです。
でも、貪欲になってしまうと、その存在価値を軽くスルーしてしまうようになってしまうのです。

 

欲望が執着に変わる?

純粋に最初は「美しい自分になりたい」とか「豊かに暮らしたい」という願いがあったとします。
ただ、抽象的過ぎると『引き寄せの法則』は発動しないので、具体的なヴィジョンを想い描きますよね。

そうすると、良いダイエットサプリや化粧品を引き寄せられるかもしれません。
お金の流れが良さそうな投資先を引き寄せるかもしれません。

もちろん、それは良いことです。
それで、本人が自己実現できて嬉しいと思えるなら、私としても嬉しいです。

ただ、ここで満足しないと『呪い』が発動してしまいます。
「これじゃ、満足できない……」という思いが出てきてしまうのです。
そうすると、純粋な願いもいつしか単なる執着になってしまうのです。

一昔前に『美魔女』っていましたよね。
最初は話題の的になっていましたが、次第に、美に対する執着が不気味というか、気持ち悪いとか思われるようになってきましたよね。

極端にいえば、自分さえ美しければ、手段はどうでも良いというか、周囲の迷惑を顧みないというか。

美しいのは素晴らしいことです。
しかし、自分の美しか見えない人生は、大切な何かを見失ってしまっているとも言えるのです。

でも、美に執着する前に、本当は何を望んでいたかを思い出して欲しいのです。
美を手に入れることで、誰かに愛されて幸せに暮らしたかったのですよね、きっと。

拝金主義者も同じです。

ビジネスで儲かるのは素晴らしいです。
でも、ここでお金しか見えなくなってしまうと、やはり周囲の人間が見えなくなってしまったりするものです。
でも、お金に執着する前に、本当は何を望んでいたかを思い出して欲しいのです。
お金を手に入れることで、誰かに愛されて幸せに暮らしたかったのですよね、きっと。

『引き寄せの法則』はうまく活用できれば最強のツールです。
しかし、自分自身の根底にある心の声を無視して、自分自身を見つめ直さず、欲望にとりつかれると、その法則は『引き寄せの呪い』というダークサイドが出てきてしまうのです。

あなたが本当に『引き寄せの法則』を使って手に入れたいモノはなんですか?

どうか、それを手に入れて下さい。

 

《金城そに さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/%E9%87%91%E5%9F%8E%E3%81%9D%E3%81%AB/?c=6711