「ながら食べ」は危険!?  これをやめればダイエットや仕事の効率が上がる!?

ながら食べ

ランチタイムは学校や職場での楽しみの一つ!

職場や学校って仕事したり勉強したりする場所ですが、その中で密かに楽しみなのがランチタイムかもしれません。

子供のころ、給食やお弁当の時間が楽しみだったという方、多かったと思います。
学校って、当たり前ですが勉強している時間がほとんどですからね。
休み時間以外で気が休まって、お腹も満たされる給食やお弁当の時間って、子供にとってはとても楽しみな時間だったと思います。

きっと、それは大人になってからも変わらないという方、多いかもしれませんね。
仕事中は、いわゆる「戦闘モード」でバリバリ頑張っていますからね。

また、仕事に関わる者同士、ある程度は気を使い合いながらお仕事されていると思います。
職場の人間関係以外でも、接客業などでお客様相手にお仕事される場合、もっと気を使うかもしれません。

そんな仕事の合間に安らげる時間が、まさにランチタイムなのです。
何を食べようか考えたり、自分の好きなものをお弁当に入れて持ってきたりするのも楽しいですからね。
色々な楽しみ方ができるのも、ランチライムの良さかもしれませんね。

 

食事はただの栄養補給ではない!?

「腹が減っては戦ができぬ」ということわざもあります。
どんなに忙しくても、きちんと食事をとることが心身の健康のために不可欠なことです。

どうしても忙しくなると、「この仕事をやってから食べよう」と言って、どんどん食事の時間が後回しにすることもあります。
もしくは、片手におにぎりとかパンを持って、食べながら仕事することもあるかもしれません。

「お腹に入れば一緒」だと思うかもしれませんが、食事って栄養補給だけが目的ではありません。
特に、仕事中の合間にあるランチタイムは頭と身体を休める時間でもありますので、とても大事な時間なのです。

 

「ながら食べ」はダイエットに悪影響!?

ながら食べ

なにより、食事をするとき食べ物に感謝しながら美味しく食べることがマナーです。
食べ物のほとんどは動植物の命ですからね。
私たちはその大切な命を頂いていることを忘れてはいけません。

だからこそ、ランチタイムだけの話ではありませんが、食事をするときは「ながら食べ」してはいけません。
仕事をしながら食べることも良くありませんが、それ以外にやりがちなのが、スマホを見ながら食べることです。

実は、「ながら食べ」することはダイエットにも悪い影響を及ぼすのです。
まず、食事に集中していないので、どれくらいの量を食べたか把握できないので、ついつい食べる量が増えて太りやすくなるのです。

また、噛む回数が減ると味覚に対する刺激も低くなりますし、食事のペースが早くなってしまうと満腹中枢へ届く刺激が遅くなりので、結果的に満腹感を感じにくくなってしまうのです。

「腹八分目」が良いと言いますが、満腹感が感じにくくなると知らぬ間に食べる量が増えてしまい、腹八分目以上に食べてしまうことになってしまいます。

食事だけにとどまらず、間食の回数が増える恐れもあるので、食事中はどんなに忙しくても食べることに集中して、健康的な食生活を心がけるよう気をつけましょう。

 

「ながら食べ」は仕事に悪影響!?

先ほどのようなお話を聞いても、「別に太っても構わない」とか、「スマホを見ながら好きなだけ食べたい」という方もいらっしゃると思います。
しかし、「ながら食べ」のデメリットは太ってしまうことだけではないのです。

実は、「ながら食べ」することで食べる量が増えてしまうと、仕事のパフォーマンスに影響するのです。

まず、単純に食べ過ぎたときって、身体が重く感じると思います。
そして、動くのがおっくうになったり、眠くなったりします。
それだけでも、やる気が半減したり、仕事のパフォーマンスが落ちたりしそうですよね。

このような状態で、いつも以上にパフォーマンスの高い仕事をしようとするのは難しいと思います。

また、中には朝食を食べない方もいらっしゃると思います。
そうなると、より空腹感が増すため、ご飯の大盛や揚げ物や丼ものといった「ガッツリ系」の食事を好んで選ぶことが多くなるかもしれません。

このような食事は、血糖値を上げやすく眠気を誘うため、やはり仕事のパフォーマンスが下がってしまいます。
さらに「ながら食べ」しているとしたら、最悪ですよね。

このように「ながら食べ」して食べ過ぎたり眠くなったりダルくなったりしても、このような状態が普通になってしまい自覚症状がないという方が多いのではと思います。

食べることが好きだという方もいらっしゃるとは思いますが、もし食べ過ぎが気になったり、仕事のパフォーマンスをもっと上げたいと思ったりしている方は、いま一度、自分の食生活や食事中の過ごし方などに気を配ってみることをお勧めします。

 

食事中は食事に集中しよう!

ながら食べ

ランチタイムに限ったことではありませんが、やはり食事ってとても大切です。
一人で食べるにしろ、誰かと食べるにしろ、食べることに集中して美味しく食べた方が良いですよね。

一人だと、ついついスマホを手に取ってしまいがちですし、誰かと一緒だと話すのに夢中になってしまうこともあると思います。
楽しく食事するのは良いことですが、おしゃべりに夢中になるのも味を忘れてしまうので気をつけてください。

というわけで、心も身体も健康的に過ごすため、食事中は食事に集中して美味しく食べましょうね!

 

《金城そに さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/%E9%87%91%E5%9F%8E%E3%81%9D%E3%81%AB/?c=6711