イライラ、メソメソするのは師走だから!? 忙しい12月ほどマイペースに過ごそう!!

12月

12月は何かと忙しい!?

12月に入り数日が過ぎました。
街はクリスマスで彩られていますが、あっという間に「もういくつ寝るとお正月~♪」という音楽が聴こえてくるようになりますから、楽しみではありますが少し慌ただしく感じられるかもしれませんね。

師走とは、普段は座って偉そうにしているお師匠様でも、年末はあちこち走り回り忙しくする時期だという意味合いがあるそうです。
だから、12月って「師走」と呼ばれるようです。

普段の日常に加え、クリスマスというイベントや年末の大掃除、お正月の準備もありますし、職場では仕事納め、学校は冬休み前なので、休みに入る前に色々と一区切りしなければいけませんからね。

 

12月はイライラ、メソメソしやすい!?

とにかく12月は良くも悪くもバタバタな月なのです。
それだけでも身体に負荷がかかるのに寒さも増すため、風邪をひいたり疲れやすくなり、イライラも増してしまうかもしれません。

そのバタバタやイライラのせいか、12月は運転マナーの悪さも目立ってきます。
最近は悪質な煽り運転などもあり社会的な問題になっていますが、イライラしてそのような行為をしないよう、お互いに気をつけたいものです。

それだけでなく、1年を振り返り色々と考え込むこともあるかもしれません。
反省したり後悔したりして、少しナーバスになる人もいるようです。

過去を振り返ることは、決して悪いことばかりではありません。
しかし、過ぎてしまった過去を後悔し、考え続けても変えることはできません。

過去の後悔を考え続けてしまうと、自分を追い込んでしまうことになります。
変えられないのに考え込んでしまうと、過去が自分の足かせになり、精神的にメソメソモードから抜けられなくなります。

12月

 

イライラやメソメソは12月のせい!?

このように、12月は忙しさや1年の振り返りなどで普段よりイライラ、メソメソしやすくなるため注意が必要です。

それに加え、12月は気温が非常に低く、日照時間も短いため、その影響でホルモンバランスを崩したりセロトニンが不足したりするため、イライラ、メソメソしやすくなるのです。

体調管理だけでなく、精神的なケアのためにも、寒さ対策を徹底する必要があります。
心と身体は密接につながっているため、どちらかが弱ると、もう一方も弱ってしまいやすくなるのです。

体調を崩してしまうと精神的にも弱気になったり不安になったりしやすくなります。
しかし、「病は気から」なんて言葉もありますが、根性だけでは心身の管理は難しいです。
きちんとケアしたり、適度に休息をとったりして、自分を労わってあげるよう、心がけましょう。

 

忙しいときほど休もう!!

真面目な人ほど、忙しくなると休まないで頑張ってしまう傾向があります。
特に日本ではまだ多かれ少なかれ、長時間仕事することや休暇や休憩を取らないで仕事することを高く評価したり良いとしたりする風潮があるようです。
もしくは、休むことをまるで悪のように感じてしまい、休みたくても休めないこともあるようです

経済的な理由や人手不足なども深刻で、休みたくても「忙しいのに自分だけ休むのは申し訳ない」と思ってしまったり、休んだ人に対して「忙しいのに休むなんて」と思ってしまったりするかもしれません。

この「何となく無理せざるを得ない状況」のなか無理をしてしまうため、ますますイライラ、メソメソしやすくなるのです。

気合だの根性だの言っても、心と身体は正直です。
実は、「頑張れば何とかなる」とか、「まだまだ出来る」と思っているときほど、実はヤバいのです。
ドーパミン(意欲や集中力を高める神経伝達物質)が、疲れ果ててダウンする寸前の脳を、「まだまだ出来る」とだましてしまっている状況なのです。

無理をし過ぎて過労で倒れてしまったり、うつ病などの精神疾患にかかってしまってしまったりして、心身が「強制停止」する前に、忙しいときほど休息を取るよう心がけてください。

 

1年の締めくくりもマイペースで!!

先ほどもお話しましたが、1年を振り返ることで後悔したり反省し過ぎたりせず、1年の締めくくりの月ではありますが頑張り過ぎて自分を追い込まないようにしてください。
師走の忙しさや冬の寒さでイライラ、メソメソしやすい時期なので、普段以上に自分を労わってあげるよう心がけてくださいね。

焦りは禁物です。
この1年に大きな成長や変化が無いと感じることがあっても、気にしたり後悔したりする必要はないのです。

12月

人生はとても長いです。
1年という短いスパンで考えて結果や成長を求め過ぎてしまうと疲れてしまいます。

そもそも、成長って無理してするものではありません。
結果だって、そんなに簡単に得られるものではありません。
形として現れなくても、確実に少しずつ成長していますし、何かしらの結果につながるプロセスを踏んでいるのです。

大切なのは、今の自分を受け入れることです。
日常のどんな自分も大切にしてあげることなのです。

出来る自分も、出来ない自分も。
頑張っている自分も、時には頑張れなくて立ち止まってしまう自分であっても良いのです。

生きていれば良いときも悪いときもあります。
イライラしたり、メソメソしたりするのも仕方のないことです。
それを否定することなく受け入れ、解消してあげることが大切なのです。
師走の忙しさに惑わされず、いつものアナタらしく、マイペースに過ごせますように!

 

《金城そに さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/%E9%87%91%E5%9F%8E%E3%81%9D%E3%81%AB/?c=6711