「なりたい自分」に簡単になれる!?~自分を愛して幸福度アップ!~

自己評価

自分のこと、理解していますか!?

前回、自己肯定感を高めるうえで最も大事なことは、自己評価を高めることだとお話しました。
どうしても他人からの評価が気になってしまいがちですが、実は自分自身を理解し、評価してあげることが何よりも大事なのです。

そのためには、 アナタ自身が自分の一番の理解者になってあげる必要があるのです。
自分の頑張りを認めてあげたり、存在価値を認めてあげたりすることで自己肯定感を高めることが出来ます。

しかし、それが出来なくなってしまうと、どれだけ頑張っても納得できず、自分を追い込んでしまうことになります。
それだけでなく、自己評価も下がってしまい、自己肯定感を持てなくなってしまうのです。

どんな自分であっても、アナタはとても大切な存在なのです。
何かが出来ても、出来なくても自分自身は尊い存在だということを忘れないでくださいね。

 

自分のこと、好きですか!?

ところで、アナタは自分のことが好きですか!? 嫌いですか!?
それによって、自己評価が高くなったり、極端に低くなったりするのです。

自分のことが好きなら、自分自身のことを自分で褒めてあげられるので、自己評価が下がるということがありません。
しかし、自分のことが好きではないと、何をしても自分自身を褒めてあげられないので、当然、自己評価が下がってしまうのです。

誰にでも、「自分のこういう所が好きではない」という所があるかもしれません。
性格がどうとか、顔がどうとか、スタイルがどうとか、考えだしたらキリがありません。

しかし、前回もお話したように、世の中に価値のない人間なんていませんし、それぞれ個性があるから一人一人に価値があるのです。

どんな自分であっても、自分自身が自分を評価し、好きでいてあげることで自己肯定感を高めることが出来るのです。
幼い子供や小さな動物を可愛がるように、自分自身を愛してあげることが自己肯定感を高めるうえで何よりも大切なのです。

自己評価

 

向上心の高い人は要注意!?

自分のことが好きではないという人は、自分をより良くしたいという向上心の高い人かもしれません。
「もっとこうなりたい!」と現状に満足せず、ストイックに頑張っているのです。

ただ、「頑張っている自分」を評価するよりも、「出来ない自分」に注目してしまい、自己評価が下がり、自分を好きでいられなくなってしまうのです。
先ほども話ましたが、自己評価が下がると自己肯定感もなくなり、幸福度がどんどん下がっていまいます。

向上心が高いことはとても良いことですし、自分をより良くするために努力することは素晴らしいことです。
しかし、最も大切なのは努力している自分を評価してあげることです。

「どんな自分になれたか」という結果ではありません。

「なりたい自分」になるのは、そう簡単なことではありません。
しかし、なれなかったといって、自己評価を下げる必要は全く無いのです。
むしろ、頑張っている自分を褒めてあげて欲しいのです。

メダルや賞を取らなくても、人々の記憶に残る素晴らしい人は沢山いらっしゃいます。
どうしても結果が重視されてしまいがちですが、それだけが全てではありません。

少なくとも、自分の一番の理解者である自分自身が、向上心を持って頑張っている自分を褒めてあげて下さい。
自己評価を繰り返すことで、繰り返し頑張ることができ、自己実現する可能性もあるのです。

しかし、ストイックに自分を追い込んでばかりいたら、疲れていまいますし、頑張りたくても続けることが出来なくなることもあります。
せっかく頑張っているのですから、自分自身を追い込むのではなく、褒めて伸ばしてあげるつもりで、どんどん自分を褒めてあげて下さいね。

 

理想の人をマネして「なりたい自分」に近づく!?

「なりたい自分」に近づくには、ハッキリしたイメージを持つことが大切です。
ハッキリしたイメージを持てれば、どう行動すれば良いか道筋をつけることが出来るのです。
ハッキリしたイメージを持つには、憧れの人を参考にするとイメージしやすくなります。

例えば、美容院で自分がどういう髪形にして欲しいかを伝えるのって意外と難しいですが、そんな時、雑誌の写真を参考にしながら説明することで、よりスムーズにりますよね。
イメージって、口頭で伝えるだけでなく、写真などを利用して視覚的に伝えたら、より伝わりやすくなるのです。

同じように、「なりたい自分」になるには、自分自身にハッキリしたイメージを伝えてあげる必要があるのです。
美容院のように雑誌の写真や記事でも構いません。
憧れの女優さんでも構いませんし、身近な人でも構いません。

「なりたい自分」の要素を持っている人がいたら、その人を参考にしてマネすれば良いのです。
例えば、メイクが上手になりたいと思ったとしたら、自分が素敵だと思うメイクをしている人を参考にしてマネすれば良いのです。
今はネットで探せば色々な情報を得ることが出来るので、自分が参考にしたい人を探してみるのも楽しいかもしれません。

自己評価

また、女性らしい振る舞いを心がけたいと思ったとしたら、身近にそのような女性がいないか意識的に観察してみるのも良いかもしれません。
素敵だと思うような振る舞いをしている人だけでなく、逆に良くないと思う振る舞いをしている人を発見することで、反面教師として学べることだってあるのです。

誰かをマネしたとしても、もともと人それぞれの個性がありますので、自分らしさを損なうことはありません。
自分らしさを損なわないことも自己肯定感を高めるうえで大切なことです。
アナタという人間はアナタ一人しかいません。
そのかけがえのない存在であるアナタをより輝かせるために、どんな時も自己評価を高め、自分を愛してあげて下さいね。

 

《金城そに さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/%E9%87%91%E5%9F%8E%E3%81%9D%E3%81%AB/?c=6711