美人を作る料理NO7~フード(風土)ヒーリング 「シワの原因は?」「対処法は?」弾力のある柔らかいお肌にしてシワを薄くします。

風土アドバイスを実践された方からのうれしいお言葉。

クライアント様から「先生! ビックリです。今まで高い化粧品をたくさん使ってお肌にぬっていたんですよ。でも、全くお肌はキレイになってくれませんでした。それが食事を風土ヒーリングにしたお陰でキレイになったんです。」と。

声高に早口で興奮して話してくれる様子から、今まで何度も今度の化粧品ならと願掛けしてきたけれど結局失敗してきた苦い体験がうかがえます。

食事だけで!!!

誰もが信じられない、と思います。
でも、体験してみたいと思いませんか?
これこそが、スピリチュアルな不思議体験だと思いますよ。

 

シワと食べ物の深い関係

年と共にシワは必ずむかえる老化現象の一つです。
でも少しでも遅らせたい、目立たなくしたいと思うのは、私だけでは無いですよね。
いつまでもキレイに若々しくいたいなぁ~と思う気持ちはみんな一緒です。

ではどこからキレイなお肌を作るのかというと、胃腸を整える事です。
老化現象は、食べ物を整え胃腸を元気にする事で老化を遅らせてキレイな肌を維持することが出来ますよ。

例えば、添加物たっぷりのジャンクフード・加工品・インスタント・お総菜・過剰な動物性食品・砂糖・アルコールなど、日常的に習慣化していると老化路線一直線に進んでいきます。
それどころか、スピリチュアルな感覚もぼやけてストレスがシワを作ってしまいます。

では、どうすればよいのでしょうか?

 

シワをうすくするために、まずは原因を知りましょう。

・額のシワの原因
砂糖が入ったお菓子類・果物・アルコール類で横シワが出来ます。肝臓が弱ってきています。
・眉の上のシワの原因
食べすぎ・揚げ物類のフライや天ぷら、ドーナッツ類、脂肪の多い魚肉類の食べ過ぎで縦のシワが出来ます。
肝臓に負担がかかり、油が溜まってくると眉の上が盛り上がってきます。
西洋人タイプの肉食者に多い人相になります。
・ほうれい線のシワの原因
動物性食品、肉類の食べ過ぎ、塩分過多でカラダが締まりすぎています。
筋肉が固くなりほうれい線が深くなります。

他にも女性ホルモン不足によるシワ、腸内環境の悪化によるシワもあります。
胃腸を整えて元気になると、自然にお肌もキレイになります。

 

シワをうすくするためにこれからすぐに出来るお手当のこと。

・額のシワのお手当
ご飯の量をいつもより増やして、甘いモノを欲しがらないように血糖値を安定させます。
良く噛んで唾液をたくさん出すことです。
大根おろしの消化剤を利用して肝臓を助けてあげましょう。
・眉の上のシワのお手当
食べすぎて疲れてるので小食にできるように腹持ちの良いゴボウ、人参などの根菜類を多めに食べます。
揚げ物は、量を少なくして大根おろしやキャベツの千切りをタップリ添えて油消しをしてもらいましょう。
・ほうれい線のシワのお手当
一時完全菜食にして、肉類の塩分過多をカリウムの多い野菜で引いていきましょう。
穀物を麦類の冷や麦、うどん、素麺などの軽い主食にします。
女性ホルモンたっぷりの豆類、豆乳、豆腐も皮膚をやわらかにしてくれて良いでしょう。

 

柔らかい弾力のあるお肌をつくりシワを予防するメニュー。

・良く噛んでみる
唾液は、ごはんの消化酵素が出るところです。良く噛んでいるとごはんの甘さが口いっぱいに広がり、脳の血糖値が安定して自律神経が良くなります。さらにうれしいことに若返りホルモンが出てくるんですよ。
これはただで一番お得な方法です。
・手っ取り早くする方法には、完全菜食です。
固くなったお肌を若々しくやわらかにするには、これらの料理を食べましょう。
野菜と海藻のサラダとゴマドレッシング、キュウリの浅漬け物、トマトと大根おろしの醤油と菜種油のドレッシング、ひよこ豆のハンバーグ、春雨のサラダ、ワカメと生姜のスープ、甘酒と豆乳の寒天寄せ、カボチャのポタージュ、トウモロコシと玉ねぎと枝豆のかき揚げなど。
小豆入りご飯や昆布の佃煮もシワの改善に良いですね。

料理のレシピは、HPの中からクックパッドfuudohisaeをクリックして下さい。
これであなたも、弾力のある肌になってシワをうすくする事が出来ますよ。
みんなでキレイになりましょうね。

食事を整えて、身体の中から美しく 幸せで健康に暮らせるように
フード風土ヒーリングで アドバイスさせていただいています。
http://fuudo-h.jimdo.com/

 

《吉田久恵さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/yoshida/?c=103492