宇宙法則~無双原理12の定理からVol.11~ フード(風土)ヒーリングで身体・心・魂を健やかにする

今は丁度、土用に当たり1月17日から2月の節分3日までです。 次の日の4日に立春を迎えて暦の上では春に移行していきます。 冬から春の準備に土用があり、自律神経を整える時期になります。

~ご自分に必要なご飯の量を計算してみましたか?~

ネットで検索しているとこんな記事に出会いました。
ある少年院で、1回のご飯の量が420gで、それを20分で食べる! メニューはご飯・味噌汁・野菜の大盛りです。

野菜が半端なく多いらしいです。
するとその方は食べ過ぎで吐き気がするそうです。
さらに太るとか心配されていました。

そこでどれだけ食べればいいの? と計算できるサイトを探したところで前回のお話になりました。

ご飯をおかずの半分以上食べることが体重維持のポイントであることと、体重と年齢と生活レベルから必要なご飯の量を計算できました。

さぁ~どうでしょうか、皆さんは計算で出された分のご飯を食べているでしょうか。
ご飯のカロリーを他の糖分で補っていませんか?

 

~少年院のご飯から見えてきたこと~

冒頭で少年院のご飯が例に出ました。
これって1日分1260gのご飯量です。
此処に入ると出されたもの以外は食べられないという事で、フードヒーリング的にはご飯・味噌汁・野菜のおかずセットで、心身を整えるには最高の食事でしょうと思います。

丼山盛り3杯を毎日食べて、発酵食品と良質のたんぱく質を味噌汁で、消化を良くしミネラルバランスを取る野菜をたっぷり食べて、心身は浄化されて自然に更生されていくでしょう。

メニューは良いとしても、個人個人の体型、年齢、仕事の量、心の使い方などでカロリーは違うと思うのです。
食べるのに時間がかかり食べられないと言うことから、普段よく噛む食事をしていない、消化の良い粉食が多かったのではないかと思います。

粉食でも、うどんなど汁と一緒なら飲みこみやすいですが、焼き固め乾燥しているチップス・クラッカー・クッキー・パン等になると水分を欲するので、よく噛まず舌先の美味しさだけを味わい飲み物で流し込むという食べ方が想像できるので、唾液量が少ないでしょう。

唾液量が少ないと、やはり消化不良で吐き気がすると思いますが、主食をたっぷり食べて自律神経がしっかりしてくることでクリアできます。

 

~カム噛むカム噛むすることとは? カミカミ! と共鳴すること~

健康であれば20分ほど食べ物を噛んでいると、自律神経の満腹中枢が刺激されて「もう、お腹はいっぱいになりました」と信号が出てきます。
でもいつまでも食べられてお腹がパンパンで、膨れているけどまだ食べ足りない! という時は、食べているけど栄養失調で自律神経が狂っているかもしれません。

健康には、よく噛むことをお勧めしますが、お口の中では唾液腺が、複数ありそれぞれに消化する役目が違います。
陽性な唾液が「火=カ」で陰性な唾液が「水=ミ」です。

「カ」と「ミ」が口の中で合わさり、「カミカミ」となり、「上」・「神」=自律神経に繋がるのです。
よく噛んで美味しくなる食べ物は、ご飯です。

ご飯の甘さが幸福感を沸かせてくれて満腹感になります。
幸せを感じるとは、心が温かくなることですね。
非行に走ってしまった少年院の子供たちは、きっと寂しくて恐れていて心が冷えていたのでしょう。

 

~土用は季節の変わり目にあたり体調を整える時期~

今は丁度、土用に当たり1月17日から2月の節分3日までです。
次の日の4日に立春を迎えて暦の上では春に移行していきます。
冬から春の準備に土用があり、自律神経を整える時期になります。

土用の時期は、黄色い食べ物・炭水化物の多い糖質のあるご飯・餅・うどん・葛粉・米飴・イモ類・豆類を中心に食べると良いのです。

炭水化物の甘い味が心身を中庸に整えて、元気に過ごすことができます!
主食になるご飯をたくさん食べて、ハートが温まったらバレンタインもすぐそこですね。

最後までお読みくださりありがとうございます。

 

久恵流フード(風土)ヒーリング♡クッキングサロン玄水円:吉田久恵
http://fuudo-h.jimdo.com/

 

《吉田久恵さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/yoshida/?c=103492