ココロセラピストが語る!? 昭和な価値観で世の中は通用しない!? ~令和的生き方~

生き方

はじめにお断りしておきます。

はじめにお断りしておきます。今からお伝えすることは僕の独断と偏見に基づいているものです。
あらかじめご了承ください。
さらっと読んで「違うんじゃないかな~」と思う方はスルーして別の作業をすることをお勧めします。

 

学歴の話

今の時代に学歴が不要かというと、そうでもないです。会社にもよりますが学歴は関係あります。特に正規雇用を目指すなら学歴はあった方が良いでしょう。

とはいえ、有名どころじゃないのであれば「ないよりは、あったほうがいいよね」程度かもしれません。
「人間性は学歴とは関係ないよね」という発言もよく聞きますが、本当にそういうふうに思ってくれている人がたくさんいるのか、というと、それとこれとは別問題です。

たとえば有名大学の名を出すと「頭いいんだねー」って、多くの人が言いますよね。僕のひがみと思うかもしれませんが、「頭が良い=学力」ではないんですね。でも学力が高いと「頭が良い」と思っちゃうんです。厳密にいうと「勉強面で頭が良い」のであって、全てにおいて頭が良いかどうかは別だと思うんですね。でも、そう思わないですよね、世間って。

逆にいうと、全てにおいて頭が良いと「思われたい」なら学歴は必須だと思います。良いかどうかは別として、イメージの影響力は侮れません。

(断っておきますが、上から目線で書いていますが僕は何一つ優れているものはありません!)

ちなみに僕は学歴を批判してるわけでもないです。学びたいことがあれば、どんどん進学した方が良いと思うし、専門家がたくさんいるところで話を聞いたりした方が学びも大きいと思います。知的好奇心はとても大事だと思うので、可能であれば、どんどん好きな分野を極めて欲しいです。

ただ、学校に行くっていうのはお金がかかるので、最終的に元が取れる人生を歩めそうな進学先を選んで欲しいと思います。就職に有利っていうことだけじゃなくて、知的満足度や、友達作り満足度など含めて。コネ作りも。

生き方

 

大人のコミュニケーション

今の、というと語弊がありますが、なんとなく現代人は表情に乏しい気がします。僕がそれだけ年を取ったということかもしれません。本当は違うのかもしれませんが「当たり障りなく受け答えをしておけばいいやー……」みたいな常時営業スマイルみたいな本心の見えないような顔をしている人、たくさんいる気がします。表情を読むというよりも、相手の目を覗き込まないと本心がわからないといいましょうか。

そういう人が多い(?)せいか、空気が読めない大人も多いです。わざと読まないという手もありますが、そういう人は空気の流れを意図的に変えようとしていますが、本当に読めない人は、場を悪くするだけです。

表情が読めない、空気が読めない。これでは自分たちが何処に進んでいるのか、いまいちわかりません。

ものすごく明るく社交的に見えて、プライベートは一切明かさない人も多いですよね。それはそれでビジネスライクと割り切っていてすごいんですが、本心は隠しているわけです。

別に、昭和みたいに、仕事外でも無理に飲み会につきあったり、タバコを一緒に吸ってゴマをすったり、休日にも職場の人と仲良さそうにしなければならない……ということはないですよ。

僕も、平成時代、勤務時間外に職場の人と接するのめんどくさくて嫌だったし。でも、関りを断つと仕事に支障をきたすから我慢してましたけど。今は、そういうのがなくて、個人的には嬉しいです。

ただ、特に仕事の上では、誰が何処まで本気なのかがわからないので、困ったとき、助けて欲しいときに、誰に何処まで相談して良いのかわかりづらいのも問題な気がします。

昔と違って仕事だけが人生じゃないし、QOLの基準だって、どこに軸を定めるかも個人差が大きいです。なので「一緒に仕事で大きなことをやってやろう! 頑張ろう!」と言っても、「いや。固定給さえもらえれば、定時に帰ってアニメ見たいタイプなので放っておいてください」って人も多いと思うんですね。たとえば、僕とか。

でも、これって僕みたいなタイプが間違ってるわけでもなくて。一昔前に『名ばかりの管理職』って言葉が流行って。要するに、肩書だけかっこよくして、待遇がよくなるわけでも何でもなく、上位権限が貰えるわけでもなく、たんに仕事量が増えるだけ……っていうポジションが増えたんですね。その割に責任は取らされるんですよ。頑張ったら、出世して給料が増えて、部下が増えて……ではないんですね。これじゃ、やる気なんて出るはずもありませんよね。

じゃあ、みんなが大人しく黙々と働いて定時に帰っていくかというとそうでもなく。これも偏見なんですが「意見は言いたい! 思ったことを言って何が悪い!? でも責任は取りたくない!!」という人も、以前に比べて多く見受けられるような気がしないでもありません。

まぁ、そういうのを「わがまま」って言うんですけどね。自分の発言に責任が取れないなら黙っていればいいのに。黙って働いて定時に帰ってアニメ見てればいいじゃん、と。

生き方

 

令和に必要なものとは?

昭和生まれの僕としては、こんなふうに現代を捉えていて。僕の思い違いだと良いんですけど。それはそれとして、じゃあ、今の時代に必要なモノってなんなのか。
正解ではないかもしれないけど僕は『本音を語れるTPOの確保』『本気になれるTPOの確保』だと思うんですね。

薄笑いを浮かべながら「私は敵じゃあありませんよ……」ってフリをして、いざ自分好みじゃない発言をされようものなら、冷笑を浮かべて「そうですか……」って言って、急に敵に回ったり。怖すぎじゃないですか。いませんか、そういう人。

家族でも友人でも仕事仲間でも、誰でも良いので、とにかく本音を吐き出せる環境を作るように意識してみてください。これからの時代は、まさにここにかかっていると思います。

「探す」のも良いのですが、自分が信頼されて本音を語ってもらえるような人を目指してくださいね。もちろん僕も含めてです。そうすれば「安心」しあえる世の中になりますから。だって、孤独ってつらいじゃないですか。

そして偉そうなことは言うけど、責任は取りたくない。都合が悪くなれば無関心になったり、キレたりするだけ……じゃなくて、覚悟を決めて本気になれる何かを見つけてください。直ぐに見つかるわけじゃなくても良いけど、自分の言動に覚悟や責任をもって生きると、楽しいですよ。

 

《ココロセラピストTATSUMI さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/%E5%B1%B1%EF%A8%91%E9%81%94%E5%B7%B3/?c=6713