ココロセラピストが語る!? 私はそんなに偉いのか?~他人を見下して優越感に浸りたがる人たち~

反省

いつも反省な僕……。

少し前まで反省という言葉に縁がなかった僕。
年齢を重ねるにつれて、過去の経験を改めて考えると、「あの時の判断は間違ってたかもしれないな……」など、後悔の連続。

もちろん、僕はココロセラピストなので、そこで凹み過ぎて自滅ってことはなくて、そういう失敗と想えるような経験をしたからこそ、成長できたっていう認識ではあるわけです。

 

自己理解

己を知るって、とっても大事なんです。

この話も数えきれないほどしてきました。

もちろん、勉強して学んだ知識も大事です。
でも、自分の人生経験に知識を付加して顧みると、一時的に自分が情けなく思えたとしても、同じ失敗を繰り返しにくくなると僕は思ってるんですね。

いじけるだけの反省なら反省なんかしない方が良いです。

でも、自分の気持ち、考え、言葉、行動を振り返ると、当時の自分が客観的にどんどんリアルに理解できるんですね。
本当に反省する気があるなら、同じ過ちは繰り返さないように考え方や行動を改めれば良いんですね。

反省は減点法ではないんです。
その時点での到達度をしっかりと理解し、次のレベルアップに向けて参考にするのが良いと思います。

ただ、反省しようと後悔しようと、自分の力ではどうすることもできなかった不可抗力に関しては、反省しようがないので、くよくよ考えても仕方ありません。

仮に過去に戻れても、結果を変えることが必ずしもできるわけではないんです。
「あの時は、どうしようもなかったな。今日や、明日は、当時の何百倍もしあわせになる生き方をしよう!」くらいの認識で良いです。

 

僕の反省点……。

今、僕が自分を振り返って、反省している、というか改善を心がけているのは『他人を見下す癖』です。
セルフイメージを高めようと、「僕はすごい人間なんだ!」と強引に思い込ませ過ぎた結果、ありとあらゆるものを見下してた気がするんですね。

じゃあ、実際問題、僕はどれだけ立派な人間で、どんなすごいことができるのかっていうと、特に何も思い浮かばないんですね。
むしろ僕が見下してきた人たちの方が、知的レベルが高かったり、優しかったり、根性があったり、打たれ強かったりするんですね。

反省

今となっては、関りが消えてしまった人たちも、よくよく考えれば、すごい人たちだったんだなって、素直に尊敬できたりするんですね。
セルフイメージを高めるのは重要なんです。

ただ「僕はすごい人間なんだ!」の改善点は、具体性です。
根拠じゃないですよ、具体性。

「すごい人間」がアバウトすぎて、リアリティがないから、とりあえず、相手を下に見ておけばセルフイメージを高く思えるかもしれないって潜在意識が勘違いしてしまう人もいると思うんです。かつての僕のように。
それって、なんだか、負け犬の遠吠えというか、弱い犬ほど、よく吠える……という感じで情けないですよね。

逆に、そこを突き詰めていくと「人を見下さない人」って純粋にすごい人って思えますよね。
見下さないから、相手に真剣に向かい合う姿勢とか。
他者の本質を理解しようとしているというか。

もしそれで、危険な感じ、近寄ってはならないオーラを感じたら、見下したりせずに、不要な争いは避けてそっと身を引けば言い訳ですからね。

特に若いころって、根拠のない自信があったりするので、特に目上の方を見下したりってするじゃないですか。
たぶん、そういうのって僕だけじゃないと思うんですよ。

でも、自分がいざ年を取ってみると、滅茶苦茶すごい人になっているかっていうと、そうでもなく、いろいろなものに折り合いをつけながら自分なりに一生懸命生きてるわけですよね。

若さゆえの無知というか、人生経験の少なさが、他人の苦労を想像もできなかったりしていたんだろうなって感じです。

そんなわけで、人を見下している若者なんかを見つけてしまうと、なんだか、過去の自分を見ているみたいで悲しい気持ちになってくるんですね。恥ずかしくて。

 

開き直り……。

繰り返しますが、反省はいじけるためにするのではありません。大事なのは、自分にとって『気づき』や『学び』があるかどうかなんです。
今の自分が、過去より少しでも成長していれば、それでいいんです。謝りたい相手がいるなら、謝れば良いと思うし。

なので、人を見下す人を僕は好きじゃないです。
いつか、見下すことに何のメリットもなく、見下していた自分に気づいた時の恥ずかしさに耐えられなくなると思います。

でも、それに気づいた時点で、人生をシフトチェンジしてくれたら嬉しいなって思います。

反省

過去の自分にもリアルタイムの当事者たちにも、声を大にして言いますが、あまり人を見下さない方が良いです。絶対とはいわないですが。
ただあからさまに心の底から軽蔑する見下すに値する人がいたら、そっと距離を置いてください。

軽蔑に値するからって、こちらが上から目線になったり攻撃的になったりすると、周囲から、小さな人間に思われてしまう危険性もありますからね。

自分を大事に、他人も大事に、です。

 

《ココロセラピストTATSUMI さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/%E5%B1%B1%EF%A8%91%E9%81%94%E5%B7%B3/?c=6713