ココロセラピストが語る!? 夏休みという非日常~ドラえもんを見返して、やっぱり刺激的だった!?~

AI

なつやすみだね

夏休みですね。
といっても、長期休みが取れるのは学生くらいなものですけどね。業種によっては夏こそ繁忙期だったりして休めない人も多いと思います。

僕も例年以上に自分の時間が取れず、だからと言って収入が増えるわけでもなく(もっというと自給換算すると明らかにマイナスになる)、倒れるのも時間の問題という感じです。

といいつつ、頭痛になる程度でどんなに頑張っても倒れない自分がいて、良いんだか、悪いんだかって感じです。
やった分だけ、お金に限らず何かしら得られれば良いですよね。

僕だけじゃなく、この暑い中、自分の時間も犠牲にしてお仕事を頑張ってくださっている方々には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

自分のシアワセって自分だけで成立しているわけではないんです。
気づいていないだけで、そのシアワセは誰かの犠牲の上に成り立っているということ、絶対に忘れないでくださいね。

 

海底鬼岩城……!?

というわけで、毎日ヘロヘロで気が付くと意識と記憶を失っているような毎日ですが、ふと『ドラえもん のび太の海底鬼』を見ました。

「忙しい」「時間がない」ばかりを強調していると、本当に何もできなくなってしまいます。
どうせ今のご時世、コロナ渦です。出かけたくても、どちらにしても出かけづらい時代です。
だったら、どうどうとオタ活をしたっていいじゃないか、と。

余力があれば創作活動や生産的な活動をしたかったけど愚痴っても何も始まりません。
とにかく、身体を動かさず、ボーっとしつつ楽しめるような何かをしたかったんです。

ちょうど作中も夏だし、のび太たちが「海だ!」「山だ!」と盛り上がっていたので、季節的にもピッタリな作品です。

古い作品なのでネタばれしても大丈夫かと思いますが、気になる方は、ここで読むのをストップしてくださいね。

 

バギーちゃん

AI

この作品の主役は、ドラえもんでもなく、のび太でもないんですね。
事実上の主人公は、しずかちゃん。そしてゲストキャラ(?)のバギーです。
そういう意味でも、一風変わった作品かもしれません。
バギーっていうのは、要するにバギー……というか車なんですね。
今でいうところのAIが搭載されたスーパーマシンなんですね。自動運転もできるし、とにかくすごいです。

といっても、ドラえもんの世界では、どの秘密道具もすごすぎるので今更驚かないかもしれないんですが……。それ以前に、ドラえもんがすごすぎるロボットだし。

海底鬼岩城は、とにかく、このバギーが泣かせてくれるんです。機械なんですが、人間以上に人間っぽいんです。
結果的に世界を救ってくれるんですが、改めて考えると、ここがまたすごくて。機械だから人間を守るのは当然だろうって思いがちですが、そうでもないんですよ。

スネ夫やジャイアンが死にかける場面があるんですけど、その時のバギーは、ものすごく覚めてるんですよ。
機械(ロボット?)は人間を守らなければならないなんてことはなくて。ただ指示通りに動いていただけなんですよ。それはそれで間違ってないんですが。

でもね、バギーは私情で自己犠牲の精神でしずかちゃんを守ろうとするんですよ。人間を、とか、人類を、とか、そういうことじゃなくて、「しずかちゃんを追い詰める敵=許せない」という動機なんです。この場面見ちゃうと、バギーがどんなヒーローよりもカッコよく見えるんですよ。思い出したらまた泣けてきました。もう、カッコよすぎて腹が立つ、バギー。

 

AIとかシンギュラリティとか。

AI

AIってどんどん進化していますよね。いつかAIが進化しすぎて人間を追い越す(シンギュラリティ)って言われていますよね。
そうすると、普通に考えるとAIは人間を見下し始めて、戦争に……なんて思っちゃいますよね。

でもね、バギー。彼は人間以上に人間らしいんですよ。
言っていて、意味わかりませんが。人間って、なんというか、自分さえよければ良い的なところがあるじゃないですか。特に現代人は人情味にかけるというか。僕の偏見かもしれませんが。
進化したAIだったら、それこそ人情どころか合理性だけで物事を考えそうですよね。でもバギーは、とにかくしずかちゃんを大事に思っていたんですよ。しずかちゃんを守るためだったら壊れたって構わないってはっきりと言っていたくらいだし。

たぶんバギーは人間をそれほどよく思ってないし、そんなに好きでもないと思うんですよね。でも、しずかちゃんは別格なんです。
たぶん、バギーにとっては人間かどうかなんて関係ないんです。ただただしずかちゃんを守りたかったんです。自分の命を捨ててでも。

これって滅茶苦茶かっこいいんですけど、冷静に考えると怖いんです。別に僕は自己犠牲が良いなんて思ってないですよ。そのうえで言いますが、現代人って、たぶん冷たいんです。
一方で22世紀のバギーは本当に誠実なんです。しずかちゃんを決して上辺だけで好きなのではなく、本気で守ろうとしているんです。誰の命令でもなく、自分の意志で。

自己犠牲を顧みず、大切な誰かを守るために命を懸ける人って、どれくらいいるんだろうって思ったんです。

海底海底城って感動的なんです。
でも、ものすごく斜に構えて観てみると、違った意味でAIの方が優れた存在になるかもしれないなって思ったんです。

僕は合理性とか演算速度とか、そういう問題じゃなくて、自分の意志で大切な誰かを守る精神のことを言ってるんですよ。非合理的な話ですけどね。

自己犠牲はそんなにお勧めしないけど、結局僕たち人間が生き残るには、自分だけではなく、他者を想う心が大事だと思うんですね。

自分のことばかり気にして、相手の気持ちを微塵も考えない人って本当に多いじゃないですか。
クレーマーとか。そんな人が増えたら、シンギュラリティなんて起きなくたって人類は勝手に滅びると思うんですよ。自業自得ですよね。

アニメ映画と現実をごっちゃにしちゃダメなんですけど、せっかくバギーが救ってくれた人類なんだから、僕たち人間はもっと心を大切にして、良い意味で進化していかなきゃいけないよな……と深く考えさせられたのでした。

 

《ココロセラピストTATSUMI さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/%E5%B1%B1%EF%A8%91%E9%81%94%E5%B7%B3/?c=6713