初詣・神社参り・大掃除 — 神様にお願いを叶えてもらう方法

神様は恋愛、受験、仕事、家庭等々、無理やりうまくいかせるための便利屋さんじゃありません。
神社

Trinity読者の方々から「他の方のスピリチュアル観と全く違いますね」と、良く言われるホリスティックカウンセラーのわたもりです。

初詣などの記事はこの季節によく見かけると思いますが、この記事はどうでしょう?

 

神様の気持ちになって考える

神社でのお参りの作法をご存知の方も多く、お賽銭もいくらが良い等色々言われていますね。

一般的には二礼、二拍手、一礼
参道は中央を歩かない
お手水の使い方
住所や名前を名乗る

それって、どうしてそうするか考えたことありますか?

作法を守っても守らなくても、あなたのお家にある日突然知らない人がやってきて、5円くれて「ああしてくれ、こうして欲しい」と言われたら、気持ち悪くないですか?

それは神様だって同じです。
つまり、作法の問題じゃ無いのです。

神様も一人一人性格、年齢、姿かたちが違い、仕事(=神社の神様)への取り組み方も違います。
それは一般の方には判らないでしょうから、とにかく「こいつ嫌な奴」と思われる行動や言動をしない事が大事です。

知らない人に1万円出してお願いされたらもっとキモチワルイ。
お賽銭が多い方が良いだろうと思う人もいるようですが、神様たちは「金は使えないからな~」と、良くおっしゃっています。
(でも、神社の維持管理には必要です)

では、何が必要なのかと言うと、恐れ敬う気持ちです。

神様は恋愛、受験、仕事、家庭等々、無理やりうまくいかせるための便利屋さんじゃありません。
以前書いたこちらの記事をご参照ください。
「狂気・有名な恋愛パワースポット神社の神様 — 神社巡りこぼれ話~良縁を望むなら」
https://www.el-aura.com/watamori20180724/

神社

 

矛盾しない生き方とお願いの仕方

ポイントは、相手は神様だと忘れない事。

私達は目に見える物質界にいますが、神様たちは目に見えないものも全て見える非物質界にいます。
心は姿かたちにも現れますが、目に見えない心の状態や、気やエネルギーの清濁・強弱、時間をさかのぼり日頃の行いなども神様は見ています。

・沢山食べて飲んで「痩せたい」
・添加物だらけの食品を食べて「健康でありますように」
・勉強しないのに「成績が上がりますように」
・働かないのに「お金が欲しい」

スピリチュアル系の方は良く「思った事が現実化する」と言いますが、それは、矛盾しない現実があって、願いを行動に表しているから現実化するのです。
都合の良い結果だけを求めてもダメなのです。

昔の人は良く言いました。
「おてんとう様が見ている」と。

本当にその通りです。
あなたがどんな行いで生きているかを見ています。
だから神様は、それを見て「ああ、こうして欲しいんだな」と判断すると言う事をお忘れなく。
この世界は全て、矛盾なく繋がっているのですから。

神社

 

スピリチャルとは掃除をする事

私はこの仕事を始めた時から「スピリチュアルとは掃除をする事」と言っています。
以前Trinityにも書かせていただきました。
「掃除はスピリチュアル? — 掃除のためのホリスティック健康相談」
https://www.el-aura.com/watamori25/

片付いておらず、汚い空間にいる方は仕事も人生もうまくいきません。
これは説明が必要でしょうか?

整理整頓能力がない方やマメに働かない方が、仕事がうまく行っていたら不思議ですし、うまく行かせるためにどこかで無理をしなければいけないでしょう。

例えば都合の悪い事を人に押し付けたり、人のせいにしたり。
そうすると、人間関係がうまくいかなくなり、仕事がもらえない、潤滑に進まない等します。
巡り巡ってその矛盾が自分に返ってくるのです。

整頓されていないと「あれ? あの書類どこ行ったっけ?」と、仕事が中断されます。
それは家庭でも同じでイライラの素になるでしょう。
埃が溜まっていても、片付いていなくてもエネルギーを浪費する事になり疲れます。
「【HSP・エンパス・エネルギ — バンパイア】エネルギーを奪うもの — エネルギーバンパイアの正体」
https://www.el-aura.com/watamori20190930/

この世界は全て矛盾なく繋がっています。
毎日の生き方も、お掃除も、神社参りも、全て繋がり、その人の本質が行動に現れていて、神様達はそれを見ています。
お願い事をするなら、気持ちだけではなく、その願いに見合う自分になるよう行動することが必要です。

さて、あなたはここから先の一年をどんな心持で過ごしていきますか?

参考 http://watamori323.blog.fc2.com/blog-entry-673.html

 

《わたもり さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/watamori/?c=88380