自分を愛するって具体的にどういう事?— 敏感肌でも安心して使える化粧品による自己卑下の気づき

無意識のうちに自分を蔑んでいませんか?

身体・心・魂全てを見るホリスティックカウンセラーのわたもりです。
私は以前お伝えしたアロマリーディング夢解析でも、カードリーディングでも、繰り返し「自己卑下をやめなさい」「自分を愛して」と言われていました。

でも、私には自己卑下の自覚も無かったし、自分を愛すると言う事がどういう事か全く判りませんでした。

今回は敏感肌の方にも有益な情報をお伝えするとともに、お化粧が気づかせてくれた「自分を大切にしていないとはどういうことか?」と、そこから分かった、自分を愛する行動について書かせていただきます。

 

国内ミネラル化粧品会社との出会いと気づき

過敏な体質=HSPの私は、肌も過敏なので化粧品でかぶれやすくいつも痒みや湿疹で困っていました。鼻も過敏で香料で頭痛がします。
ところが近年国内にミネラル(鉱物)や天然原料で化粧品を作るメーカーが増えてきているという情報を得て、さっそく使ってみたところ、痒くない! 湿疹が出ない! 赤くならない!

敏感肌の人に向けて作っている化粧品なので、使用しても肌に合わない時は、返品すれは返金してくれるという会社も多いのです。
購入しても無駄にならないと判ると、色々試せるようになります。

勿論、食事療法をしている影響も大きいと思うのですが、安心して肌につけられる化粧品と出会い、それまでは諦めの気持ちがあったのですが、お化粧が楽しくなりました。

以前は必要最低限の化粧しかしませんでしたが、それまで使ったことのないアイテムを試し、どうやったら上手にお化粧できるかと工夫するようになり……、ふと、ある事に気が付きました。

「前はお化粧をしているのではなくて、ただ義務的に、顔に塗っているだけだった」

更に、自分の心の奥深くに、「自分なんかがきちんと綺麗にお化粧するなんて」「自分にお金をかけるのはもったいない」「私はこの程度で充分」という気持ちがあったのです。

そう! この気持ちが自己卑下であり、自分を大切にしていない事なのです。

 

自分を大切にしていない人の行動と心

・お化粧やヘアケアを「そこそこ」にしかしない
・服装や持ち物がだらしないと言われる
・鞄のファスナーを開けっ放し
・ハンカチ、ティッシュを持たない
(=自分には手をかける価値がない)

 

・「自分にはテキトーで良いのよ!」と言う
・綺麗な部屋にいるのが落ち着かない、又は、掃除や片付けをしない
・お料理の切り方や盛り付けが雑
・食事や健康に気をつかわない
・他者から見えるところだけきちんとする
(=自分は丁寧に扱われる資格がない)


・人への対応や言動が乱暴、又は雑

・夜更かし、寝坊、遅刻を繰り返す
・ルール、礼儀に従わない
・自分に似合うものより、年相応の服や髪型
(=自分はそんな程度の人間)


・仕事をしすぎる

・嫌と言えない
・我慢強い
(=自分は傷つけられても良い存在)

思い当たる事、ありますか?

 

自分を愛し、大切にすると言う事

まずは、無意識のうちに「自分なんか……」と自分を蔑み、雑に扱っている事に気が付きましょう。
その上で、上記のような自己卑下行動をやめましょう。

「自分は丁寧に大切に扱われる資格がある」から、自分だけは、自分を王様やお姫様のように扱うのです。
それは、「自分を愛する為にそうしなきゃ!」と、奴隷のように縛り付けるのとは違います。

「私は今、何をしたい?」とその時の自分の感覚を確認しながら行動を選びましょう。
どういう行動が自分を大切にする事か? ではなく、そこにある意識の問題だからです。

自分を甘やかしたい時もあれば、丁寧に扱いたい時もあるでしょう。
甘やかしっぱなしは結果的に自分をダメにしてしまうでしょうし、きちんとしすぎも疲れます。
挨拶も礼儀も、早寝早起きも、「するべき」ではなく、自分が大切だからするのです。

自分を雑に扱わず、「今はこれをしたい」と選ぶなら、それは全て自分を愛し、大切にする行動になるのだと私は思います。

あなたは愛されていい存在です。
ご自分だけは、どうかそれを忘れないでください。

参考
http://watamori323.blog.fc2.com/blog-entry-630.html

 

《わたもり さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/watamori/?c=88380