瞑想のお勧め 〜 自分自身の心と向き合う 〜 何事にも左右されない強い心を育てるには 〜

瞑想

去年の夏の日差しは何処へ行ってしまったのか。
少し肌寒いと感じる程、雨が多い夏となってしまいましたが、皆様いかがお過ごしでしょう。

こんな温暖の差が激しい時は体調を崩しがちです。
周囲の人たちの気持ちも落ち着かなくて、影響を受けて心が気疲れしたり、パワーダウンしがちです。

 

そんな時ほど瞑想がお勧めです。

ほんの数秒でも目を瞑って深呼吸すると、心が少しずつ落ち着いてきます。
忙しく歩いているのを一瞬立ち止まって目を瞑るだけでも、停滞していた気持ちが流れて気持ちを切り替えられます。

目を瞑って数分経つと、静かな空間を意識するようになり、感性が動き出してきます。
周囲の影響が少しずつ落ちてきて、本来の自分が戻ってきて、心強く感じられるでしょう。

瞑想

自分に優しくなれて、躊躇していた事柄が前に進むようになったりします。
心が穏やかになって、周囲の人たちが優しくなったり、心が繋がって思いが形あるものへと変わっていきます。

「心の中の整理が現実になっていく」というのは本当で、想像力を活かして将来の自分の姿を目に浮かべて整理すると、現実世界が変わっていくのです。

瞑想する時に、思いを出来るだけ詳細に思い浮かべて、心を整理してみます。
「誰が、何を、何時、何処で、するのか?」などを詳細に思い浮かべ、目に浮かべて観ます。
その時に、絵や文章にして書き留めておくのが大切です。

そんなふうに「映像で浮かんでくる物事」というのは、実は透視能力を使って浮かんでくる映像なのです。
これは本来、誰にでも備わっている能力で、練習さえすれば精度が高まっていくのです。

この透視能力をもっと精度を上げて、生活の中で使えるようにするためには、心の中の深いところにある「思い込み」や「雑念」を振り落として、自分の心を成長させる必要があります。
何事にも左右されない強い心を育てていくのです。

そのためには瞑想をして「自分自身の心と向き合う」という作業が欠かせません。
どんなに成長のスピードが遅くても、諦めないで、無理をしないで出来る範囲で出来るだけ続けていくのがコツなのです。

瞑想

 

癒しフェアTOKYOの有料講演(8月17日16時半〜)にて、「透視能力」のセミナーにて講師をさせて頂きます。

ご興味がありましたら、ぜひご参加ください。
セミナー詳細は、下記です。
よろしくお願いいたします。

 

・癒しフェアTOKYO 講演詳細
http://a-advice.com/tokyo_2019/guest/ueda-satoshi/

・シャスタヒーリングアカデミーHP
http://shastahealing.com/

 

《Rev.上田サトシの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/2014111106/?c=70427