アーユルヴェーダ体験記@南インド・ケララ 〜 一日の過ごし方 ~

南インドのケララ州で8日間のアーユルヴェーダを体験してきました。
今回でアーユルヴェーダ体験記最終話、現地での一日の過ごし方をご紹介します。

わたしの一日のスケジュールはこのような感じでした。

6:00 起床
7:00 ドクター面談+施術
9:30 朝食
10:15 ヨガクラス
11:00 プールサイドで読書
13:00 ランチ
14:30 プールサイドや部屋の前のハンモックで読書、ショッピングなど。
16:15 瞑想クラス
17:00 ビーチで読書や瞑想
19;30 ディナー
24:00 就寝

 

食事について

食事は、レストランで3食用意され、ベジタリアンのビュッフェでした。
8日間毎日毎食カレーで飽きて大変なのではという事前の予想を裏切り、毎食異なる料理が20種類ほど並び、そのうちカレーは1・2種類しかなく、ケララの郷土料理も並び、体に優しい味付けの野菜料理ばかりでした。
最後まで全く飽きることなく、思っていたよりもはるかに美味しかったです。
家にいるのと同じように過ごしてもらうために、毎食違う料理を作っているそうです。
フルーツやフレッシュジュースも新鮮で美味しかったです。

体質に合わせて料理を選ぶことができるように、それぞれの料理に『VATA』『PITTA』『KAPHA』と書かれたプレートが置いてあり、食材そのものも展示されていたので、料理名がわからなくても食材がわかるようになっていました。
また、グルテンと乳糖は明記されていたので、避けることができました。

なお、ビュッフェではなく、ドクターから勧められた特別メニューをオーダーすることも可能でしたし、ルームサービスも可能でしたが、結局毎食レストランに来てビュッフェ料理を食べました。

 

日中のプログラムについて

日中のプログラムとして、施術の他に、毎日ヨガ(初級・中級・上級)と瞑想(朝と夕方)がありました。

ヨガは久々でしたので初級クラスに参加しましたが、参加者のレベルに合わせて、ゆっくりじっくり呼吸を大切にしながらポーズすることが多く、個人的にはとても良かったです。
何年振りかのヨガでしたが、やっているうちに思い出して、なんとか動けるようになりました。
戻ってから自分でも太陽礼拝だけでもやろうと思っていたものの、すっかり日常に埋没して忘れておりました……。
これを書きながら、明日からやろうと決意してます。

瞑想クラスは30分で、呼吸を主体に、マントラを唱えたり、体から力を抜いて緩ませるよう誘導があり、静かで心地良い時間を過ごせました。

(ヨガセンター。ここでヨガも瞑想も行われました。)

 

ソマティーラムでの出会い

最初の2日間は、スタッフ以外とは殆ど誰とも話すことがなくて、気が滅入りそうでした。
でも、ここに友達を作りに来たわけではなくて浄化するために来たんだと思い直し、しっかり祈って浄化しようと決意を新たにしたところ、3日目の朝に日本人を見つけ、食事を共にすると、すっかり意気投合! なんと過去生で親子だったこともわかり、一緒に楽しく過ごすことができて、本当に貴重な出会いとなりました。

他の人たちとも日を重ねるにつれて顔見知りになり、アジア人はいないのでどこに行っても目立つようで、知り合いになると、「あなたヨガクラスに出ていたわね」「昨日は瞑想クラスにいなかったわね。今日は参加するの?」などと話すようになりました。

 

ソマティーラム周辺の環境について

ソマティーラムは、南インドで一番美しいビーチと言われるコバラムビーチのさらに南に位置していて、非常に安全な場所でした。

最初はホテルの外に出るのも危険じゃないかと心配でしたが、スタッフに聞くと全く問題ないとのこと。思いきって外に出てみると、本当にのどかで、スパイスやカレー粉や紅茶などの雑貨店やインド綿の洋服店、カシミヤショールや宝石の販売店などが立ち並んでました。
ただ、インド人は調子よく相手に合わせるので、時には平気で嘘をつかれることもあるので、ご注意を。(笑)

ソマティーラムのビーチはホテルの敷地の外なので、ほんのわずかな距離ですが外を歩きます。
ビーチはプライベートビーチになっていて、ライフガードがちゃんと見張っています。
物売りも来ますが、しつこくないので、いらないと言うとすぐに去っていきますし、ライフガードも注意してくれます。
アラビア海に面していて波はかなり高いので、泳ぐときはライフガードがすぐそばに来て見守ってくれます。
毎日のように、アラビア海に沈む美しい夕日を眺めていました。
ただ、日没後はライフガードがいなくなるので、物騒になるらしく、ひったくりもよくあるので早く帰るようにと促されました。

施術中は体がだるくなるので、あまり無理せずにソマティーラム周辺から出なかったため、インドに来たと言っては申し訳ないほど、美しくて安全なリゾート地だけの滞在でした。

ソマティーラムの周辺には、ヒンズー教の寺院だけでなく、キリスト教の教会も沢山あり、イスラムのモスクもあるそうです。
最近のわたしのテーマは祈りなのですが、思いがけず、朝から晩まで様々な宗教の祈りの歌や声が聞こえて祈りが日常に溶け込んでいる環境でしたので、体が元気になっただけでなく、祈りと共に過ごせた旅となりました。

 

ソウル・セラピーHP:http://www.soul-therapy.jp

 

《上田 佳穂 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/ueda-kaho/?c=92574