この世に甦る古代ハワイの霊たち、 「ナイトマーチャー」の恐怖の行進!

日本でも「怪談」の季節がやってきました。実はハワイにも日本の怪談のような、怖い言い伝えがたくさん存在しています。そんな中でも古代の戦士たちが夜中に街中を行進するという「ナイトマーチャー」は、実際に見たり聞いたりした人も多く存在するのです。

ハワイにも、多くの怪談話が存在しています。そのほとんどは、かつてその土地に住んでいたハワイアンたちの霊が、夜になると色々な音を出したり、物を動かしたりして、現在の住人に自分たちの存在をもっと敬うようにと警告してくるようなものが多いのです。

そんな中でも古代ハワイの戦士による夜の行進「ナイトマーチャー」は、今でもハワイの人々に非常に恐れられている怪談です。

なぜ恐れられているかといえば、そのナイトマーチャーをもし、目撃してしまったら、ナイトマーチャーに命を奪われると信じられているからです。

 

ナイトマーチャーとは

ナイトマーチャーとは、古代に亡くなったハワイの酋長たちが、自分の家来の戦士や祈祷師であるカフナを引き連れて、ハワイの四大神のひとりで、生命の神「カネ神」にちなんだ神聖な夜、陰暦の毎月27日の夜に行進することなのです。

ナイトマーチャーは、神聖な王族を守るために、自分たちの影が見えないようにひそかに夜に行進します。

ナイトマーチャーがやって来ると、どこからともなくホラ貝を吹く音や太鼓の音、人々の行進する音が聞こえてくると共に、松明の灯りがチラチラと見え隠れすると言われています。

本来、このナイトマーチャーは神聖なものであり、一般人が目にすべきものではないのです。

もし一般人がこのナイトマーチャーに出会ってしまったら、見た人も殺されてこの行進に加えられてしまうとされています。

ただし、もしこのナイトマーチャーの中にその人の先祖がいたら、命は助けられるのだそうです。

もしナイトマーチャーに出会ってしまったら、とにかく見ないようにして、全速力で逃げることです。

万一見てしまったら、服を脱ぎ捨て、その場でひれ伏し、ナイトマーチャーが通り過ぎるまで決して顔を上げず、息も殺してじっとしていれば、助かると言われています。

 

ナイトマーチャーの出没地区

ナイトマーチャーは、いつも同じ場所を行進しているようですが、やはりスピリチュアル的に濃いと言われる場所には、もれなく出没するようです。

オアフ島であれば観光でも必ず立ち寄る、強風で有名なヌウアウ・パリ展望台やダウンタウンのヌウアヌ通り、カワイアハオ教会付近、ジュラシック・パークの映画撮影地で有名なクアロア牧場付近、ノースショアのライエ地区、オアフ島の西の端、カエナ岬などです。

このほか、カメハメハ大王の故郷であるハワイ島のコハラ・コーストやモロカイ島のカウナカカイなど、戦場跡やヘイアウ(古代ハワイアの神殿)がある場所などは、ほぼナイトマーチャーたちの出没地となっているようです。

 

実際にナイトマーチャーに出会った人たち

私の友人が、かつてオアフ島のダウンタウンのヌウアヌ通りにあるコンドミニアムに住んでいました。

彼曰く、そこに引っ越しをしてしばらくすると、夜中過ぎに太鼓の音や人の足音が聞こえてきて、いったい何事かと思いつつも怖いので、ベッドの中でしっかりと目をつむって布団をかぶっていたそうです。

するとその行進の音はだんだんと大きくなり、やがて彼の部屋の中に入ってきて、なんと寝ている彼を踏みつけて歩いていったのだそうです。

にわかに信じがたい話だったのですが、その後三回もこの友達は、同じようにナイトマーチャーに夜中に踏みつけられ、あまりの怖さにその後すぐに引っ越しをしたのでした。

その後、その地域に詳しい人に聞いてみたところ、そのコンドミニアムのある場所は、昔からナイトマーチャーの通り道だったことがわかったのでした。

中には、ナイトマーチャーの通り道で夜に清掃作業をしていた女性が、ナイトマーチャーと出くわしてしまい、不幸にも翌日亡くなったという実話もあります。

私自身も一度、オアフ島のカイムキ地区のはずれに住んでいた時、夜中過ぎに太鼓を叩く音と行進する足音、それと何かを唱えるような声が延々と聞こえてきたのでした。

どうやらその一行はもうひとつ先の通りを歩いて行ったようでしたが、翌朝近所の人に聞いてみたところ、やはりその通りはナイトマーチャーの通り道だったと教えられたのでした。

実際に体験してみないと信じ難い話ではありますが、しかし怖いもの見たさにちょっとだけでもナイトマーチャーを垣間見ようとは、決して思わないようにしましょう。古代ハワイのスピリットたちは、あなたが思う以上にパワフルだからです。

ホームページ:https://tarotreiko.amebaownd.com

 

《伊庭野れい子(いばのれいこ) さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/tarotreiko/?c=153236