親子関係はほっといたら勝手に解決します。〜マインドを整えることが大切

親子関係」って、その人の根本に関わる問題です。

トリニティ読者のみなさま、こんにちは! TAKAOです。

隔週で土曜日に配信しております。

「魂」からのメッセージである「感性」を感じることをいつもお伝えしています。

そのためには、『「感性」を感じるために、心を整えよう〜マインドを整える方法とは〜』に書いたように、マインドを整えることが大切です。

では、その「マインド」について、たくさんの人が悩んでいる「親子関係」について今日は書きますね。

 

「親子関係」ってかなり根深い問題です。

心理学でも、もともとはすべての精神疾患は親子関係に原因があると言われていました。

それぐらい親子関係って、その人の根底に関わることですので、大きな影響を与えています。

だから、たくさんのカウンセリングでも「親子関係」を変えましょう! 解決しましょう!

ということを話しています。

 

「親子関係」は無視することから始めましょう!

かくいう僕も、『「やりたいこと」がわからないのは「親子関係」に問題がある!』

と言われて、それは必死で親子関係を改善しようとしていました。

当時の僕は「言いたいことが言えない」という自分の癖で悩んでいて、

それは、「父親に言いたいことが言えなかった関係性が問題だ」とコーチングで指摘されたんですね。
良ければプロフィールをご覧ください。

だから、父親を説得しようとしたり、手紙を何通も書いて自分のことをわかって貰おうとしたり、めちゃくちゃ頑張りました。

しかし、父親は全然僕のことを理解しようとしませんでした。

むしろ、やればやるほど関係性は悪化していきました。

当時はかなり困ったのを覚えています。

その時、もともと好きだったスピリチュアルも学ぶようになっており、

これって、「問題にフォーカスしていないか?」と思うようになったんです。

 

そして今度は親子関係を気にしないことに力を入れるようになりました。

大阪の実家を出て、埼玉に住んでカウンセラーのスタッフや、セミナー企画など
自分の好きだった「場を作る」ことをしていきました。

両親には物凄く反対され、電話するごとに小言を言われましたが、とにかく無視して気にしないように努めました。

そうすると、今まで、どんなことをしても理解しようとしなかった両親が自然と変わり始めたんですね。

実家を出てから3年程経ちましたが、今では、僕の取り組みを応援してくれております。

 

僕のように「親子関係」が変わらなくて困っている方はたくさんいます。

先ほども述べましたが「親子関係」って、その人の根本に関わる問題です。
だから、「なんとかしないと!」と考えている人はたくさんいると思います。

ですが、

「問題を変えないと……!」と必死になればなるほど、

「私は、親子関係に問題がある」という現実にフォーカスを当てることになるんですよね。

 

現実は、自分がフォーカスを当てているものに反映されます。

ですので、フォーカスを当てたままにしていると、どんなことをしても問題は現実のままです。

だから、「親子問題」に悩んでいる人、まずは「無視する・ほっておく」ということを考えてみてくださいね。

それでは、良い週末を!

【TAKAOのブログ】
https://takao-spiritual.com/

 

《TAKAO(三浦隆雄) さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/takao-spiritual/?c=150671