やりたいことをするには! これが簡単!!〜やりたいことがなかなかできないと感じるあなたに〜

やりたいこと

「さあ、いますぐ始めよう」

あれをやりたいのになかなか始められない。
踏み出せずにいるとき、
頭の中でどんな会話が進んでいるのか!?

耳を傾けてみてください。
きっと、できない言い訳をしていますよね。
その会話にのめり込む前に、まずは自分が考えていることに気づくことが大切です。
これがスタートです。
そして、とっても簡単な方法で1歩を踏み出す準備が整います。
それは「目的地に旗を立てること」なのです。
さあ、いますぐ始めよう。

 

「やりたいことをやる! のは、車を運転するときと同じです」

「目的地に旗を立てること」とは、車の運転と同じです。
どこかへ「行く」目的があるから車に乗り込むと思います。
向かう先がなく車の運転をすることは、普通はないと思いますが、
たまに、時間の調整をする必要があって、
それじゃあ周辺を散策してみようと車を走らせるとき、
まっすぐか曲がるかと、ふらふらした運転になることを
あなたも経験があると思います。
行くあてがなく走るときは、アクセルもブレーキも中途半馬です。
あの辺を走ろうか! と、ちょっとした目的もない時にはなおさら、
何か面白そうなものはないかなあ!? と、キョロキョロすると、
注意があちらこちらに散らばって、
気持ちの悪い運転になってしまいます。

運転をする人なら経験があると思います。
それと同じです。
「目的地に旗を立てる」とは、隣町のスーパーに行くと決めることと同じです。
隣町のスーパーに行くと決めて車に乗り込んだなら、
身体はスムーズに、隣町のスーパーに向かって運転をしだすはずです。
ましてや今度は自宅に帰ると言う時には、
何も考えなくても、意識も体も自然に一体化して、自宅に向かっていくと思います。
「目的地に旗を立てる」ことは、車を運転するときと同じです。
「やりたいことをする」ことは、車を運転するときと同じなのです。

やりたいこと

 

「大切なのは目的地に旗を立てる! つまりポイント地点を決めることです」

車の運転は「目的地」が必要です。
目的地を心に定めたら、そのポイント地点に向かって
どの道を行くかな〜と選ぶだけです。
「行けないかもしれない」
「私には無理かもしれない」
「私には難しすぎるかもしれない」
そうしたことを考えることなく、
ただ、車をスタートさせるはずです。
大切なのはポイント地点を決めることです。

 

「夢を叶えたい! 幸せになりたい! ならこれをします」

行く先のポイント地点に旗を立てると言うのは、
夢を描くとき、叶っているビジョンがポイント地点になります。
幸せになりたいなら。自分にとっての幸せをポイント地点として描くことです。
例えば、夢が叶ったらいいな、幸せになりたいな、と思いながら
ポイント地点を持っていない時、
先ほどのさまよう車の運転と同じになります。
注意を向けるものがあちこちあって定まらず、
結局どこにも行けず走り回ってしまうことに似ています。
夢を叶えたい! 幸せになりたい! なら、望むビジョンに旗を立ててください。

やりたいこと

 

「あなたの毎日に、たくさんの祝福が舞い込みます。」

隣町のスーパーにポイント地点を持つときは、それが難しいこととは思わないはずです。
それが、夢を叶える! になると、難しい、大変、などとなぜかハードルが上がります。
夢を叶えるポイント地点の場合も、隣町のスーパーに行くのと同じように、
ただ、ポイント地点とだけするのです。
そうすると、あなたの考えとあなたの身体が自然に一体化して
ポイント地点へとスムーズに動き出していくのです。
力を入れず、リラックスして目的地にポイントの旗を立ててください。
あなたの毎日に舞い込む、たくさんの祝福を楽しんでください。

 

 

《高見澤 幸子さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/takamizawa-sachiko/?c=96423