〜マインドフルネス瞑想で1億円級の若返りができる!?〜感情美人への道Vol.124

心理面だけでなく身体面でも様々なメリットがあるマインドフルネス瞑想。 なんと「若返り」にも効果があるそうです。
マインドフルネス

若返りの肝・「テロメア」とは

この記事を読んでいる皆様の中にも、若返りに興味を持つ方は多いと思います。
レーザー治療からボトックツ注入まで世の中色々なアンチエイジング施術が溢れていますが、今回はその中で「テロメア」という言葉をキーワードにアンチエイジングを考察したいと思います。

「テロメア」とは、染色体の中にあり寿命を司る遺伝子で、年齢を重ねるたびに短くなっていくため「命の回数券」とも呼ばれています。
そして一度短くなったテロメアは、二度と伸びることはありません。

でも、最新の遺伝子治療を使うとこの「テロメア」を再び伸ばすことが可能だそう。
実際米国のある女性は南米でこの治療を受け、見た目の若返りだけでなく筋肉量の増加も見られました(ただし、お値段は1億円以上)。
この女性、なぜわざわざ南米で受けたかと言うと、テロメアを伸ばす遺伝子治療はガンの発生リスクを高めるため、先進国ではこの治療が認可されていないからです。

マインドフルネス

 

1億円の治療と同等のものがタダでできる?

そう聞くと、「若く美しくはありたいけれど、そんな高額な費用を払って、しかもガン発生のリスクを抱えてまでテロメアを伸ばしたくない」と思ってしまいますよね。

ところが近年、リスクを冒し、かつ大金を払わなければ実現不可能と思われていた「テロメア伸ばし」が、「誰でも簡単にできる!」と主張する人が現れました。

米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校の教授、エリッサ・エペル教授です。
この大学はノーベル賞の研究者が4名も在籍する世界でもトップクラスの大学で、エペル教授は同校に在籍するノーベル賞を受賞したエリザベス・ブラックバーン教授と共著で『テロメアイフェクト』という本を2017年に発売。
エイジングとテロメアの関係性を扱った同書は、全米でベストセラーとなりました。

では、「誰でもタダでできる方法」とは、一体なんでしょう?

それが、「マインドフルネス瞑想」です。

この話を初めて聞いた時、正直びっくりしました。
というのも、私もずっとUCLA(米カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校)の授業でマインドフルネスを勉強しているのですが、アンチエイジングに関してはほとんど授業で触れていなかったからです(おそらく教授のカラーの違いでしょうね……)。

 

なぜマインドフルネス瞑想が若返りにつながるのか?

しかし、UCLAでも教授がこんな話をした事があります。
「長年瞑想の修行をしているお坊さんの脳は、大脳新皮質(理性を司る脳の領域)が尖減しない」と。
教授は見た目のアンチエイジングというより、ボケ防止のアンチエイジングの延長で話をしたのだと思います。

実際瞑想を正しく行うと、脳の活動部位が替わり、脳の各部位の大きささえ変化します。
そして体の免疫システム等も薬を投与する以上に改善するケースもあるのです。

マインドフルネス

それを今回の「見た目のアンチエイジング」につなげるには、どんな理論が必要なのでしょう。

エペル教授はこう説明します。

「一番の問題は、慢性的なストレスです。皆さんストレスを感じるとどうなりますか? 動悸がしたり体に力が入ったり、よく言われる闘争・逃走反応が起きますよね。これについては何度も聞いているはず。実は、ストレスを感じるとストレスが細胞の中に入り込んで、何百という大切な生物学的プロセスを変えてしまうんです。この中には、もちろんエイジングも含まれます」

さらに、「ストレスの『何が』特に問題」なのか見て行きましょう。

「慢性的なストレスの大元は、自分の思考が過去や未来に吹っ飛んでしまう『マインドワンダリング』という状態が続く事です。
つまり、意識を『今』に集中させれば、ストレスの元となる多くの思考の歪みを防ぐことができます」

ここで、「マインドフルネス瞑想」が出てくる訳です。
実は、マインドフルネス瞑想にも色々な段階があります。
呼吸やろうそくの炎など、ある特定のものに意識を集中していく「集中瞑想」。
心に思い浮かぶ事を観察して見送る「観察瞑想」。
さらに自分の意識を「内から外」へ広げて行く応用編の瞑想です。

エペル教授いわく、テロメアにいい影響を与えるには数分程度の瞑想で大丈夫とのこと(これは私の個人的な意見ですが、正直「数分」では足りないと思います。
というのも、多くの治験データを見ると、被験者は1回につき20分は瞑想を行っているからです。
ですので、個人的には20分程度が良いと感じています)。

エペル教授は、瞑想とアンチエイジングに関するデータも紹介しています。
カリフォルニア州立大学デービス校の実験では、被験者に3ヶ月の瞑想をしてもらった所、細胞のエイジングがゆっくりになったそうです。

もちろん、アンチエイジングには瞑想だけではなく食事等も大切な要素のひとつです。
ただ、「自分の意識を上手にコントロールする」だけでテロメアに良い影響を与えられるとしたら、試してみる価値はあるのではないでしょうか。

こちらのTEDの動画(英語)では、模型を使いながらテロメアについて説明しているので、ご興味のある方はご覧になってみて下さい。
https://www.tedmed.com/talks/show?id=7252

 

参考資料
「レディース有吉 世界の異常に若過ぎる美女7人 禁断の若返り術(2019年4月8日放送分)」
TEDプレゼンテーション https://www.tedmed.com/talks/show?id=7252

 

《柊 りおんさんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/2012102201/?c=17188