『幸せになる許可を出せているか知る質問』〜今の状況を客観的に把握するには

あくまで傾向なので、これが全てではありませんが、セッションを続けてきた中で、クライアントが「幸せになる」ことを自ら妨げているある要素がある事に気付きました

幸せになりたい

はっきりと意識したことはなくても、誰もが願っていることだと思います

けれども「幸せになりたい」とはっきりと意識していても満足できる結果が中々でないことに悩んでいる方が多いのも事実

これをお読みのあなたがもしもそんな風に感じていらっしゃるなら、今の状況を客観的に把握するために、次の質問に答えてみて下さい

「今、あなたはお腹がいっぱいです。どんな気分ですか?」

今まで聞いた答えには
もうたくさん、気持ち悪い
吐きそうで苦しい、居心地が悪い
一杯になる前に止めておけばよかった
というネガティブな感想もあれば

満足でいい気分
満たせれて安心
気持ち良くて眠い
というポジティブな感想もありました

 

さて、この質問で何がわかるのでしょう?

それは、「満たされる」ということに対してあなたが抱いているイメージ

つまり、ネガティブな感想を持った方は、ご自分が満たされた状態に置かれた時に「気持ちが悪い」「苦しい」「居心地が悪い」「止めておけばよかった」と感じ
ポジティブな感想を持った方は、満たされた状態を「良い気分」「安心」「気持ち良くて眠くなる」と感じるのです

あくまで傾向なので、これが全てではありませんが、セッションを続けてきた中で、クライアントが「幸せになる」ことを自ら妨げているある要素がある事に気付きました
もちろん無意識ですから、「幸せにならないようにしている」と指摘してもご本人は否定します。

ところが「満たされる」ことに対するイメージを答えて頂くと、「幸せで満たされた状態」をどう感じているかをクライアント自身にも客観的に見て頂くことができるので、状況を把握するための参考にすることが出来るので、そこで改めて今まで無意識に幸せになることを避けてきたクライアント自身が「幸せになっても良い」と自分自身に許可するスタート地点に立つことができるのです

 

幸せを避ける、あるいは幸せになることを恐れる原因は

自分自身に対する無価値観、状況をコントロールできないことに対する恐怖、満たされること自体に対する恐怖など様々ですが、無意識に握りしめてきた自分の中にあるそれらの前提が変わらない限り、結婚しても、社会的に成功しても、必ず「満たされることを避ける」選択と行動を繰り返してしまいます

クリアリングとは、現状をクリアにしていくこと。
セルフでは書く事、セラピストとは話すことで不要なものを整理しながら「放す」作業です

セルフで行うことのメリットは、いつでも何度でも無制限で行うことが出来る点。
脳内で考えている段階からノートや端末のメモに書きだすと、物理的に自分の中から現実世界に物質化させることになるので、一段階自分自身から距離を置くことができ「手放す」ことに繋がります

しかし、誰にでも価値観や経験から作られたストコーマ(盲点)があるため、いつでも同じところでグルグルと回ってしまうような問題には、セラピストの手を借りるのも1つの方法です

 

ブログ 今いる場所で違う風景を見よう! http://ameblo.jp/lotofago/

 

《鍼灸師puamanaさんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/shinkyuushipuamana%EF%BC%89/?c=17768