背中やアゴのニキビは女性ホルモンバランスの乱れのサイン!? ニキビがきれいになるにはストレスケアがカギ!

ニキビ

背中やアゴ、胸元にニキビができてしまうことはありますか?

ニキビがなかなか消えなくて困っているということもありますよね。

背中やフェイスラインのアゴまわり、胸元にできるニキビは、男性ホルモンのはたらきが活発化するとできやすいって知っていましたか?

女性の体内では女性ホルモンが出ていますが、わずかながら女性の卵巣や副腎で男性ホルモンも作られています。

過度なストレス状態になると、女性ホルモンのバランスがくずれやすくなるうえに、男性ホルモンが多く出てしまうことがわかっています。

男性ホルモンの量が増えてしまうと、いわゆる男性のヒゲや体毛が濃い部分、アゴや胸、背中などの皮脂分泌が多い部分に男性ホルモンが強く作用してしまい、ニキビができやすくなってしまうのです。

あなたの背中やアゴ、胸元にニキビができやすくなっていたら、それは男性ホルモンの作用が大きくなっていて女性ホルモンのバランスが乱れているサインでもあるのです。

ニキビというと肌のケアが思いつくかもしれませんが、女性ホルモンのバランスが乱れて男性ホルモンの作用が強くなるのは、ストレスがかかった状態が続いてしまっていることからきているので、ストレスのケアもしたほうが背中やアゴ、胸元のニキビがきれいになるためのケアになります。

いくら肌のケアばかりしても、ストレス状態が続いていると、ニキビも治りにくくなってしまうのです。

 

ゆったりする時間と深呼吸のストレスケアでニキビ肌がきれいに

ニキビ

ストレスのケアといっても忙しいとなかなかできないかもしれませんが、
深呼吸をゆっくりするだけでも、体がリラックス状態になることがわかっていて、ストレスのケアになります。

1日30分くらいはなにもしない時間を作って、深呼吸をゆっくりしながら携帯電話などをいじらずにボーっとするゆったりした時間を作ってみましょう。

ゆったりした時間を30分作るのがむずかしいときには、寝る前の5分や10分だけでもいいので、携帯電話はいじらず電気を消して深呼吸をゆっくりしてみるといいです。

いろいろ考えてしまってボーっとしづらいときには、深呼吸している自分の呼吸に意識を集中させるとリラックス効果がでやすくなります。

ストレスのケアをして女性ホルモンのバランスがよくなれば、男性ホルモンの作用もおさまってニキビもできにくくなり、あなたの肌もきれいになっていくのです。

 

ニキビができた部分は丁寧に洗って清潔に

ニキビ

お風呂でニキビができた部分をゴシゴシこすって洗ってしまうと、かえってひどくなることがあります。

石けんなどはしっかり泡立てたほうが洗浄する効果が高いので、しっかりと泡立ててから丁寧にやさしく洗いましょう。

石けんが残ってしまうと刺激になってしまいますから、しっかりシャワーですすぐことも大切です。

また、髪に使うシャンプーやリンスなどが背中に流れて、それが刺激になり背中ニキビが治りにくくなることもあります。

髪を洗ったあとは、しっかりと背中にシャワーを流してシャンプーやリンスなどをすすぎましょう。

ニキビが気になるからといってさわってしまうと刺激になってかえって悪化するので、アゴや胸元のニキビはさわらないようにすることもきれいな肌になるためのカギです。

背中やアゴのニキビがきれいになって女性ホルモンのバランスもよくなったらうれしくありませんか?

 

参考・松村圭子著:女性ホルモンがつくる、キレイの秘密

 

《保健師 めぐみさんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/nurse%EF%BD%B0megumi/?c=113328