お尻がつぶれるだけじゃない! 下着で女性ホルモンのバランスが⁉︎ プレ更年期が早くこないための下着術

下着を見直すだけでも体の冷えの改善になり、女性ホルモンの活性化につながります。

「最近、下着がきつくなったような……」
「下着が緩んできた気がするけどもう少しだけ……」
といったことはありませんか?

35歳以上になると、20代の頃の体重をキープするのがむずかしく、体型がくずれやすくなって、下着がきつくなったり、バストやお尻の形がくずれてはみ出しやすくなったりします。
「下半身の体型が気になるからガードルをはいている」という30代女性も出てきますよね。

ところが、きつくなったり、形が合わなくなったりしてゆるんだ下着を使っていると、胸まわりやお尻、お腹まわりの血液の流れが悪くなってしまうため、女性ホルモンのバランスのくずれにつながります。

女性ホルモンは足の付け根あたりにある卵巣から出ていますから、
きつくなったショーツを使い続けていると、足の付け根にあるリンパや血液の流れが悪くなり、卵巣に栄養や酸素を運んでいる血流も悪くなって卵巣が冷えて弱ってしまうのです。

卵巣の位置

卵巣が冷えで弱ってしまうと女性ホルモンをうまくだせなくなったり、女性ホルモンのはたらきそものが弱まってしまい生理のトラブルも出やすいですし、更年期と似たプレ更年期の症状も出やすくなって体が老けてしまいます。

 

30代でもつらいプレ更年期の症状が‼︎

30代はまだ更年期になる年齢ではないのですが、体の冷えで女性ホルモンのはたらきが弱まってしまっていると、

「いきなり顔がほてって汗がふき出す」

「生理の周期が短くなったり長くなったりしょっしゅう乱れる」

「抜け毛や白髪が増えてきた」

「頭痛やイライラが前よりひどい」

といった、更年期の症状に似たプレ更年期の症状が出てきてつらい思いをしてしまうことも。

私に届く相談でも、まだ30代でプレ更年期の症状がでていて悩んでいる女性からの相談が予想以上に多くて驚いています。

といっても、ふだんの生活のストレスや、不規則な生活、寝不足、食生活の乱れ、運動不足による体の冷えなどから、一時的に卵巣も冷えて弱っていることが多いので、
卵巣がポカポカあたたまるようなことをしていくと、弱っていた卵巣も元気になり、つらいプレ更年期の症状も楽になる女性が多い
です。

 

あなたは自分の体型に下着が合っているかチェックしていますか?

体が冷えて女性ホルモンを出している卵巣が冷える原因でよくあるのが、
体型に合わないブラジャーやショーツ、ガードルなどの下着をつけていること。

下着が体型に合っているかどうかって意外とこまめにチェックしていないものです。

よくよく見ると、
「ブラジャーのどこかから肉がはみでている」
「ショーツからお尻がはみ出ている」
「長く使っているブラジャーがゆるんで形がくずれている」
「ショーツがゆるゆるになっている」
など、

「いつの間にか、いつもの下着が体型に合っていないのにそのまま使っている……」
ということになっています。

 

あなたは心当たりがありますか?

「ちょっときつくなったかな?」と思ってもそのまま使ってしまうこともありますよね。

しかし、「ちょっときつくなってきた」「肉がはみ出ている」といったブラジャーやショーツは体を締め付けている状態になり、血液の流れを悪くして体を冷やす原因になります。

足の付け根には女性ホルモンを出している卵巣もありますから卵巣も冷えてしまい、女性ホルモンのはたらきが弱まってしまってプレ更年期の症状が出やすくなることにもなってこわいのです。

とくに、ショーツは足の付け根にある老廃物を流すリンパも圧迫しやすいので、
きついショーツを使い続けるのはNG!

さらには、きついショーツはお尻の形をつぶしてしまうため、ますます形が悪くなりますし、お尻がつぶれて離れて広がってしまい、見た目もぼってりとして残念なことになります。

きついブラジャーを使い続けるのも、胸の形をつぶしてしまいますし、つぶれて広がった胸がはなれてしまって胸の谷間がなくなることにもなってしまいます。

きついショーツとブラジャーを使い続けているのって見た目の体型も老けてしまいますし、卵巣を冷やして女性ホルモンのはたらきも弱らせてしまうことになるのです。

 

ゆるくなった下着で見た目の体型が老ける‼︎

下着を使い続けているとゆるくなってきてしまいますが、
ゆるくなっている下着を使い続けるのも見た目の体型が老けます。

ゆるいブラジャーは、胸のおさまりが悪くなり胸がたれる原因に。
ゆるいショーツは、股がこすれてしまいがちになって股が黒ずむ原因にもなるそうです。

下着1つで見た目の体型が老けてしまって、女性ホルモンのはたらきが弱まってプレ更年期の症状が出ることになったら悲しいですよね。

下着が体型に合っているかは3か月ごとにチェックが理想!

下着は使い続ければゆるくなってしまうものなので、定期的に体型に合っているかチェックしましょう。
ゆるんだブラジャーやショーツは早めに取り換えてください。

ブラジャーやショーツを脱いだときに下着のラインの跡が残るようならきつくなっているサインです。

きつくなったブラジャーやショーツもサイズを見直して買い替えましょう。

とくに、生理中はきついブラジャーやショーツ、ガードルを使っているのは体調が悪くなる原因になります。
生理中に体が冷えて体調が悪くなりやすいときは、きついガードルをはくのは休んでブラジャーやショーツのサイズも見直しましょう

下着を見直すだけでも体の冷えの改善になり、女性ホルモンの活性化につながります。

プレ更年期の症状でつらい思いをするよりも、女性ホルモンのパワーで若々しくイキイキと過ごせたらうれしくありませんか?

 

《保健師 めぐみさんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/nurse%EF%BD%B0megumi/?c=113328