一度は結婚しておこうと思った時に、してもいい相手としない方がいい相手 ~相手が自分の嫌な過去に執着しているかどうかを見るとわかりやすい~

結婚

こんにちは。
mikaです。

今回は「一度くらい結婚しといても?」という感じで結婚を考えられてる人に適した考え方です。

なので、お互いが大好きでゴールインされる方の参考にはなりません。

周りから「そろそろ結婚したら?」と言われ、自分でも一回くらいしといてもいいかなぁ? という感じの人はいませんか?

 

— なら、相手のここを見る —

おそらく「一度くらいした方が……」と考えてる結婚は深い愛情の結果の結婚ではなく、自分の状況を考慮して決めかねている結婚だと思います。

相手からプロポーズされてもイマイチ実感が湧かず……

独身生活を手放すのも惜しい気がし、結婚生活をやっていく自分もあまり想像できない。

でも「とりあえずしてみようかな」と思われてるなら、冷静に相手のここを見てみて下さい。

見るところは……

その人が自分の過去の嫌な出来事に今も拘り続けているかどうかです。

結婚

 

— 過去に拘っている人は執着心が強い —

何か嫌なことがあるたびに、自分の過去の嫌なことを引っ張り出して話す人はそれを手放すことをしない人が多く、人にも執着しやすいので別れる時が大変になる可能性が高くなります(多数の心理学・行動学の本より)

「嫌ならリセットしようと」という気持ちを含み結婚しても、重い別れや最悪別れてもらえないという事態になるかもしれません。

 

— 結婚をそういう気持ちでしようと思うなら —

別れがこじれたら、もしくはリセットできなければ、それは自分の動機と見合わないことはないですか?

その時、きっとあなたはこう思うはず……

「結婚しなければ良かった」と。

そうならない為にも自分がそういう気持ちで結婚するならば、相手はリセットしやすい相手を選ぶ。

それがベスト

だって、自分がいつ別れたくなるかわからないんですから。

結婚

 

— 結婚というもの —

結婚は自分とは違う人の人生の半分を一緒に背負うということ

「一度くらい……」という気持ちなら、それはとても背負いきれるものではないのです。

それでも「一度はしたい」と思われるなら、参考にしてみて下さいね。

 

アメブロ
猫と癌と諸々と。。 


『癌と闘わない 私の選択』
電子書籍 700円

 

《mika さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/mika_y/?c=157365