サイマーさんのレセプションパーティーに参加してきました。

サイマー

4月8日の夜に、自由が丘のサイマーカフェにて開催された、サイマーさんのレセプションパーティーにお邪魔してきました。

実は、以前もサイマーさんのダルジャンに参加した時も、お誘いいただき、突然のことではありましたが、都合よく時間が取れる、という状況にあり、なんとなく導かれてこの機会を与えられているのかも? と思えるような感じが今回もしていました。

今回は、その時から考えると、かなり久しぶりにお会いできるので、とても楽しみでした。
あいにく雨が降っていたのですが、これも浄化の雨かもしれないと思ったりして、雨も楽しみながらカフェへ向かいました。

カフェはギザのピラミッドのエネルギー

カフェに到着すると、なんだか体がホカホカするような感じで、柔らかいエネルギーに包まれている感覚がありました。

後で説明があったので、なるほど、と納得したのですが、カフェの壁が、ギザのピラミッドと繋がっていて、この空間にそのエネルギーを満たしているんだそうです。
実際にエネルギーワークのやり方も教えてくださいました。

壁に両手をついてエネルギーを感じ、その後、胸の前で手を向かい合わせて、その円を少しずつ大きくしていくと、そのエネルギーも拡大していく、というような方法もサイマーさんが直接披露してくださいました。

カフェではちょっとしたフィンガーフードが並べられていましたが、ベジタリアンや健康に気を遣ったお店のメニューというのがとても表れていて、普通には見られない食材が沢山使われていました。

この辺りのこだわりもサイマーカフェの特色でしょう。
どのメニューも美味しく頂きました。

 

サイマーさんのエネルギー

いよいよサイマーさんが登場、という時に、全員の期待が高まり、エネルギーもまた高まっているのがわかります。
エントランスから現れたサイマーさんは、白の衣装に、白い帽子をかぶった姿は、以前にダルジャンでお会いしたサイマーさんとも全く違っているようでした。

サイマー

上着の下には、真っ赤なドレスで、彼女から溢れる愛がそのまま色になっているようにすら感じられました。

後でサイマーさんのグループの方に伺いましたが、サイマーさんのエネルギーも年々どんどんと増していて、今まさに最高潮にパワフルになっているとのことでした。

サイマーさんと言えば、女性でも初の「ジャガットグル」の称号を持ち、他にも様々な称号を持っている方です。
今年の2月にはインドでの「クンバメーラ」(カルマを浄化させ、人類の意識の進化を促す祭典)にも参加して来たばかりとのこと。

この時、インドの男性たちが威嚇して来たそうですが、これに、サイマーさんは、女性的な振る舞いで、サイマーさんのグループのメンバーの安全を確保し、男性たちに対抗することなくサラッと受け流したのだそうです。

彼女の最も大きい役割が「女性としての光」という存在だと思います。
今までの、女性が「女性である」ということを誇示しなくてはいけない時代ではなくなったのだと思います。

もっと、「女性が女性であるというだけでその存在が放つ光で、世界を導いていく」のがサイマーさんのやり方のように感じました。

このクンバメーラでの出来事も、どういう行動を取って行けば良いのかを示しているように思えました。

以前のダルジャンの時は、もっと威厳に満ちた、強い戦う女性のようなイメージを受けたサイマーさんのエネルギーは、この日は全く違っていて、柔らかく包み込むような優しい感覚が強くなっているように感じました。

カフェでは、「フラワーオフライフ」の幾何学模様のカードを直接頂きましたが、手の上に乗せた途端にビリビリと感じるくらいパワフルな物でした。

 

サイマーさんの人生

モーリシャス島に生まれ、フランスに渡り、普通に子育てもしたサイマーさんが、サイババさんと出会います。

サイババさんも女性のグルが現れるのをずっと求めていたところ、サイマーさんが現れて、ようやくその時代が来た、と今までの常識がどんどんと覆されることがあったそうです。

本来、ジャガットグルという称号も、普通であれば、男性のそれも80歳や90歳代の方がようやく与えられるものなのだそうです。

ジャガットグル以外にも、沢山の称号を持つサイマーさんは、特に女性に光を、力を与えるために力を注いでいます。

「偉大なる自己へと戻る」というのが、サイマーさんの大きなテーマになっています。

サイマー

 

ワークはなんと今後は日本だけ

情報として、今までは、全世界で教えていたそうですが、今後は日本だけでワークショップを続けて行くことをサイマーさんは宣言しているそうです。

サイマーさんを日本に導いてくれた存在として、空海を挙げていました。
日本に来ると、必ず高野山に行くのだそうです。

空海と繋がって、日本に繋がりを感じているサイマーさんは、日本がとても大事な時期にあると認識していて、さらに光を伝えるために彼女の愛に満ちたワークがこれから開催されることでしょう。

今までは、英語だけのワークだったものが、日本語の通訳がちゃんと入ってのワークになるそうです。
これからの癒しのジャーニーが日本にも広がっていくことになるのでしょう。
楽しみですね。

また、今年の夏の癒しフェアでは、初公演も予定されています。
8/17、8/18と足を運んでみてはいかがでしょうか?
きっとサイマーさんの愛の光に包まれたエネルギーに癒されることでしょう。

 

《MICHAEL Yuki(ミカエル・ユキ) さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/michael-yuki/?c=5203