お盆の後に仕事運を上げる秘密 〜 魂が皮を剥いたゆで卵のようになっている時期をどう過ごすのか〜

お盆

【お盆とは】

お盆とは、日本各地でご先祖のお迎えし、お見送りする行事です。
東京を中心とした新盆と言われる7月15日が中心の地域と旧盆と言われる8月15日が中心の地域があります。

お盆は、ご先祖が地上に戻ってくるので、1年に一回、家にお迎えしてひとときを過ごし、ご冥福をお祈りして霊を供養する行事です。

盆踊りも、お盆に帰ってきた先祖を供養するための念仏踊りがルーツですが、豊作祈願であったり、自然への感謝と庶民のストレス解消の場でもあったようです。

お盆

 

【もう一つのお盆の意味】

都会ではりつめた空気の中、忙しく動いていた人々が、お盆休みに入ると、なぜか気持ちがめいったり体調不良になる事も珍しくはありません。
普段、抑えていたものが、一気に緩んで放出してしまうため、「休みをとる」という事に無意識の恐怖を持つ人も多いのです。

しかしながら、この時期は歩んできた自分の道を振り返り、一度リセットする事を避ける事はできません、
自然に生かされている事への感謝、今生きて出会っている人へのご縁、それが必然的に起こるように運命は計画されています。
もしも、お盆の後にお仕事のやる気がおきない、いつもの調子が出ない、という事があっても全く心配はありません。

風が吹き、嵐が来て、再び太陽が植物を育てます。
あなたが、焦ろうと、慌てようと、生命と言うかけがえのないレールにのってここまで来ている事を知るための儀式でもあったのです。

お盆

 

【お盆の後に仕事運を上げるには】

いろんな意味でお盆の後は、魂が皮を剥いたゆで卵のようになっている時期なのです。
いろんなエネルギーが染み込みやすいんですね。

流れに逆らわずにこんな事を意識してみてくださいね。

●自然の中の生命として、今、出会っている人に感謝。

●一人でできる事を、あえて尊敬できる人に相談してみる。

●結果よりも、職場やお客様とのコミュニケーションを目標にする。

それでは、

素敵な8月後半をお過ごしください。

天使からギフトが届きますように。

 

《城田幸林さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/shirota-kourin/?c=115285