不幸な出来事は幸運への転換点~意識を変えると未来が変わる~

幸運

〈生命はそれだけで尊く素晴らしい〉

このてんとう虫の写真は、通勤路で撮影したもの。
ガードレールの上を一生懸命歩いている姿が、なんだかとても私の心に響き、つい撮影してしまいました。
真摯に生きる生命はそれだけで尊くて素晴らしいと思います。

てんとう虫に限らず、地球上の多くの生命体は、「自分が幸せだ」とか「不幸だ」とかを考えることなく、ただ一生懸命生きていますよね。
自分に起きた不幸を嘆くのは、もしかしたら人間だけかもしれません。

でも、不幸だと思っていることが、本当に不幸かどうかはわかりません。
不幸だと思っていたことが、とても大きな幸運に結びつくこともあるのです。

 

〈不幸な出来事が幸いすることもある〉

幸運

例えば、私の亡くなった父は、幼いころ肘を脱臼したんですね。
そして昔の田舎の骨接ぎの先生は、なんと! 骨を逆向きに接いで戻してしまったんです。

だから私の父は、肘を曲げるとき、手の甲を上にすれば曲げられましたが、手のひらを見るような形で曲げることができなかったのです。

今だったら医療事故として訴えられるような案件ですよね。
恐ろしいです……

が、そのおかげで父は命拾いしました。
といいますのも、父は第二次世界大戦中、ちょうど兵役となる年頃だったんです。

でもその腕では鉄砲を担ぐことができないので、兵役に徴集はされましたが、戦闘訓練も受けなかったし、当然戦地に行くこともありませんでした。
国内で事務系(?)の仕事についていたそうです。

同年代の人の中には、戦地に行かされて亡くなった方も多かったと思います。
何が幸いするか、本当にわかりませんよね。

私が生まれて今ここにこうしているのも、田舎の骨接ぎの藪医者先生(失礼)のおかげ、ともいえるわけです。

 

〈強制リセットという考え方もできる〉

幸運

私はセッションでいろいろな方のご相談を受けますが、「不幸だ」とおっしゃられる多くの出来事は、決して「最終的な不幸」ではありません。

その後の展開で、もの凄い幸運に転換する……というケースは沢山あります。

会社をクビになったとか、離婚したとか、裏切られたとか……。

その時の辛さは、私も経験があるので分かります。
苦しい気持ちも、怒りも、嫌というほど分かります。

でもそれも、時と共に必ず過ぎ去っていきます。
その後、もっと良い仕事を見つけたり、もっと良い相手と出会ったり、ということも多くあります。

そして、ご相談を受けていると、「強制リセット」、つまり、その後の良い展開に備えるために、現状から無理やり追い出されたのでは……と感じるようなケースも非常に多いです。

だから、「今の不幸」に囚われずに、ぜひ前を向いていきましょう。
生きている限り、未来はあります。

いつも過去の「不幸」ばかり数えて恨みの中に生きていると、顔つきも悪くなりますし、何よりそういう恨みの波動が、さらなる恨みにつながる出来事を引き寄せてしまいます。
これは脅しではなくて、本当にそうです。

だから、「不幸だな」と感じる出来事が起こったら、「これは幸運につながるための転換点」ということを思い出してくださいね。

それは、単なるポジティブ思考ではなくて、本当にそうなのです。
自分にとってより良い未来を信じて、前を向いて進んでいきましょう。

菊山ひじり公式サイト(ヒーリングサロン ピアニシモ)
https://pianissimosalon.com

 

《菊山ひじりさんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/kikuyama-hijiri/?c=86497