自分の心と向き合う参拝旅~“京のお伊勢さん”日向大神宮にて~(前編)

パワースポットブームを経て、神社仏閣にお出かけされる方も以前よりだいぶ増えたと感じています。 しかし本来は自分を見つめなおし、祈りをささげる場所。 真摯な気持ちを持ってお参りすることで、たくさんの気づきが得られるんです。

こんにちは。
神様の声を届ける龍人シャーマン、池田佳織です。

私は月に1回ペースで“誰でも見えない世界を体感できるスピリチュアルガイドツアー”を開催しています。
しかし、来月ご案内する予定の神社にまだ行ったことが無かったので、先日下見がてらお参りに出かけてきました。

 

京のお伊勢さん”日向大神宮

向かったのは京都市内にありながら、観光客もまばらな日向大神宮。
ひっそりとした山道と石段をを進んだ先にありました。
車でも行かれるようですが、駐車場が広くないのと、道幅が狭いので、駅から徒歩で行かれることをお勧めします。
すいすい歩いて15分くらいです。

参道を進んでいると、土地の守り神らしき黒龍がついてきてくれました。
途中道を間違えそうになったのですが、その時も何となく道を指示してくれていたようでした。

境内に到着すると、凛とした空気が良い意味で中途半端な人を寄せ付けない印象。

“京のお伊勢さん”と呼ばれているそうなんですが、こちらも伊勢神宮同様、「外宮」と「内宮」があります。
なので同じようにまずは外宮からお参りです。

するとさっそく最初のメッセージが降りてきました。
『焦るな。心を鎮めよ。』

確かにここ最近はありがたいことにお仕事も忙しく、自分の時間をゆっくりとることもしてなかったので、ちょっとした悩みが湧いてきても自分の心と向き合うことすらできずに、とにかく早く解決することばかり考えていました。

シンプルなことがおろそかになっていたなと考えながらお礼を伝えると、ぐ~っと地中から引っ張られるようなエネルギーが。
グラウンディングはもともと強いほうなのですが、焦りを鎮めるためにサポートしてくださったようでした。

 

神様が私に伝えたかったこと

次に内宮を参拝しました。
外宮よりさらにエネルギーが洗練されており、まさに“異次元的感覚”で。

ここでは
『人のために生きることもあなたの使命ではあるが、もっと自分の幸せも考えなさい。』
というメッセージを、穏やかで包み込むようなエネルギーとともに受け取りました。

そしてその後は天岩戸をお参り。
そこには、私が過去世で山伏として過ごした場所である戸隠の土地の神様、戸隠大神が祀られていたのですが、岩の前に立った途端、戸隠大神と黒龍が心配そうな顔でさっと飛んできたんです。

その途端、涙があふれてしばらく止まりませんでした。

……実は私、まだ2、3歳の時から“人を助けるために生まれてきた”という漠然とした思いがありました。
子供の頃はボランティアをやったり、その後音楽業界でマネージャーをしたりもしていましたが、それも“人を助ける仕事”の一環だったと今では感じています。

そしてスピリチュアル業を通じて本来の使命にたどり着き、最近では
『使命を持った人を目覚めさせるのがそなたの役割』
とどこかの神様に言われたとおり(いつだったかは忘れてしまったんですが。笑)、私の所には“使命を持った人”が引き寄せられてきています。

なのでつい自分のことを後回しにしてしまいがちで、人の幸せが私の幸せという思いだけでここまでやってきました。
もちろんそれは自分でも本当にそう感じていますし、何の不満もなかったんですが、私とご縁の深い神様がそこまで心配するくらい、私は自分の幸せについて考えることを忘れていたのか、と気づかされました。

神様たちに甘えてひとしきり泣いた後、天岩戸をくぐりました。
入り口から入って出口から出ることで、厄を落とせる場所と言われています。
なので私は、
『これからは人の幸せも自分の幸せも、同じように考える』
とここで決意表明したのでした。

 

(次回に続きます)

 

◆ヒーラー養成講座2期生募集中
https://ameblo.jp/lotusxmercy/entry-12355008167.html

 

《池田佳織 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/lotusxmercy/?c=150900