ときどきで良いから振り返ろう! ~ 私という生き方 ~ 立ち止まる重要性

忙しい毎日

現代人は本当に忙しいと思います。
次から次へとやることがあり、情報は秒速で古臭くなって行きます。

時代が進めば幸せに暮らせるようになるのかというと、そうかもしれないという気もすれば、そうでもないという気もします。

みんな頑張って生きています。
時代の波に飲まれながらも、溺れないように必死で泳いでいます。
21世紀のはじめ頃、『癒しブーム』が起きました。

新世紀を迎えるまで、私たちは常に全力疾走してきたからこそ、そういうコトバが生まれたのかなと私は思っています。

立ち止まることが許されない生き方。
実際はそうでもないのかもしれませんが、そんな生き方を続けていたら、「本当にこれで良いのかな……」という疑問も浮かんで当然です。

でも、20世紀ってそういう疑問を持つことがどこかでタブー視されていた気もするのです。
気合と根性がすべてみたいな風潮が強かったですからね。

「立ち止まることは許されない! 私たちは全力疾走しなければならない! 突っ走れ! 未来はその先にある! 疑問を持つな! 弱音を吐くな! 気合と根性で新時代に突き進め!」

誰かが具体的にそういったわけではありませんが、私たちの心の中にはどこかでそういう刷り込みがされていましたよね。たぶん。

でも、新しい時代を迎えるにあたって、「タブーにそろそろ触れても良いんじゃないかな……」って思った人が出てきたのかもしれません。

もしかしたら、単なるマーケティングの手法でそういう価値観を誰かが広めただけかもしれませんが、それでも私たちの集団意識が立ち止まる重要性を感じたのではないかと思います。

 

心の病

今の時代は右にも左にも身近なところに精神疾患の方がいます。
精神疾患は決して軽視できない社会的な問題です。

でも、正直なところ差別や偏見は根強いです。
当事者は決して病気だけど、生き辛くは無い環境を手に入れられたかというと、そうでもなさそうです。

心に限らず身体の病気も同じなのですが、病気って無理がたたるとなるのですよね。
他にも原因はたくさんあるので、なんともいえないですが。

ということは、結局のところ、まだまだみんな全力疾走しながら生活しているということだと思うのです。
だから、疲れてしまう。
場合によっては壊れてしまう。

「おだいじに」とか「ゆっくりしてください」とか「御自愛ください」とか、とりあえず言っておけば良いだろう的な人も多いですが、ちょっと、ここで考えてみましょう。

そもそも、最初から全力疾走を続けずに済むのであれば、自分を「だいじに」「ゆっくり」「御自愛」できると思うのです。
決して、個人個人が勝手に暴走していたわけではなく、どこかにそれを許さない要因、環境があったからこそ病気になってしまったわけで。

病気になったからといって、ゆっくりさせて貰えるのかというと、実際はそういうわけではありませんよね。
極端に言えば社会の脱落者の烙印を押されてしまうわけです。
ゆっくりするどころか、焦りが募るばかりです。
だって、周囲の人たちはリアルタイムで全力疾走しているわけですから。

 

私って、そもそも、何をしてるんだろう?

病気かどうかは別にしても、突っ走っていると、本人がそれを望んでいて楽しめているのであれば問題ありませんが、そうではない場合は、自分自身が見えていないことってありませんか。
自分以外の人のことは、もっと見えていなかったりしていませんか。

「私の存在ってなんだろう?」なんて考えるのは、中高生特有の心理だと思っているかもしれませんが、そういうわけではないです。

存在理由や使命など自分探しを推奨しているわけではありません。
ただ、自分の気持ちや、望み、現在の心身の状況、自己実現の度合い、悩み……などなど、自分自身に関する情報を、きちんと把握して欲しいのです。
誰かが作った基準ではなくて、自分自身の尺度で。
それは必ずしも数値化できなくたって、まったく構わないです。

自分の幸せ、ちゃんと噛みしめられていますか。
他人と比較して嘆くだけ、あるいは敵意むき出しで争ってるだけではありませんか。
平均的な何か……ではなく、自分のペースで生きられていますか。
きちんと休めていますか。
他人に感謝できていますか。

「そんなこと言ってる暇はありません!」って逆ギレしないでくださいね。
私は、見えない何かに追い詰められないで欲しいのです。
私たちは誰かのゲームの駒ではないのです。

自分の意思を持つことを放棄しないで下さい。
常識や世間体に屈服しないで下さい。
自分の心身の健康を自分で感じとって下さい。
休める時にはしっかり休んで下さい。

そして、あなたがそうするように、あなたの家族や同僚にも自分と向き合う時間を与えてあげて下さい。
尊重してあげて下さい。
自分のペースで相手を振り回すのではなく、私たち、みんなでお互いの人生を尊重し合いましょう。

 

って、そもそも

自分自身のことが見えくると、自分の人生の舵取りが楽しくなってきます。
誰かの作った航路を強制的に進むしかない人生なんて、楽しくもなんともないです。

誤解しないで欲しいのですが、私は別に会社を辞めて起業しましょうとかそういうことを言っているわけではありません。

私たちは社会の中で生きていて、集団の中で生きています。
そこにはルールもあるでしょうし、妥協せざるを得ないこともあると思います。

ただ、そんな中でも、自分自身の立ち位置を常に把握して、目指すヴィジョンが見えていたら、自ずと、踏ん張るところも、休むところも見えてきて人生のバランスが取れると思うのです。
そして、他者に対しても何かを強要することがなくなると思うのです。

ときどき自分を振り返ると、反省点も見えるかもしれませんし、改善点も見えるかもしれません。
自分の気持ちの変化に気づくかもしれません。
そういうものが見えてくると未来ってもっと楽しくなると思うのです。
そして心身が病む率も減って来るのではないかと思うのです。

あなたの人生です。
あなたらしく生きて下さいね。

 

《金城そに さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/%E9%87%91%E5%9F%8E%E3%81%9D%E3%81%AB/?c=6711