『エナジーヴァンパイア』or『ギフトブリンガー』 ~どちらになるのもあなたの自由です~

邪悪なスーパーパワーを持った何かに変身できる呪文

自分の幸せを遠ざけてしまう呪文(?)。

「誰かのために何かをして一体何の得があるの?」

他にもたくさんありますが、特にこれは強烈です。
なぜ突然この言葉を最初に持ってきたかというと、心当たりのある方に早急にそれを教えたかったからです。

具体的にこの呪文(?)がどう自分自身に影響を与えるかを説明していきます。
まず、この呪文は他者とのコミュニケーションを拒絶しているということが重要です。
コミュニケーションは交流です。
でも誰かのために何かをすることを否定している時点で交流ではなく、一方通行になってしまっているのです。

人は「私はあなたに何かをしてあげる気はありません」と意思表示している人と交流しようと思わないものです。

「私はあなたに何もしてあげないし、あなたも私にその必要もない。私は何も期待していないから」というタイプの人も同様です。
コミュニケーション拒否のサインを出しているので相手にされるはずがありません。

「私はあなたに何もしてあげるつもりはないけど、あなたは私に何か(プラスになるモノ・コト)を提供してくれるのは大歓迎よ!」と思っているなら、相手にされないどころか危険人物と思われてしまいます。

この呪文を唱えてしまうと、信頼されない人間になってしまうのです。
どんなに化粧をしても、どんなにダイエットをしても、どんなに可愛い服を着ても全部無駄になります。
そのようなタイプの人と関わると、プラスのエネルギーが吸い取られてしまうからです。
スピリチュアルな世界では、そんな人たちのことを『エナジーヴァンパイア』と呼んでいます。
この呪文は『エナジーヴァンパイア』に変身する呪文なのです。

「私は『エナジーヴァンパイア』じゃないわ! ただ、他人のために何かする意味や必要性がないと言っているだけ。何が悪いって言うのよ!」と思った人は重症です。
その時点で、相手の気持ちや立場をまったく考えられていません。
しかも、相手を不快にしていることにさえ気がついていないのですから。

『エナジーヴァンパイア』に変身すれば、確かにスーパーパワーを手に入れる事ができます。
相手のエナジーを奪って弱らせるほどの攻撃力があるのですから。

しかし『セーラームーン』や『ワンダーウーマン』みたいなヒーローに変身できるのなら良いですが、『エナジーヴァンパイア』は紛れもなくヴィラン(悪)に変身しても残念ながら幸せにはなれないのです。
むしろ相手にされなくなるか、倒される側になって、もっと不幸になってしまうのです。

もしここまで読んで、自分や他人を不幸にするつもりが本当にないのなら、この呪文は、今ここで封印してしまって下さい。
封印の仕方は簡単です。
言わなければ良いだけですから。